株式会社メタップス、Metaps plus Inc.のICOと仮想通貨取引所設立に関する新情報発表

本日、東京に拠点を置く株式会社メタップスの連結子会社であるMetaps PlusによるICO及び仮想通貨取引所の設立に関する新情報が発表された。

Metaps Plusは、2017年9月26日から2017年10月10日間で実施されたICOで、自社トークンである”PLC”を販売している。

今回発表された内容によると、この”PLC”を活用する目的で、単位数を縮小を行い、流動性向上を見込む。

新たな通貨単位として、1 PLC = 100 NPLCに変更が行われ、NPLCのホワイトペーパーが公開された。

また、仮想通貨取引所「CoinRoom」の名称を「UpXide」に変更した。

参考記事:(開示事項の経過)当社海外子会社による ICO 及び仮想通貨取引所の設立に関するお知らせ

▶️本日の速報をチェック

CoinPostの関連記事

仮想通貨ADA:韓国のモバイル決済プラットフォーム「メタップスプラス」と提携
株式会社EMURGO(エマーゴ)は、日本のフィンテック企業「メタップス」の子会社メタップスプラスが、時価総額7位の仮想通貨「ADA」と提携したことを発表しました。メタップスプラスのアプリプラットフォームでは、すでに10億DL以上されており、パートナー店舗3.3万店以上での、決済及び提携プロモーションでの使用を予定しています。
メタップスのウォレットアプリpring(プリン):みずほFGのデジタル通貨「Jコイン」で導入か
みずほ銀行などがキャッシュレス決済の実証実験を福島県で開始。メタップスのウォレットアプリ「pring(プリン)」を採用を発表しており、利用者や決済端末の提供で、東京電力やNTTドコモが実験に協力。円の価値とペッグするデジタル通貨「Jコイン」でも導入へ。


画像はShutterstockのライセンス許諾により使用

telegramテンプレ
▶️本日の速報をチェック
お問い合わせ 広告掲載はこちら