CoinPostで今最も読まれています

中国人民銀行総裁『仮想通貨取引を徹底して取り締まる』 全人代の発表文章で言及

画像はShutterstockのライセンス許諾により使用

「仮想通貨による投機を抑制」

中国人民銀行の潘功勝総裁は、中国全人代常務委員会・第6回会議に出席し、「国務院の財政活動に関する報告」という文書を発表した。その中で、暗号資産(仮想通貨)取引にも言及。投機活動を抑制していくと述べている。

この項目は、「違法な金融行為を厳しく取り締まる」という目標の中で挙げられた。資産管理会社などのリスク是正を行うと共に、違法な資金調達・マネーロンダリング(資金洗浄)対策や、「仮想通貨取引などの投機活動」を徹底して取り締まる姿勢を改めて示した。

潘総裁は、国有大手銀行を経て、2012年より人民銀行副総裁を務めていた。今年7月に人民銀行総裁に就任している。以前よりビットコイン(BTC)に対して批判的な発言をしてきたことで知られており、業務でフィンテックや仮想通貨の取締りも行ってきた。

中国は、中央銀行デジタル通貨(CBDC)であるデジタル人民元については積極的に計画を進めているが、ビットコインなど民間の仮想通貨については厳しく取り締まってきた。潘総裁の発表は、こうした方針が続くことを示している。

規制を回避する人々

中国では仮想通貨の取引やマイニング(採掘)活動が禁止されているが、それでもこうした規制をかいくぐって取引を続けている人々がいる現状が示唆されているところだ。

ブロックチェーン分析会社Chainalysis(チェイナリシス)が9月に発表した2023年版「グローバル仮想通貨採用指標」では、草の根で人々が仮想通貨を採用している国として、中国が11位にランクインしていた。

関連「日常的に仮想通貨を利用する国」インドが首位、チェイナリシス23年ランキング

また、仮想通貨取引所Bitgetは、2023年5月から2023年8月にかけて世界の仮想通貨投資家に調査を実施している。この結果によると、ヨーロッパ、中国、日本、韓国、トルコおよび一部の英語圏諸国のうち、投資額が一番多かったのは中国だった。

中国の仮想通貨投資家については、18%が740万円から1,490万円、19%が1,490万円以上を、仮想通貨に割り当てていた形だ。

中国人投資家は、VPN接続などにより規制を回避しているとみられる。また、中国の国外に在住している中国人には、仮想通貨取引の禁止は適用されていない。

関連「仮想通貨投資の主な目的は生活水準向上」Bitgetレポート

中国は、2021年5月にマイニング禁止令を出しており、その後世界のビットコインハッシュレートに占める割合は激減した。英ケンブリッジ大学オルタナティブ金融センターのデータによると、禁止令直後は、ほぼゼロへ低減している。

しかし、2022年1月時点では米国に続いて2位に返り咲いていた。グローバルハッシュレートの半分以上を占めていた以前からは落ちているものの約21%を占めていた形だ。なお、今年のデータはまだ発表されていない。

関連ビットコインの世界採掘シェア、中国が2位に返り咲く=英ケンブリッジ大学

ハッシュレートとは

マイニングの採掘速度のこと。日本語では「採掘速度」と表現される。単位は「hash/s」。「s」は「second=秒」で、「1秒間に何回計算ができるか」を表す。マイニング機器の処理能力を表す際や仮想通貨のマイニングがどれくらいのスピードで行われるかを示す指標として用いる。

▶️仮想通貨用語集

デジタル人民元を推進

中国は、政府のデジタル通貨であるデジタル人民元を2014年より開発しており、2020年後半より、中国各地で市民によるショッピングキャンペーンなどの形で大規模な実証実験を行っている。

