CoinPostで今最も読まれています

米地裁、「XRPの二次販売が証券である可能性排除できず」州法上の訴訟で

画像はShutterstockのライセンス許諾により使用

リップル社に対する新たな訴訟を承認

米国地方裁判所のフィリス・ハミルトン判事は20日、リップル社に対する米連邦証券法に基づく集団訴訟4件を棄却する一方で、暗号資産(仮想通貨)XRPの証券性に関わる1件の州法上の訴訟については裁判を行うことを認めた。

今回の裁決には、XRPの個人投資家への取引所などでの販売に証券性はないとしていた、以前のトーレス判事の判断とは異なる部分がみられる。なおリップル社側は、XRP自体は証券ではないとするニューヨーク州の判決はそのまま維持されるとコメントした。

ハミルトン判事が裁判に入ることを認めたのは、原告がリップル社のブラッド・ガーリングハウスCEOが2017年に州の証券法に違反したと申し立てている訴訟だ。

具体的には、2017年12月にガーリングハウス氏がテレビ番組に出演した際、「XRPをロングポジションのまま大量に保有している」と述べていたことを問題視している。

原告は、実際にはガーリングハウス氏が同年中にXRPを大量に売却しており、この発言は虚偽のものだったため証券法に違反していると申し立てた。

リップル社はこれに対して、ハウィーテストにおいてXRPは証券の定義を満たしていないため、「証券に関連する」申し立てを成立させることはできないと反論している。

根拠としては、昨年7月に米証券取引委員会(SEC)対リップル社の裁判で、地裁のトーレス判事が、XRPの取引所での二次販売は、ハウィーテストの「他社の努力による利益の期待」の要件を満たしていないとして、証券性はないと判断したことだ。

リップル社は、ハミルトン判事にもトーレス判事の論拠に従うよう促していた。しかし今回、ハミルトン判事はトーレス判事の見解に異論を唱えている。

関連: 「仮想通貨XRP自体は有価証券ではない」米地裁、裁判で判決下す

ハウィーテストとは

米国で行われる特定の取引が、投資契約による有価証券取引に該当するかどうかを判定するテスト。SECのW. J. ハウィー社に対する訴訟事件に由来する。

法的拘束力はないが、SECはハウィーテストをもとに仮想通貨の銘柄やサービスに対して訴訟を起こしている。具体的には「資金を集めているか」「共同事業であるか」「収益を期待しているか」「収益が他者の努力によるか」を判定するテスト。なお、仮想通貨という新しい資産に、ハウィーテストは適さないという声もある。

▶️仮想通貨用語集

営業努力の影響が論点

ハミルトン判事は、個人投資家がXRPに期待していたとして、それが仮想通貨市場全般の動向によるものだったか、リップル社によるXRPを使った国際決済を普及させようとする営業努力によるものだったか判断できないとしている。

また、リップル社がYouTubeのインタビュー映像など、一般的な投資家も閲覧できる場所でXRPについての情報を広めていたことも指摘し、こうしたことが投資家に与えた影響も考慮する必要があるとした。

ハミルトン判事はこうした点をさらに検討するために訴訟を進めることを許可している。

22日追記:リップル社側のコメント

リップル社のスチュワート・アルデロティ最高法務責任者は本件を受けて、次のようにコメントした。

はっきりさせておこう、カリフォルニア州の裁判官はリップルが連邦証券法に違反したという申し立てはすべて却下した。XRPは証券ではないとするニューