CoinPostで今最も読まれています

「国民の信頼を損ないかねない」米上院議員らがゲンスラーSEC委員長宛の書籍で強い懸念

画像はShutterstockのライセンス許諾により使用

SEC委員長に書簡

暗号資産(仮想通貨)支持派として知られるシンシア・ルミス議員を含む4人の米国上院議員は7日、米証券取引委員会(SEC)のゲーリー・ゲンスラー委員長に書簡を送り、仮想通貨企業DEBT Box訴訟における同委員会の不適切な行為に強い懸念を表明した。

議員らは、この事件への対処により「投資家を保護し、公正で秩序ある効率的な市場を維持するというSECの使命」が損なわれたと指摘。さらに、SECの執行活動に対する国民の信頼を裏切るものであると批判した。

SECは昨年12月、同訴訟で不正確な発言があったと自らの非を認め、謝罪。今年1月末には、訴訟の棄却申立てを行うと連邦地方裁判所に通知している。

関連:米SEC、仮想通貨企業DEBT Box訴訟の棄却申し立て「事実に基づかず不当」

しかし、SECはDEBT Boxに対する訴訟を「他の権利に影響を及ぼすことなく」却下するように求めているため(”dismiss without prejudice”)、SECの要望が受け入れられた場合、後日被告を再度起訴する可能性も残されることになる。

議員らは書簡で、SECの倫理性に疑問を呈し、強く非難している。

どのような連邦政府機関であれ、特に極めて重大な結果をもたらす法的手続きに定期的に関与し、あなたのリーダーシップの下、規則制定ではなく、強制措置を通じて規制の使命を追求することが多い政府機関が、このように非倫理的でプロフェッショナリズムに欠けた態度で活動することは、到底受け入れられるものではない。

裁判の経緯

SECは昨年7月、DEBT Boxが「ノードライセンス」と称する未登録証券を販売し、数千人の投資家から4,900万ドル(約72億円)超を詐取したとして提訴。同社に対し暫定的差し止め命令(TRO)の発動を求める申請書をユタ州連邦地方裁判所提出した。

裁判所はSECの主張を認め、DEBT Boxの資産を凍結するTROを発したが、9月に被告側がTRO取り消しの申し立てを提出。SECがTROが発行されないことにより「取り返しのつかない損害が生じる」事実を示さなかったため、裁判所は「TROは不注意に発行された」と結論づけ、10月にTROを取り消した。

その後、同地裁判事は12月の裁判所命令の中で、TRO申請に関してSECが「著しく虚偽で誤解を招く表現を行い、訴訟手続きの健全性を損なった」として、SECに説明を求めるとともに、制裁を科す可能性があると警告した。

この裁判所命令を受けてSECは過ちを認めて謝罪するも、裁判所による制裁については「適切ではなく必要ない」と主張している。

憂慮すべき事態

裁判所に昨年12月に提出した書類でSECは、7月に行われた審議で同委員会の弁護士が「当時は知らなかったが、不正確な陳述を行った」こと、また「その発言内容が不正確であることが判明した後も、訂正を怠った」と過失を認めている。

一方、議員らは上記のSECの説明について、この間違いは「悪意ではなく過失であると示唆しているが、このような”寛大な説明”さえも、受け入れることはできない」と叱責した。

委員会の弁護団が、本件の関連事実に精通していない上、法廷に提出された証拠の信憑性を軽視していたことは、極めて問題である。

議員らは、この件でSEC職員が故意に証拠をごまかして伝えたか、知らずに虚偽の情報を提示したかにかかわらず、このケースは、SECによって提起された他の強制執行の実例について、精査が必要となる可能性を示唆していると強調した。

米国証券協会も批判

地域金融サービス会社のための業界団体である米国証券協会(ASA)も、DEBT Box訴訟におけるSECの対応を批判している。

ASAのクリス・アイアコヴェラ最高経営責任者は、SEC委員長は国民の信頼と信用を預かる立場にあり、米国民から最上位の倫理観と道徳観を持って行動するよう、期待されていると指摘。しかし、本件では期待を裏切る行動が見られたと次のように非難した。

