投資サービスCEO「リップルは仮想通貨業界のマイクロソフトになる」と大きな躍進を示唆

リップルの実用性
10月1日から2日にかけて行われたSWELL2018で、xRapidの商業化が発表され、MercuryFXなどを始めとする複数の金融機関に導入されたことが明らかになった。
Nunn氏の発言
Blackmore Group、Wealth Chain GroupのCEOを務めるPhillip Nunn氏は、このような仮想通貨XRPおよび、リップル社の実用性の追求は、マイクロソフトがWindowsやWord、Excelなどの実用性の追求と同様で、仮想通貨業界のマイクロソフトになると言及した。

リップルの実用性

10月1日から2日にかけて行われたリップル社が主催した国際カンファレンスSWELL2018が終了した。

世界的に注目されていたその会議は、リップル社CEOのBrad Garlinghouse氏(以下、Garlinghouse氏)や、ニューヨーク州で仮想通貨関連のライセンスBitLicense導入の中心となったBen Lawsky氏、アメリカ証券取引員会(SEC)にて8年間首席弁護士を務めたMichael Didiuk氏なども登壇し、非常に豪華な会議となった。

その中で、元アメリカ大統領のビル・クリントン氏も登壇し、ブロックチェーン技術が国境や所得層を超えて機能する大きな可能性と実用性を持っていることを主張、以下のように続けた。

「ブロックチェーン技術は、大きな可能性を持ち、多様な使用事例も存在している。 しかし、政治的や金融的、社会的な政策によってその可能性を潰してしまう恐れがあるのも事実だ。 私たちは、金のタマゴを産むガチョウを殺してはならない。」

そして、最も特筆すべきはGarlinghouse氏が、「xRapidの商業化したことを発表する。既に複数の金融企業が導入した。」と発言したことだろう。

実際、10月1日にリップル社公式ブログでも、仮想通貨XRPを使用するxRapidがMercuryFX、Cuallix、Catalyst Corporate Federal Credit Unionを含む複数の顧客において商業化されていることを発表した。

この国際間支払いを可能にするxRapidは、顧客に2つの大きなメリットをもたらすと記述された。

まず最初に、xRapidはノストロ勘定を必要としないため、国際間送金において、既存の送金方法よりも非常に安価に送金を行うことができる。

さらに、資金移動は、仮想通貨XRPによって行われ、その送金を受け取る金融機関は数分で資産移動を可能にし、現地の仮想通貨取引所で法定通貨に迅速に換金できるため、時間を大幅に短縮できることが挙げられる。

xRapidの商業化の実現は、国際送金分野における仮想通貨の実用性を飛躍的に高めた実例であるとされ、仮想通貨XRPだけでなく、仮想通貨業界全体において大きな前進であると考えられている。

Nunn氏の発言

この仮想通貨XRPの高まりを受けて、Blackmore Group、Wealth Chain GroupのCEOを務めるPhillip Nunn氏(以下、Nunn氏)は、自身のTwitter(@PhillipNunnUK)にて以下のようなツイートを投稿をおこなった。

私は、リップル社や仮想通貨XRPの支持者であったことはない。

しかし、それらは重要な取り組みを進めている。私が彼らの提供するものに問題を感じていたことは置いておいて、それらは、仮想通貨、ブロックチェーン分野で大幅な躍進を遂げているのだ。

よって、彼らは、仮想通貨業界におけるマイクロソフトになるだろう。

そして、Nunn氏は後日BusinessCloudに対し、革新的なアップルに比べるとマイクロソフトは魅力がなく、低水準であると錯覚してしまうと語り、以下のように続けた。

「しかし、ビルゲイツは、彼が早い段階から参入し、そのタイミングも良かったことこそが天才的と呼ばれる由縁なのだ。他の人々が、商品開発に精を出していた際に、ビルゲイツは商品の普及に努めていた。その結果Windowsや、Excel、Wordなどは、あらゆるビジネスにおける主力のツールとなっている。」

参考記事:businesscloud.co.uk

▶️本日の速報をチェック

CoinPostの関連記事

リップル社SWELLが開幕:1日目内容まとめ|xRapidの商用化を新発表・クリントン氏の発言も掲載
米リップル社が主催する国際カンファレンス「SWELL 2018」が、日本時間本日未明開幕。注目された仮想通貨XRPを利用するxRapidの商用化発表が行われ、注目の元米大統領ビル・クリントン氏による公演内容も明らかになった。
リップル社 SWELL2日目まとめ|XRPの有価証券問題など規制討論、700社を対象とする調査書も公開
SWELL2日目が開幕 SWELL2日目が開幕し、仮想通貨規制に関する議論や、リップルの有価...

画像はShutterstockのライセンス許諾により使用

「LINE@」厳選情報を配信!

日本や海外の「重要ニュースまとめ」をいち早く入手したい方は、ぜひ登録してみて下さい。

友だち追加