CoinPostで今最も読まれています

米サークル社、ブリッジ型USDCの標準規格を立ち上げ 

画像はShutterstockのライセンス許諾により使用

「Bridged USDC Standard」導入

米ドルステーブルコイン「USDC」を運営するサークル社は21日、ブリッジ型のUSDCトークンについての標準規格「Bridged USDC Standard」を導入したと発表した。

EVM(イーサリアム仮想マシン)を利用したブロックチェーンやロールアップ技術を使ったプロジェクトは、将来サークル社のネイティブ型USDCとして円滑にアップグレードできるような、ブリッジ型USDCトークンのコントラクトを展開できるようになった形だ。

なお、ロールアップ(Rollup)とは、トランザクションの一部をオフチェーン(ブロックチェーン外)で処理することにより、ネットワークの混雑などスケーラビリティ問題に対処するソリューションのことである。

関連StarkNetとは|zkロールアップのレイヤー2として注目を集める理由、開発計画を解説

背景として、流通するUSDCにはネイティブ型とブリッジ型が存在している。

ネイティブ型とは、サークル社が公式に発行しているUSDCだ。米ドルで裏付けされており、いつでも1:1で償還可能とされている。また、クロスチェーン転送プロトコル(CCTP)により、複数のブロックチェーンネットワークと相互運用可能だ。

関連米サークル社、アービトラム上でUSDCのクロスチェーン転送開始

これに対して、ブリッジ型は第三者によって発行されるものであり、ブロックチェーン上のスマートコントラクトに預けられた(ロックされた)USDCが裏付けとなっている。また規格に統一性がなく、CCTP転送が利用できない。

ブリッジとは

クロスチェーン通信技術を利用して、レイヤー1、レイヤー2、オフチェーンサービスなど2つ以上のネットワーク間でトランザクションを可能にするアプリケーションのこと。

▶️仮想通貨用語集

サークル社は、ブリッジ型の利点や特徴について以下のように説明している。

ネイティブ型USDCとは異なり、ブリッジ型のUSDCは、サードパーティのブリッジ導入者に加えて、新たに立ち上げられたL1およびL2のチームでも迅速に起動することができる。

ブリッジ型のUSDCは非公式であり、サークル社によって発行・償還はできない。しかし、ネイティブ型USDCの代わりとして機能し、ブリッジが可能なあらゆるエコシステムに拡張可能だ。

これにより、開発者は新たなアプリケーションでのステーブルコインの流動性を調達することができ、ユーザーも早くから新しいサービスを使ってみることが可能となる。

サークル社は、新たなブロックチェーンにもすぐにサークル社が公式に発行するネイティブ型USDCを供給できるのが理想としつつ、様々なプロジェクトの台頭速度に追いつかないと続けた。

関連米サークル社CEO、PayPal参入や事業情況を語る

このためこれまで、サークル社は、大量のUSDC流動性がすでにサードパーティによってブリッジ型で流通した後になってから、そのブロックチェーン上にネイティブ型USDCを供給することがよくあった。今回の「Bridged USDC Standard」はこうした状況を改善するものだ。

「Bridged USDC Standard」の意義

「Bridged USDC Standard」を使うことにより、EVM(イーサリアム仮想マシン)を利用したブロックチェーンやロールアップ技術を使ったプロジェクトは、安全で標準化された方法により、そのブリッジ型USDCトークンの所有権をサークル社に譲渡し、ネイティブ型USDCへと簡単にアップグレードすることができる。

アップグレードの際には、既存の供給状態、保有者、アプリの繋がりなどはそのまま保持される。

サークル社は、このためにエコシステムの様々な関係者にメリットがあると説明。例えば開発者は、ネイティブ型への移行時に、新しい資産をサポートするためのコード変更を行う手間が省ける格好だ。

