CoinPostで今最も読まれています

利回りトークン化プロトコルNapier Labs、Curve創設者らから1.5億円調達 プレシードラウンド

画像はShutterstockのライセンス許諾により使用

利回りトークン化でCurve拡張

分散型金融(DeFi)の利回りトークン化プロトコル「Napier Finance」の主要開発元であるスタートアップNapier Labsは13日、プレシードラウンドで1.5億円の資金調達完了を発表した。

Napier(ネイピア)は、Curve Financeのエコシステムを強化する拡張レイヤーとして機能する。核となる機能は、Curveの流動性プールと連携し、預け入れされた資産の利回りをトークン化することにより、元本と分離したデリバティブ資産の発行を可能にすることである。

具体的には、Curve Financeの未来の利回りを取り出し、満期付きトークンとして債券を発行し、金利の変動リスクをヘッジする「クーポン/金利スワップ」、金利を担保に借りた資金を運用する「レバレッジファーミング」などの戦略を可能にする。加えて、Curvepoolで発生するスワップ手数料の還元やCRVリワードの利用も可能だ。

Curve Financeとは

ステーブルコインや、イーサリアム(ETHJ)のリキッドステーキングトークン(stETH)など、同質資産同氏の交換に特化した分散型取引所。2000億円以上の預かり資産(TVL)を誇るトッププロジェクトの一つ。流動性提供者にはネイティブトークンCRVをリワードとして提供、CRVの獲得に特化したConvexや、独自のステーブルコインなどエコシステムが拡大している。

▶️仮想通貨用語集

Napier Labsはそのアイデアとプロトタイプをイーサリアムコミュニティの主要なイベントであるETHOnline 2022で披露し、融資プロトコルAaveや利付金庫プロトコルYearnなど、著名なDeFiプロジェクトから評価を集め、複数の賞を受賞した。

今回の資金調達ラウンドでも、多くのDeFiプロジェクトの創設者が投資家およびアドバイザーとして支援している。

Curve Financeの創設者であるMichael EgorovやConvex Financeの共同創設者C2tP、LiquityのEdward Mulraney、日本の機関投資家B Dash Ventures、Flickshot Ventures、Fracton Ventures、起業初期からサポートしている日本の個人投資家らが参加している。

関連:バイナンス、Curve DAO Tokenに7億円投資

Curve、Convexらと連携

CoinPostの独自取材に応じたNapier Labsの小副川 祐輔CEOは、Curve(CRV)やConvex(CVX)とは、2023年7月のEthCC(Ethereum Community Conference)で接触して以来、関係を構築してきたと語る。

Napier Labsにはエンジェル投資家としてCurveチームから4名が出資しており、そのうち1人(Mr. Block)はアドバイザーとして同社に参加しているという。

小副川氏はまた、今回の資金調達ラウンドでCurveガバナンスで議決権を有すチーム(Curve、Convex)とインセンティブを共有できたことを強調し、今後の連携強化に向けて意欲を示した。

現在、Napier Labsは、年始に控えるメインネットのローンチに向けて、コード監査等を詰めている。また、11月13日から19日にかけてトルコのイスタンブールで開催されるDevconnectイベントで、Curveチームとワークショップを行う予定だ。

関連:SBIがトークン化やDeFiの投資会社をUAEに設立へ スタンダードチャータード銀の投資部門と合同で

既存のDeFiユーザーの意見を募る

利回りのトークン化というDeFiの領域では、Pendle Financeが業界をリードしている。

Pendleは、イーサリアムメインネット(L1)やL2のArbitrumなどで独立して展開し、トレーダーが元本トークンと利回りトークンを別々に購入・販売できるような自動マーケットメイカー(AMM)を提供している。

2023年には米国債の利回りトークンなどを取り入れたことで、その合計TVL(Total Value Locked)は2億ドルを超えた。この成長は、利回りトークン化のニーズの高まりを示している。

Napier Labsの小副川氏は、既存のDeFiユーザーからのフィードバックを求めている。「既存のユーザーベースを超え、今後のより優れたプロダクトを創り上げるために、プロダクトを使って、いろんな意見をいただけると嬉しいです。待ってます」。現在、プロダクトはプライベートテストネットで展開しているという。

関連:BinanceLabsが出資、Pendle Financeが実現する米国債金利のトークン化

「デリバティブ資産のような今まで扱いが困難だった資産をユーザーに取引提供したい」という意向の詳細ついて尋ねたところ、下記のように回答をいただいた。

AMM(自動マーケットメーカー)に関して、満期付きの資産全般です。

またNapierとして、利回りをトークン化するコントラクトも開発しました。なので、Napierのコントラクトを通じて発行される資産は、既存の利回り資産から分裂させる形で発行される、PT(元本部分を表すトークン)やYT(利回り部分を表すトークン)のような金利デリバティブ資産です。Pendle Financeがとても近いです。

