CoinPostで今最も読まれています

「国民の信頼を損ないかねない」米上院議員らがゲンスラーSEC委員長宛の書籍で強い懸念

画像はShutterstockのライセンス許諾により使用

SEC委員長に書簡

暗号資産(仮想通貨)支持派として知られるシンシア・ルミス議員を含む4人の米国上院議員は7日、米証券取引委員会(SEC)のゲーリー・ゲンスラー委員長に書簡を送り、仮想通貨企業DEBT Box訴訟における同委員会の不適切な行為に強い懸念を表明した。

議員らは、この事件への対処により「投資家を保護し、公正で秩序ある効率的な市場を維持するというSECの使命」が損なわれたと指摘。さらに、SECの執行活動に対する国民の信頼を裏切るものであると批判した。

SECは昨年12月、同訴訟で不正確な発言があったと自らの非を認め、謝罪。今年1月末には、訴訟の棄却申立てを行うと連邦地方裁判所に通知している。

関連:米SEC、仮想通貨企業DEBT Box訴訟の棄却申し立て「事実に基づかず不当」

しかし、SECはDEBT Boxに対する訴訟を「他の権利に影響を及ぼすことなく」却下するように求めているため(”dismiss without prejudice”)、SECの要望が受け入れられた場合、後日被告を再度起訴する可能性も残されることになる。

議員らは書簡で、SECの倫理性に疑問を呈し、強く非難している。

どのような連邦政府機関であれ、特に極めて重大な結果をもたらす法的手続きに定期的に関与し、あなたのリーダーシップの下、規則制定ではなく、強制措置を通じて規制の使命を追求することが多い政府機関が、このように非倫理的でプロフェッショナリズムに欠けた態度で活動することは、到底受け入れられるものではない。

裁判の経緯

SECは昨年7月、DEBT Boxが「ノードライセンス」と称する未登録証券を販売し、数千人の投資家から4,900万ドル(約72億円)超を詐取したとして提訴。同社に対し暫定的差し止め命令(TRO)の発動を求める申請書をユタ州連邦地方裁判所提出した。

裁判所はSECの主張を認め、DEBT Boxの資産を凍結するTROを発したが、9月に被告側がTRO取り消しの申し立てを提出。SECがTROが発行されないことにより「取り返しのつかない損害が生じる」事実を示さなかったため、裁判所は「TROは不注意に発行された」と結論づけ、10月にTROを取り消した。

その後、同地裁判事は12月の裁判所命令の中で、TRO申請に関してSECが「著しく虚偽で誤解を招く表現を行い、訴訟手続きの健全性を損なった」として、SECに説明を求めるとともに、制裁を科す可能性があると警告した。

この裁判所命令を受けてSECは過ちを認めて謝罪するも、裁判所による制裁については「適切ではなく必要ない」と主張している。

憂慮すべき事態

裁判所に昨年12月に提出した書類でSECは、7月に行われた審議で同委員会の弁護士が「当時は知らなかったが、不正確な陳述を行った」こと、また「その発言内容が不正確であることが判明した後も、訂正を怠った」と過失を認めている。

一方、議員らは上記のSECの説明について、この間違いは「悪意ではなく過失であると示唆しているが、このような”寛大な説明”さえも、受け入れることはできない」と叱責した。

委員会の弁護団が、本件の関連事実に精通していない上、法廷に提出された証拠の信憑性を軽視していたことは、極めて問題である。

議員らは、この件でSEC職員が故意に証拠をごまかして伝えたか、知らずに虚偽の情報を提示したかにかかわらず、このケースは、SECによって提起された他の強制執行の実例について、精査が必要となる可能性を示唆していると強調した。

米国証券協会も批判

地域金融サービス会社のための業界団体である米国証券協会(ASA)も、DEBT Box訴訟におけるSECの対応を批判している。

ASAのクリス・アイアコヴェラ最高経営責任者は、SEC委員長は国民の信頼と信用を預かる立場にあり、米国民から最上位の倫理観と道徳観を持って行動するよう、期待されていると指摘。しかし、本件では期待を裏切る行動が見られたと次のように非難した。

