CoinPostで今最も読まれています

「日常的に仮想通貨を利用する国」インドが首位、チェイナリシス23年ランキング 日本はトップ20

画像はShutterstockのライセンス許諾により使用

チェイナリシスが仮想通貨採用指標を発表

ブロックチェーン分析会社Chainalysis(チェイナリシス)は12日、2023年版「グローバル暗号資産(仮想通貨)採用指標」を発表した。独自の分析方法を用いて、日常的にビットコイン(BTC)など仮想通貨の使用が進んでいる国ランキングを作成している。

トップ10にランクインした国々は、1位インド、2位ナイジェリア、3位ベトナム、4位米国、5位ウクライナ、6位フィリピン、7位インドネシア、8位パキスタン、9位ブラジル、10位タイという結果になった。

なお20位以内をみると、日本は18位、中国は11位だった。

2022年に引き続き、中央・南アジア地域が指数の上位に多く入っており、上位10か国のうち6か国がこの地域に位置していた格好だ。昨年もベトナム(1位)、フィリピン(2位)、インド(4位)、パキスタン(6位)、タイ(8位)、中国(10位)がトップテン入りしていた。

チェイナリシスはこのランキングで、一般の人々の取引や貯蓄に関連する草の根の仮想通貨使用に焦点を当てている。

ランキングを算出する上では、中央集権型取引所で受信されたオンチェーンの仮想通貨額、P2P(ピアツーピア )取引所における取引量、DeFi(分散型金融)プロトコルから送信された仮想通貨額などを分析し、購買力平価で調整している。

購買力平価説(Purchasing Power Parity)とは

為替レートを決定するための仮説の一つ。購買力が等しくなるように為替レートが決定されるとするもので、例えば同一の商品を1ドルまたは100円で買える場合、1ドル=100円で購買力平価が実現しているとみなす。応用例としては、各国のマクドナルドで売られているハンバーガーの価格を比べる「ビックマック指数(BMI)」がある。

▶️仮想通貨用語集

下位中間所得層の国々が牽引

チェイナリシスは、世界における仮想通貨の日常的な使用は、FTXが破綻した2022年後半からは回復基調にあるものの、依然として2021年のピークを大きく下回っていると指摘した。

その上で、草の根の仮想通貨普及率が、他の地域と比べて力強い回復を見せている国は、下位中間所得国(LMI)だと分析している。

関連G20議長国インド、「グローバルサウス」に配慮した仮想通貨規制の枠組みを提言

世界銀行は一人当たりの国民総所得に基づいて、富のレベルで国を4つに分類しており、下位中間所得国はそのうちの1つだ。例えば、米国、英国などが高所得国、アルゼンチン、中国、ロシアなどが上位中間所得国、インド、ナイジェリアなどが下位中間所得国、エチオピア、スーダンなどが低所得国とされる。

チェイナリシスは、LMIは、草の根の導入額が2020年第3四半期(7~9月)の水準を上回っている唯一の国々であると指摘した。さらに、こうした状況は仮想通貨の将来にとっては希望となる可能性があるとして、次のように続けている。

下位中間所得国(LMI)は、多くの場合、産業や人口がダイナミックに成長を続けている国々だ。その多くは過去数十年で大幅な経済発展を遂げ、低所得国のカテゴリーから抜け出した。

おそらく最も重要なことは、世界人口の40%がLMI諸国に住んでいることだ。この割合は、他のどの所得カテゴリーの国々よりも多い。

こうした国が草の根での採用拡大で重要だと示唆した格好だ。また、企業など機関投資家の参入は、高所得国で続いており、このことも仮想通貨にとっては前向きに評価できるとしている。

