CoinPostで今最も読まれています

現物ETFがけん引 世界のファンドが運用するビットコインが計100万BTC超に

画像はShutterstockのライセンス許諾により使用

ビットコインの運用残高

暗号資産(仮想通貨)分析企業K33リサーチは5日、世界のETF(上場投資信託)などのファンドにおけるビットコイン(BTC)の運用資産残高(AUM)が、合計で100万BTC(9兆円相当)を超えたことを報告した。

この数量はビットコインの循環供給量の5%超に相当する。同社のシニアアナリストVetle Lunde氏は、今年に入ってこれらの金融商品には16万1,700BTC(1.5兆円相当)が純流入しており、米国でローンチした現物ETFがAUMの増加に大きく寄与していると説明した。

以下がK33リサーチがXに投稿しているAUMのグラフ。Lunde氏は『The Block』に対し「100万BTCというAUMは、これらのファンドにとって重要な節目である」と述べた。

そして同氏は「これらの金融商品はビットコイン市場の構造を大きく変えている」と指摘。「数年前は取引所の現物が循環供給量の20%を占めていた。しかし今は、ETFやETP(上場取引型金融商品)、ラップしたビットコイン、デリバティブ市場に押されて、この数字は11%にまで落ちている」と説明している。

ETPとは

「Exchange Traded Products」の略。ETFやETN(上場投資証券)などの総称である。

▶️仮想通貨用語集

また「今回100万BTCの節目を超えたことに、初期のビットコイナーは驚いているだろう。ETFはビットコインの価格発見において1つの重要な要素になっている」とも述べた。

価格発見とは

需要と供給の合致点を見い出し、金融商品の適正な価格を発見すること。

▶️仮想通貨用語集

関連: 初歩から学ぶビットコインETF特集:投資のメリット・デメリット、米国株の買い方まで解説

国・地域別の比較

以下はK33リサーチのもう1つのグラフ。これはETPのAUMを国・地域ごとに比較している。

グラフが示している通り、全体の83%超を占め、最もAUMが多いのが米国。なお、ここには先物のETFも含まれているという。そのあとは、欧州、カナダ、ブラジル、香港、オーストラリアが続く。

関連16万BTC運用のブラックロックのビットコイン現物ETF、ブラジルで取引開始

なお、Glassnodeのデータによれば、合計100万BTCのAUMのうち、米国の現物ETFが約70万BTCを運用しているという。

関連ビットコインETF資産額がゴールドETFを追い抜かす可能性 識者が議論

『早割』終了まで
0
0時間
0
0
さらに!! CoinPost読者限定割引コード提供中!
クリックしてコードをコピー
CoinPost App DL
注目・速報 相場分析 動画解説 新着一覧
06/19 水曜日
10:15
米SEC、イーサリアムを有価証券とみなさず
米SECは仮想通貨イーサリアムに関する有価証券性の捜査を終わらせ、ETHを証券とみなさない。
09:45
Hashdex、現物ビットコインとイーサリアムの混合ETFをSECに申請
ブラジルの仮想通貨投資企業Hashdexは、現物ビットコインとイーサリアムの両方を保有するETFを米SECに申請した。
09:20
コインベース、先週に続き仮想通貨3銘柄の取引停止へ
米仮想通貨取引所大手コインベースは先週に続き、3銘柄の取引停止予定を発表した。
08:40
ETH現物ETF、米SECは早くに承認か
仮想通貨イーサリアムの現物ETFに対する米SECの要求は厳しくないと発行企業の情報筋が明かした。早くに承認される可能性があるとも述べている。
08:18
Ondoの米国債型ステーブルコイン、ソラナDriftで証拠金として利用可能に
ソラナの最大手オンチェーン・デリバティブ取引所Drift ProtocolはOndo製の仮想通貨ステーブルコインUSDYを担保資産として導入した。
08:00
Phantomスマホウォレット、仮想通貨の価格チャートを導入
Phantomはこれまで価格だけ表示しているが、新機能では保有するトークンをクリックすると、チャートと24時間の変動率を見ることができる。また、トークンのホルダー数と総発行数も掲載。
07:05
「BTCは6万ドルまで下落する可能性」CryptoQuant
仮想通貨ビットコインの価格は6万ドルの水準まで下落する可能性があるとCryptoQuantが分析。相場の勢いが弱まっているとみる背景を説明した。
06:50
Uphold、欧州MiCA法準拠でUSDTなどのステーブルコイン上場廃止へ
仮想通貨取引所Upholdは、欧州のMiCA規制環境に備え、7月1日までに欧州市場でUSDTを含むすべてのステーブルコインを上場廃止する。
06:25
自称トランプ氏の公式ミームコイン「DJT」高騰、未だ真偽不明
ブロックチェーンインテレジェンスサービスArkhamはSNSで、仮想通貨DJTの本当の創造者を特定した人に、15万ドルの賞金をかけると投稿し、プラットフォーム内でバウンティを設定した。
05:50
米クラーケン、ソラナとベース基盤のミームコインの先物を提供
米仮想通貨取引所クラーケンは19日、複数のミームコイン無期限先物を提供し始めた。また、現物取引では銘柄の新規上場も実施した。
06/18 火曜日
17:29
JBA、新年度の重点課題に「申告分離課税」と「レバレッジ倍率の見直し」など
日本ブロックチェーン協会(JBA)は2024年度の役員体制を発表。代表理事に再任した加納 裕三氏は、申告分離課税とレバレッジ倍率改定などを重要テーマとして取り組む方針を示した。
16:37
バイナンス新CEO、年末ビットコイン価格見通し・相場サイクルの特異性を語る
バイナンス新CEOリチャード・テン氏が、2024年末の暗号資産(仮想通貨)ビットコイン価格見通しと暗号資産市場サイクルの展望を語る。市場はまだ初期段階にあり、さらなる成長を見込む。
15:01
ZKsync大型エアドロップは2時間で45%が申請完了 一躍ランキングTOP100圏内に
ZKsyncが36億7500万ZKトークンの大型エアドロップを実施。2時間で45%が申請完了し、暗号資産ランキングTop100圏内に急浮上。バイナンスでの取り扱いも開始。
13:50
エチオピアの仮想通貨事情、禁止から規制へ
エチオピアは、仮想通貨の全面禁止から、仮想通貨とブロックチェーン技術のメリットを慎重に検討する方向へと、この2年間で方針を転換してきた。現在はビットコインマイニングが活発化し、モバイル送金サービスも成長を続けている。
12:25
ビットコイン続落でメジャーアルト全面安、IEO銘柄BRILは公募価格の2倍超で推移
暗号資産(仮想通貨)相場は米連邦公開市場委員会(FOMC)の利下げ観測後退もあり引き続き軟調。ビットコインの続落でイーサリアム(ETH)やソラナ(SOL)では売りが先行した。一方でIEO銘柄ブリリアンクリプト(BRIL)は公募価格の2倍超で推移する。

通貨データ

グローバル情報
一覧
プロジェクト
アナウンス
上場/ペア