また、USDCユーザーもアップグレード時に新しい資産への切り替え手続きを行う必要はないとしている。

関連USDC発行企業Circle、2024年IPO目論むか

注目・速報 相場分析 動画解説 新着一覧
02/21 水曜日
17:24
ラテンアメリカの大手通信会社テレフォニカ チェーンリンクと提携
大手通信会社テレフォニカが、分散型オラクルChainlinkと提携。API連携によりSIMスワップ詐欺に対抗する。開発者の暗号資産(仮想通貨)を保護する追加レイヤーとして機能。企業のWeb3進出の一助に。
15:02
決済業界が捉えるブロックチェーンの実利、リップル社調査
リップル社と米国高速決済協議会が世界的調査を実施。業界リーダーの60%強が、暗号資産(仮想通貨)の使用が決済プロセスにおいて大きな利益をもたらすと評価。金融業界における、ブロックチェーン技術の現状、課題も明らかに。
12:07
イーサリアム続伸で約2年ぶり3000ドル台に
暗号資産(仮想通貨)市場ではイーサリアム(ETH)が続伸し、22年4月以来初めて3000ドル台を回復した。オンチェーンデータ分析では、クジラ(大口投資家)の動向も活性化し始めているようだ。
12:00
仮想通貨支持のディートン弁護士、上院議員選出馬へ ウォーレン議員に対抗
仮想通貨を擁護する米国のディートン弁護士はマサチューセッツ州で上院議員選挙へ出馬した。エリザベス・ウォーレン議員の対抗馬を目指す。
11:00
マスターカードがSwooウォレットと提携、仮想通貨による報酬プログラム提供へ
決済大手マスターカードはモバイルウォレット企業Swooと提携し、ビットコインなど仮想通貨による顧客報酬プログラムを提供すると発表した。
10:24
ゴールドマン・サックス、日本株を代表する『七人の侍』を選定
日経平均株価が34年ぶりにバブル後の最高値をつける中、大手投資銀行ゴールドマンサックスは日本市場を代表する「七人の侍」を選定した。では、どの銘柄が採用されたか。
08:30
明日決算発表を前にエヌビディア大幅安、仮想通貨関連株も下落
米ナスダックはエヌビディアやAMDなどIT・ハイテク株の売り先行で下落。多くのアナリストはエヌビディアの決算のハードルは非常に高く引き上げられていると指摘した。一方、イーサリアムは約2年ぶりに3千ドル台を回復した。
07:45
計1400億円相当のBTC、米コインベースから出金
計1400億円相当の仮想通貨ビットコインがコインベースから出金されたことがわかった。出金理由については売り圧の低下につながるといった声や、OTC取引のための出金であるといった声など複数の見方が上がっている。
07:30
米デリバティブ大手CME、小口のユーロ建のビットコイン・イーサ先物を提供へ
CMEのビットコイン先物OIは先月過去最高値の52億ドルを記録。仮想通貨ビットコインETFへの高い需要に伴ってヘッジの需要も高まっているようだ。
07:00
EVMウォレットMetaMask、ユーザーへの警告機能を導入 モバイル安全性強化
マルチチェーンへ対応 暗号資産(仮想通貨)イーサリアム(ETH)の主要EVMウォレットMetaMaskは、モバイルアプリおよびエクステンションで、ユーザーへのセキュリティアラー…
05:50
Optimism、4回目のエアドロップで約60億円分の仮想通貨OPを無料配布
今回のエアドロップはOptimismを利用するWeb3アーティストやクリエイターをターゲットとしたもので、合計10,343,757.81 OPトークン(約4100万ドル)を2025年2月13日までに付与する。
05:30
バイナンス、全てのレバレッジトークン廃止へ
仮想通貨(暗号資産)取引所バイナンスは全てのレバレッジトークン廃止の予定を発表した。一方、昨夜StarknetのSTRKトークンの新規上場を実施した。
02/20 火曜日
14:51
韓国与党、選挙公約でビットコインETFやIEOの承認など検討 課税猶予の延長も
韓国の与党「国民の力」は4月の総選挙に向けた選挙公約の一環として、ビットコイン現物ETFの認可を含む、仮想通貨投資に関連した法律の制定を検討すると発表した。
14:36
Uniswap v4は2024年第三四半期に実装へ
Uniswap v4が2024年第3四半期にリリース予定。新機能「フック」の導入、暗号資産(仮想通貨)イーサリアムDencunアップグレードの影響、および監査プロセスに焦点を当て、ロードマップの近況をまとめる。
14:14
LINE NEXT、読んで稼ぐ「ReadON」と提携 コラボNFTを販売
NFT市場DOSIを手掛けるLINE NEXTが、読んで稼ぐアプリReadONとの提携を発表。コラボデジタルアイテムを2月21日に発売。Web3エコシステムにおけるマーケティングやビジネス領域での連携を図る。

通貨データ

グローバル情報
一覧
プロジェクト
アナウンス
上場/ペア