彼の機関は、その基準を守るのではなく、SECが好まない業界に対する政治的アジェンダを追求するため、連邦裁判所を意図的に欺いた。

『早割』終了まで
0
0時間
0
0
さらに!! CoinPost読者限定割引コード提供中!
クリックしてコードをコピー
CoinPost App DL
注目・速報 相場分析 動画解説 新着一覧
06/15 土曜日
13:00
「CBDCの実証実験を行う先進国が増加」国際決済銀行レポート
国際決済銀行は中央銀行デジタル通貨についての調査結果を発表。特に先進国でCBDCの実証実験を行う国が増加していると指摘した。
11:30
エルサルバドル、ビットコイン投資家のための銀行設立を検討
この銀行は、ビットコイン投資家のためのもので、従来の銀行と比べて制限も少なくなる。承認されればビットコイン投資家が金融サービスを利用できるようになる。
10:10
バイナンス前CEOのCZ氏、BNB流通量の64%を所有=フォーブス
仮想通貨取引所バイナンスのCZ前CEOの資産総額がBNBトークンの価格上昇と共に増加。9.6兆円に達したと見積もられている。
08:50
ビットコインレイヤー2「Stacks」、9時間ほどブロック生成停止
仮想通貨ビットコインに属するレイヤー2ネットワーク「Stacks」は14日、ブロック生成が約9時間停止し、混乱に見舞われた。
08:30
金融庁、海外仮想通貨取引所LBankに警告
金融庁は6月14日、海外仮想通貨取引所「LBank Exchange」に対して、事務ガイドラインに基づき、無登録で仮想通貨取引を提供しているとして警告した。
07:55
BTC価格は25年末までに20万ドルへ=バーンスタイン
仮想通貨ビットコインの価格は25年末までに20万ドルまで上昇する可能性があると、バーンスタインのアナリストが予想を引き上げた。予想の根拠を説明している。
06:50
ビットコイン一時66000ドル割れ、280億円相当のロングがロスカット
仮想通貨ビットコインは15日、前日比1.3%安。14日深夜に66,000ドルを割り込み一時65,000ドルまで急落。その後反発し、66,000ドル台を回復した。
06:00
マイクロストラテジー、ビットコイン買い増しの資金調達額を引き上げ
より多くの仮想通貨ビットコインを購入するために、マイクロストラテジーは14日、転換社債売却の発行額を引き上げた。
05:45
DMMビットコイン、顧客補償用ビットコインを調達完了
暗号資産取引所DMMビットコインは顧客への保証のためのビットコインをすべて調達した。
06/14 金曜日
17:45
オーケーコイン・ジャパン、トンコイン(TON)の新規取扱い開始を発表
国内暗号資産(仮想通貨)取引所OKCoinJapan(オーケーコイン・ジャパン)にトンコイン(TON)が上場することが発表された。TONは大手メッセージアプリTelegramが始めた分散型ブロックチェーンであるThe Open Network(TON)のネイティブトークン。
17:26
チリーズ(CHZ)が17日にハードフォーク Tokenomics 2.0を導入へ
Chiliz ChainがDragon8ハードフォークを計画。EIP-1559の実装とTokenomics 2.0で暗号資産(仮想通貨)CHZのユーティリティを強化する。
15:37
トンコイン(TON)が過去最高値を更新 テレグラム・エコシステムでの成長が後押し
暗号資産(仮想通貨)トンコイン(TON)は14日に史上最高値を更新し、一時8.00ドルに達した。テレグラム・エコシステムにおける統合と新機能の導入がその背景にある。
13:10
韓国最大手アップビット、RWA銘柄ONDOを新規上場
仮想通貨ONDOは、ブラックロックとPIMCOが提供する米国債ETFに投資するRWAオンチェーンファンドOndo Financeのガバナンストークン。発表後一時16%急騰していた。
12:30
リップル社、罰金はテラフォームラボの事例と比べても過大と主張 対SEC裁判で
リップル社は米証券取引委員会との裁判で、再度SECの提案した罰金額は過大と申し立てた。テラフォームラボの件を参照している。
12:19
ビットコイン相場はCPI・FOMC通過で乱高下、売り買いのシグナル交錯へ
暗号資産(仮想通貨)市場では、CPIやFOMC結果を受けビットコイン(BTC)が乱高下するなど一時ボラティリティが急上昇した。大手マイナーの売りシグナルやCMEの先物ショートの行方にも関心が集まる。

通貨データ

グローバル情報
一覧
プロジェクト
アナウンス
上場/ペア