CoinPostで今最も読まれています

DeNA、Web3クイズゲームをローンチ ブロックチェーンはETHのL2「Base」を採用

画像はShutterstockのライセンス許諾により使用

Web3の普及拡大へ

ゲームやスポーツなどの事業を行うディー・エヌ・エー(DeNA)は15日、ブロックチェーンを用いたマルチプレイ早押しクイズゲーム「trivia.tech(トリビアテック)」の提供を同日に開始したことを発表した。

ブロックチェーンには、米大手暗号資産(仮想通貨)取引所コインベースが推進するイーサリアム(ETH)L2ソリューション「Base」を採用。DeNAはこれから、ブロックチェーンが実現できる新しい体験を多くの人が楽しめるように、新しいサービスや環境を創出していくと説明している。

trivia.techは、同時接続マルチプレイ型のWeb3クイズゲーム。AからZまでの26問のWeb3に関連した4択クイズに早押しで回答し、その時に接続しているプレイヤーの中で最も早く正解できた1人だけが、アルファベットの文字が描かれたNFT(非代替性トークン)を発行・取得できる。

関連「NFTを国の成長戦略に」自民党デジタル社会推進本部・平将明議員インタビュー

ゲームは基本無料でプレイが可能だと説明。プレイヤーは26個全てのNFTを集めれば、ゲームクリアとなる。

今回のサービスは2月末までの期間限定で提供する予定だが、それより前にクリアしたプレイヤーが100人に達した場合でもサービスは終了するという。

ゲームはモバイルWebアプリ(PWA)でプレイすることが可能。ユーザーはメタマスク(MetaMask)などのウォレットを使ってログインする。

PWAとは

「Progressive Web Apps」の略。Webアプリをスマートフォン向けのアプリのように動作させるための技術や仕組みを指す。

▶️仮想通貨用語集

SNS上ではtrivia.techをプレイする様子が早速投稿された。リリース後の最初の6時間で、上限100人のうち60人がクリアし、全プレイヤーで2.8万回もクイズに挑戦したことが報告されている。

なお、このゲームにはアスターネットワーク(ASTR)、INTMAX、ポリゴン(MATIC)、ワールドコイン(WLD)のプロジェクトが協力した模様だ。

関連ブロックチェーンゲームで遊ぶメリットと自律分散型の将来性|廃猫

今後の展開

DeNAは今後、trivia.techで発行したNFTを活用した次のゲームを開発すると説明。また、ユーザーのニーズに応えたサービスも提供していくと述べている。

上述した通り同社は、これからWeb3の新サービスや環境の創出に取り組んでいくとした。そして、Web3の普及には、trivia.techのように多くの人々が気軽に安心して遊べるサービスや環境が重要になるとみている。

今後はWeb3の普及に取り組むビジネスパートナーと共存・共栄しながら、グローバルなサービスを検討することも予定しているとした。

なお、trivia.techの公式Xアカウントには、今回のゲームは「日本語バージョン」であると説明されている。今後は英語バージョンもローンチされる予定だ。

関連2024年のWeb3ゲーム業界に大きな期待感=Delphi Digitalレポート

Product Ownerの島岡秀知氏へ独占取材

-既存のWeb2クイズアプリとの違いや魅力を教えて下さい

違いは、オンチェーンゲームの定義や、ゲームのロジックやシステム部分、ユーザーのデータなど。誰が何度クリアして、アクションしているのかのユーザーデーターがブロックチェーン上に乗っている「オンチェーンゲーム」であり、Web2のようなサーバーを必要としない。ユーザーが触るフロントエンド以外がブロックチェーンになっている。

-オンチェーンゲームでどんな価値がもたらされますか?

オンチェーンによって、ゲーム運営の自律性が出せる。ブロックチェーンゲームのロジックやステートが公開されており、ユーザー主導で動かしていく。なお、どのタイミングでプレーするのかが見れるというメリットもある。

Web2ゲームだと、運営会社の方向性や意見を信じ込んでやる必要があったが、ブロックチェーンゲームでは、ロジックをユーザーがみて自分達で攻略していくことができる。これは、ユーザーファーストの設計で、たとえば、100名のプレイヤーがクリアしたら自動的に終了し、それを証明することができる。

-なぜBaseチェーンを選んだのか?マルチチェーン展開する予定はありますか?