彼の機関は、その基準を守るのではなく、SECが好まない業界に対する政治的アジェンダを追求するため、連邦裁判所を意図的に欺いた。

注目・速報 相場分析 動画解説 新着一覧
02/28 水曜日
16:50
周南公立大、分散型デジタル学生証を開発 Web5とライトニング採用
周南公立大学がブロックチェーンと一線を画すWeb5技術と、ビットコインの決済技術ライトニングを活用した先進的なデジタル学生証システム開発を発表。プライバシー保護とセキュリティ強化を図る。
16:21
ビットコインETF承認後に高騰する相場をプロが解説|寄稿:仮想NISHI
ビットコインETFからの流入超過で高騰する暗号資産(仮想通貨)相場の展望は? 暗号資産(仮想通貨)ビットコイン(BTC)相場とデリバティブの最新データについて、SBI VCトレードのアナリスト「仮想NISHI」が解説した。
14:50
グローバル法律事務所Norton「SECの規制や執行措置は今年さらに強化される」
グローバル法律事務所Norton Rose Fulbrightは2024年の展望レポートで、米SEC(証券取引委員会)は仮想通貨業界に対する「執行措置を伴う規制」アプローチをさらに強化するとの予測を明らかにした。
12:55
60000ドルを伺うビットコイン、市場心理は2年半ぶり『極度の貪欲』水準に
暗号資産(仮想通貨)市場では機関投資家のビットコインETFへの資金流入が止まらず60000ドルに迫るなか、投資家心理を示すCrypto Fear and Greed Indexは「極度の貪欲」示す82に達した。
11:20
ソラナ基盤の「Parcl」、エアドロップ発表
仮想通貨ソラナ基盤プロジェクトParclが独自トークンPRCLのエアドロップを発表。その後、預け入れ総額は1億ドルを突破した。
10:20
投資銀行がマイクロストラテジー格上げ ビットコイン12万ドル超前提で
投資銀行ベンチマークは米マイクロストラテジーの目標株価を990ドルとした。ビットコイン価格が2025年末に12万ドルを超えると想定している。
08:50
「パラレル」ベータ版開始へ、PRIMEトークン高騰
パラレルはNFTトレーディングカードゲームだけでなく。OpenAIとUE5エンジン技術を使った人工知能アバター主導型ゲーム「コロニー」も開発中。「アバターNFT」の価格は先日のティーザーを受け値上がりし、現在1.11 ETH(約3,600ドル)で取引されている。
08:00
Bybit「機関投資家はETHを最も保有」
機関投資家が最も保有している銘柄はイーサリアムであることなどを掲載したレポートを仮想通貨取引所Bybitが公開。これは、同社ユーザーの投資行動に関するレポートである。
07:26
イーサリアム「Dencun」、メインネット実装予定日が3月13日
Dencunメインネットの実装時期は、推定日本時間3月13日22時55分前後に起動する見込みだ。これにより、L2手数料削減のプロトダンクシャーディングの導入が実現することに。
07:00
Web3推し活「Oshi」、BITPOINTに新規上場
仮想通貨「OSHI」は、『OSHI3』関連ゲームの第1弾である次世代型美少女放置RPG「ファントム オブ キル -オルタナティブ・イミテーション-(オルタナ)」で利用できる。
06:20
バイナンスラボ、ビットコイン初のステーキング「Babylon」に出資
今夜始まるBabylonのテストネット。参加するユーザーには、「Bitcoin Staking Pioneer Pass NFT」を7日間以内にミントすることができる。このNFTは今後、期待されるBabylonの独自トークンのエアドロップへのアクセスになるかもしれない。
05:30
バイナンスジャパン、仮想通貨3銘柄新規上場へ 取扱柄数が50に
今回の対象となるのは、ラップドビットコイン(Wrapped Bitcoin)、ファイルコイン(Filecoin)、スイ(Sui)で、3月5日より暗号資産現物取引・販売所および取引所・貸暗号資産で対応する予定だ。
02/27 火曜日
18:28
bitFlyer、ドージコイン(DOGE)の上場を発表 
国内大手暗号資産(仮想通貨)取引所bitFlyerは、販売所において「ドージコイン(DOGE)」の上場を発表した。直近では「アバランチ(AVAX)」「ザ・グラフ(GRT)」「レンダートークン(RNDR)」の上場したばかり。
14:27
米裁判所がエネルギー情報局に制止命令、マイニング企業のデータ収集要請に「待った」
米テキサス州ブロックチェーン評議会と仮想通貨マイニング企業Riot Platformsによる米エネルギー情報局(EIA)に対する訴訟で、テキサス州西部地区連邦地方裁判所は、EIAの緊急調査を一時的に阻止する仮制止命令を認める判断を下した。
13:00
ステーブルコインUSDCの国内上場に向けて米Circle社がコインチェックと提携
現時点ではUSDCといった信託型ステーブルコインは日本では未上場で、Circleとコインチェックの提携は今後の上場を目標に締結されたものだ。国内仮想通貨環境の流動性向上につながる。

通貨データ

グローバル情報
一覧
プロジェクト
アナウンス
上場/ペア