『超早割』終了まで
0
0時間
0
0
さらに!! CoinPost読者限定割引コード提供中!
クリックしてコードをコピー
CoinPost App DL
注目・速報 相場分析 動画解説 新着一覧
05/26 日曜日
11:30
31日にPCE価格指数発表を控え、BTC相場の上値は限定的か|bitbankアナリスト寄稿
イーサリアムETF承認を受けて変動した今週の暗号資産(仮想通貨)市場ついてbitbankのアナリスト長谷川氏が相場分析し、ビットコインチャートを図解。今週の暗号資産(仮想通貨)相場考察と翌週の展望を探る。
11:00
週刊仮想通貨ニュース|米SECのETH現物ETF承認に高い関心
今週は、米SECによる仮想通貨イーサリアムの現物ETF上場承認、スタンダードチャータード銀行によるイーサリアムの価格予想、STEPNの続編アプリSTEPN GOの発表に関するニュースが最も関心を集めた。
05/25 土曜日
18:00
ステーキング 主要取引所の仮想通貨別・年率報酬を徹底比較
暗号資産(仮想通貨)で受動収益(インカムゲイン)を得る、ステーキングの基礎知識から高利率銘柄、国内取引所3社のサービス比較まで徹底解説。ソラナ、イーサリアムなど注目銘柄の想定年率、レンディングとの違いも説明します。
15:00
参加型地域貢献ゲーム「ピクトレ」 Snap to Earn「SNPIT」とコラボ
参加型社会貢献ゲーム「ピクトレ」が、Snap to Earn「SNPIT」写真共有SNS「ピクティア」とコラボ。2024年6月1日から赤城山エリアで特典キャンペーンと実証試験を実施する。
14:00
秋元康氏プロデュース「IDOL3.0 PROJECT」が施策を発表、NIDT高騰
オーバースが秋元康氏プロデュースのアイドルプロジェクト「IDOL3.0 PROJECT」のWeb3.0施策を発表。暗号資産(仮想通貨)Nippon Idol Token(NIDT)が高騰した。
13:00
ビットコイン採掘会社マラソン、ケニア共和国エネルギー・石油省と協定を締結
米上場ビットコインマイニング企業マラソンは、ケニア共和国エネルギー・石油省との提携を発表した。再生可能エネルギープロジェクトに取り組む。
11:10
イーサリアムの次期アップグレード「Pectra」 25年第1四半期を目標に
イーサリアムの次期アップグレード「Pectra」に関する最新情報。開発者は2025年第1四半期末のローンチを目指して動いている。EOFやPeerDAS、EIP-7702などの新機能が含まれる見込み。イーサリアムは暗号資産(仮想通貨)ETHで駆動するブロックチェーン。
09:55
米コインベース、「超党派法案はSECの主張する管轄権を否定」と指摘
米仮想通貨取引所コインベースは米SECとの裁判で仮抗告を求める最終書面を地裁に提出。FIT21法案が下院を通過したことも議論の補強材料としている。
08:15
JPモルガン、イーサリアム現物ETFの取引開始は大統領選よりも前と予想
仮想通貨の若い投資家や起業家の票数を獲得するために方針転換したバイデン政権がSECにETFを承認するよう仕向けたといった憶測が散見されている。
07:40
ドージコインのモチーフ「かぼす」、天国へ
仮想通貨の代表的なミームコインであるドージコインのモチーフになった柴犬「かぼす」が、息を引き取ったことが飼い主から報告された。イーロン・マスク氏らが哀悼の意を表している。
07:15
アルトコイン銘柄のETFが2025年に実現の可能性、SCBアナリスト分析
CFTCとSECの管轄と権限を明確に分ける仮想通貨業界の重要な法案「FIT21」が22日に米下院で可決されたことも業界にとって追い風となっており、仮に今後法律となった場合、より多くのアルトコイン銘柄のETFがローンチされやすくなると期待されている。
06:10
コインベース、PoWとPoS併用の仮想通貨銘柄「Core」上場予定
コインベースは最近、ソラナ基盤のデリバティブ取引所DriftのDRIFTトークンの新規上場も行った。また、オフショア版コインベースインターナショナルでは、昨日BONKやFLOKIの永久先物取引も開始する予定を明かした。
05/24 金曜日
17:59
コインチェック IEO「BRIL」が注目される3つの理由
暗号資産(仮想通貨)取引所コインチェックのIEO第3弾として注目されるブリリアンクリプトトークン(BRIL)。投資家が期待する3つの理由について、過去の国内IEOとの比較や親会社コロプラの強み、需給面やロードマップなどから分析。
17:49
深刻化する仮想通貨の盗難被害を専門家が分析、リスクと対策を解説|KEKKAI共同企画
仮想通貨投資家のGrypto氏がマルウェア被害でデジタルウォレットの資金を抜かれ大きな損失を被った事例が発生しました。さらなるハッキング被害を抑止するため、Web3セキュリティアプリ開発KEKKAIとCoinPostの共同企画で、ハッキングの手法や対策について解説します。
17:40
Omakase、野村ホールディングスから資金調達でWeb3インフラ強化へ
Kudasaiの関連会社Omakaseが、野村ホールディングスからの出資を受け、Web3インフラ・エンジニアリング需要に対応する体制を強化。Avalanche、Eigenlayerなどのノード運営で400億円相当の暗号資産(仮想通貨)の委託を受けており、将来的なステーキング事業の開発も目指す。

通貨データ

グローバル情報
一覧
プロジェクト
アナウンス
上場/ペア