選択肢としてマルチチェーン対応の可能性もあるが、現状展開する予定はない。

性能の話で言うと、ETHレイヤー2の一つでファイナリティやコストが安く済む。性能の良さもあるし、消費者のUXを重視している。また、friend.techといった成功例や、大規模なユーザー基盤を持つコインベースが支援していることも、Baseのマーケットやビジョンがヒットしている理由であり、そういった意味で今後推進すべきチェーンだと思っている。

今後も引き続きチェーンを問わずゲーム開発やリリースを進めていく。

-構成可能性(composability)について

ゲームのロジックに生まれたデータやアプリに対して、モジュールとして引き継げる。今回のゲームで我々が発行しユーザーが獲得したNFTはOpenseaなどでも閲覧可能。triviaを終了させても次のゲームでNFTのアセットを使って、新たなゲームを創ることができる。

次のゲームでワードパズルであればアセットのアルファベットを使ってワードパズルが作れるようになっている。また、ブロックチェーンで公開したらいろんなコンテンツをユーザーが自ら拡張ができるし、データーやロジックの一部を切り出して新たなゲームをが創ることもできる。

「play to earn」だとトークンを得て稼ぐということが考えられてしまうが、自律的に運用されるという点として、プラットフォームに依存しないようなものが「サトシ・ナカモト」としては作りたかったのかなと思っている。

-DeNAは怪盗ロワイヤルやFFなど他社IPを用いたソシャゲで、ゲーム開発実績が豊富で過去にヒット作を何本も出しておられますが、Web3ゲーム業界への参入を本格化する予定はありますか?

Web3ゲームはポテンシャルがあると思っている一方で、税制の問題や消費者保護の観点で法的な「ハードルが存在しているので、慎重に検討しているところだ。「plaly to earn」は難しいとも思うので慎重にやりつつもテクノロジーの最先端ブロックチェーンらしさを出したゲームに関しては今回のような形であれば考えられるかもしれない。

ブロックチェーンゲームの開発を続けることは検討しているが、現状の市況やユーザーのパイを見ると自社として単独で出していくよりも、国内外の重要なパートナーと提携関係を結んでプロジェクトを出していくことをやっていきたいと考えている。

-今後の展望について

trivia.techの拡張をするパターン:まだ正式な発表は出せる段階ではないが、例えばこの仕組みを使って、IPを持っている会社、(例:車などの分野)古い車などのマニアのコミュニティに向けて、アプローチすることとか。Web3でいうと、日本人の開発者向けにmeetupイベントを開催することで、単純にこのプロジェクトはこうであると伝えるというより、クイズ形式で行ってもらうといった、「learn to play」のカスタマイズ化もアイデアとしてはあり得る。

国内だけでなく海外向けも検討:国内の大手他社が暗号資産ウォレットを作りたかったり、ブロックチェーンに参入したかったりすることがあれば、インフラへのロイヤリティ提供を行いたい。さらに、IPとのコラボをする可能性もある。