注目・速報 相場分析 動画解説 新着一覧
12/05 火曜日
19:46
「事業者向けのNFT活用法とは?」web3メディア経営者2名が動画解説|WebX STUDIO
動画コンテンツ紹介 新たにリブランディングした「WebX STUDIO(旧:CONNECTV)」。 「WebX STUDIO」第三弾では、CoinPost代表の各務貴仁と、あた…
18:25
ブラックロックらビットコインETF申請書の修正版提出
ブラックロックとビットワイズが暗号資産(仮想通貨)ビットコインの現物ETFの修正申請をSECに提出。SECの一斉承認に向けた準備と憶測が広がる。新しい監視・マネーロンダリング防止措置など、類似点の指摘も。
16:27
イーサリアムベースのDigiFT、RWA市場展開に向けシンガポールでライセンス取得
イーサリアムブロックチェーン上で展開するDigiFTがシンガポールでCMSライセンスを取得。デジタル証券とRWAトークン化により、革新的かつ安全な金融サービスの提供を目指す。ブロックチェーンと金融の融合が深化する。
13:58
「証拠不十分で仮想通貨企業を提訴した疑い」米連邦判事、SECに理由開示命令を下す
米連邦地方裁判所のロバート・シェルビー判事は、米証券取引委員会に対し仮想通貨企業DEBT Boxの資産凍結について、誤解を招きかねない不十分な証拠提示で提訴に踏み切ったと指摘。理由を説明するよう命じた。
12:15
ブラジル最大手銀行イタウ、ビットコインなど仮想通貨取引サービス開始
ブラジル最大手銀行イタウ・ウニバンコは仮想通貨の取引サービスを開始した。まずビットコインとイーサリアムを取り扱うとしている。
11:59
仏ソシエテ銀、イーサリアム上でデジタル証券を発行 ESG戦略の透明性を強化
ソシエテ・ジェネラルがイーサリアムブロックチェーンでセキュリティトークンを発行。ESGへの取り組みと透明性の向上を目指し、カーボンフットプリント情報を含むデジタルグリーンボンドを活用する。
10:45
「ビットコインは米国の利益を守る最善の手段」コインベースCEO
米仮想通貨取引所コインベースのCEOは、ビットコインなど仮想通貨が、インフレを背景に米ドルの代替手段として注目される可能性があると発言した。
10:20
Bybit、仮想通貨投資に関するレポート公開
Bybitは、投資に関するレポートを公開。このレポートでは、各種類の投資家が仮想通貨ビットコインやイーサリアムなどに、どのように資金を配分しているかを調べている。
08:30
仮想通貨ビットコインマイニング株大幅高、NYダウ反落
主要仮想通貨関連株はビットコインが42,000ドルに復帰したことを受け、5日に続伸した。一方、本日のNYダウは小幅反落しエヌビディアなど大型IT株も売られた。
07:30
「2024年まで20もの仮想通貨ETPを提供へ」カナダValour
カナダの仮想通貨ETP発行会社Valourは新たに2024年まで欧州で20もの仮想通貨ETP(上場取引型金融商品)を提供する目標を掲げた。機関投資家の資金流入が追い風になっている。
07:02
エルサルバドル、ビットコイン投資の含み益がプラスに
エルサルバドルのナジブ・ブケレ大統領は、同国の仮想通貨ビットコイン投資の利益がプラスに転じたと公表。公表時点で約5.3億円の利益が出ている。
06:30
コインベース、仮想通貨ポリゴンなどの先物も提供
米仮想通貨取引所大手コインベースは先週末、ポリゴン(MATIC)とビットコインキャッシュ(BCH)のパーペチュアル先物取引を新たに提供する予定を発表した。COIN株価は5.5%高。
06:00
国際版バイナンス、銘柄新規上場
仮想通貨取引所大手バイナンスは新たなステーブルコイン「Anchored Coins EUR (AEUR)」新規上場を実施した。先月バイナンスに上場した「ORDI」は一ヶ月で約9倍も上昇した。
05:30
米Franklin TempletonのCEO、ビットコインやアルトコイン保有を明かす
米Franklin TempletonのCEOはFortune誌のインタビューで自身が仮想通貨ビットコイン(BTC)や一部のアルトコインを保有していると明かした。
12/04 月曜日
15:11
グレースケール、「GBTC」のビットコインETF転換についてブログで説明
米グレースケール・インベストメンツは公式ブログで、米国における現物ビットコインETFの承認は時間の問題であるとして、GBTCをビットコインETFとして、ニューヨーク証券取引所Arcaへ上場させることに注力していると強調した。

通貨データ

グローバル情報
一覧
プロジェクト
アナウンス
上場/ペア