7月には香港でも、デジタル人民元によるショッピングフェスティバルが開催された。

関連香港で中国デジタル人民元のショッピング実験開催

CoinPost App DL
注目・速報 相場分析 動画解説 新着一覧
05/18 土曜日
21:00
Clearpool Prime、アバランチでデビュー RWA対応のプライベート・クレジット市場
Clearpool Primeがアバランチでローンチし、RWA分野に新たな進展。機関投資家向けに安全かつ効率的な取引環境を提供するプライベート・クレジット市場。
17:20
バイナンス上場銘柄の80%が価値低下、ミームコインは異例の上昇 過去6か月の分析
31トークン分析が示す課題 暗号資産(仮想通貨)取引所バイナンス(グローバル版)で、過去6か月に新規上場したトークンの80%以上が、その後に価値を落としていることがわかった。ミ…
13:00
米国のビットコイン現物ETFへの5月の流入額、4月の流出上回る
ブルームバーグのETFアナリストは、5月に入ってからの米国ビットコイン現物ETFへの流入は、4月の流出を埋め合わせたと指摘した。
11:10
米下院、SECの仮想通貨規制役割明確化の「FIT21法案」を採決へ
米国下院は、仮想通貨に対する規制を明確化し、CFTCに追加権限を与える「21世紀のための金融イノベーション・テクノロジー法」の採決を行う。
10:15
米コインベース、「来週イーサリアム現物ETF承認確率は30~40%」
米仮想通貨取引所コインベースはイーサリアムの今後を予測するレポートを発表した。ETH現物ETFが承認される時期などについて分析している。
08:50
仮想通貨取引所クラーケン、欧州でUSDT非対応を検討
テザーCEOは最近、MiCA規制を批判し、仮想通貨USDTで規制を受けるつもりはないと述べた。この姿勢が、欧州で事業を行っているクラーケンが、それらの通貨ペアの提供を停止する理由と見られる。
08:00
「仮想通貨上昇の鍵はマクロ経済」コインベース分析
仮想通貨相場上昇の鍵は今もマクロ経済であるとコインベースは分析。他にも、イーサリアム現物ETFの審査など規制動向も注視すべきだとした。
07:10
ソラナ価格、月末までに200ドル復帰か ヘッジファンド創設者が予測
仮想通貨ソラナの今後の価格について、ヘッジファンドSyncracy Capitalの創設者は強気な予測を示した。その根拠とは?
06:10
zkSyncエアドロップ期待再燃、分散化加速のアップグレードを実施予定
zkSyncは未だ独自の仮想通貨をリリースしていないが、主要zkロールアップであるライバルのStarkNetは2月にエアドロップを実施した。
05/17 金曜日
17:34
東京ビッグサイトで第5回ブロックチェーンEXPO【春】開催へ 無料申し込み募集開始
東京ビッグサイトで、日本最大級のブロックチェーン専門展である第5回ブロックチェーンEXPO【春】が開催されます。最新の研究からアプリケーションまで、ブロックチェーン技術のすべてが一堂に出展するイベントは必見です。
13:00
ワールドコイン、秘匿化技術で生体認証データの保護・オープンソース化を発表
暗号資産(仮想通貨)でベーシックインカム実現を目指す、ワールドコイン・ファンデーションが生体認証データ保護にSMPC技術を導入。そのシステムをオープンソース化した。セキュリティとプライバシーを強化するとともに、システムの普及拡大を目指す。
12:32
短期トレンド変化のビットコイン続伸なるか、ミームコインが牽引する場面も
CPI発表で急反発を見せた暗号資産(仮想通貨)相場ではビットコイン(BTC)が下降チャネルをブレイクアウトした。16日には賛否両論渦巻くミームコインが相場を牽引する場面も。
12:00
世界最大の証券清算機関DTCC、チェーンリンク活用した「Smart NAV」を実験
世界最大の証券清算・保管機関DTCCは、チェーンリンクを活用した「Smart NAV」の実証実験を行った。JPモルガンなど金融大手10社が参加している。
11:10
Slash Fintech、暗号資産決済でVプリカ販売サービス開始 NFT特典も実施中
Slash FintechがVプリカ販売サービスを開始。暗号資産(仮想通貨)決済でVプリカ購入可能。特典としてSlash Genesis NFTをプレゼント。利用方法から使い方まで解説。
10:00
ブラックロックのビットコインETF、アナリストが高評価
ブラックロックの仮想通貨ビットコインETFの購入者数は記録的な数字であると、ブルームバーグのシニアアナリストが高評価。レポートが提出され、ビットコインETFのパフォーマンスを分析した。

通貨データ

グローバル情報
一覧
プロジェクト
アナウンス
上場/ペア