CoinPost App DL
注目・速報 相場分析 動画解説 新着一覧
04/24 水曜日
15:09
WebX2024、最大73%割引の「開幕セール」終了まで残り1週間
株式会社CoinPostが主催する日本最大のWeb3カンファレンス「WebX2024」にて、チケット販売を開始しております。2024年4月30日まで、最大73%割引のお得な開幕セールを実施中です。
14:35
米ブロックチェーン協会ら、仮想通貨業界の声をまとめSECを提訴
米ブロックチェーン協会とテキサス州暗号資産自由同盟は、米証券取引委員会が新たに制定したディーラー規則の阻止を求めて、SECを提訴した。
13:00
香港の現物ビットコインETF 4月30日にも発売かー報道
香港でボセラとハッシュキーキャピタルが提供するビットコインETFが取引を開始すると報じられた。2社の現物ビットコインETFは、価格安定性が高く、投資家に直接的な市場価格連動のメリットを提供する。
12:09
半値戻しのビットコイン、投資家心理改善で買い先行
暗号資産(仮想通貨)市場ではビットコインが66000ドル台まで反発し、50MA手前で一服した。イランとイスラエルを巡る中東リスク後退で米国株式市場でも買い戻しが先行しており、投資家心理が改善した。
12:00
ブラックロックのビットコイン現物ETF「IBIT」、70日連続流入を記録
ブラックロックのビットコイン現物ETF「IBIT」が70日連続で資金流入を記録した。運用資産は約2.8兆円に達している。
11:00
リップル社、SECによる20億ドルの罰金提案を過大と反論
リップル社は、XRPをめぐるSECとの裁判で新たな書類を提出。リップル社に対して約3,100億円の罰金支払いを求めるSECの主張に反論した。
09:40
「BTC価格上昇は半減期から50〜100日後」QCP Capital
仮想通貨ビットコインの今後の価格が急上昇するのは半減期から50〜100日後であるとQCP Capitalが分析。また、Bitfinexも半減期後の相場レポートを公開した。
08:45
ソラナJupiter、DEXモバイルアプリ5月公開予定
既存のUltimateウォレットは5月22日から利用できなくなるため、その前に仮想通貨の一時的移転(PhantomやMagic Edenウォレット)を推奨した。
08:10
米国のイーサリアムETF上場申請、5月承認は見込み薄か
申請中の仮想通貨イーサリアム現物ETFの多くは5月に最終判断を迎える予定だが、多くのアナリストは承認の確率が低いと予測。背景には、イーサリアム財団への任意捜査で米SECがETHを有価証券に分類しようとしている点や、ビットコイン現物ETFが承認されてからまだそれほど時間が経っていない状況などがある。
07:10
ビットコインの機能を拡充する新提案が公開
仮想通貨ビットコインのブロックチェーン上でスマートコントラクトなどを実現する開発提案がBIP-420として公開。以前から関心を集めている提案の内容が改めて説明された。
06:35
バイナンスアプリの削除、フィリピン当局がアップルとグーグルに命令
フィリピンはバイナンスの顧客基盤における重要な構成国だが、同SECは2023年11月以降、バイナンスを投資に利用しないよう国民に積極的に警告していた。
05:50
エルサルバドルの国営ビットコインウォレット、ハッカーがコードを流出
今回の漏洩は、4月上旬に報告された510万人のサルバドル人の個人情報リークを含む、一連のChivoウォレット関連のハッキングに続くものだ。
04/23 火曜日
19:00
メゾンマルジェラ MetaTABI NFT発売
メゾンマルジェラがMetaTABI NFTを一般販売開始。デジタル専用設計のタビシューズはThe Fabricantとのコラボで、限定版タビブーツとレザーウォレットが付属。今後のWeb3ブランドイベントにも参加可能。
18:00
ライフカードVプリカ 仮想通貨で購入可能に
ライフカードが暗号資産(仮想通貨)決済サービス事業者Slash Fintechと提携。2024年5月15日から「Slash Vプリカ SHOP」でステーブルコイン等を使ったVプリカギフトの販売を開始する。インターネットショッピングやオンラインゲーム等、デジタルサービスでのプリペイド決済が拡大する見込み。
14:00
ベネズエラ、石油取引で仮想通貨使用を加速か
ベネズエラの国営石油会社PDVSAは原油と燃料の輸出において、暗号資産(仮想通貨)の利用を増やす計画だ。背景には米国による制裁再発動がある。

通貨データ

グローバル情報
一覧
プロジェクト
アナウンス
上場/ペア
イベント情報
一覧
2024/04/24 11:30 ~ 13:30
その他 オンライン
2024/04/25 ~ 2024/04/26
東京 国立新美術館
2024/04/27 10:30 ~ 20:00
東京 東京都渋谷区
重要指標
一覧
新着指標
一覧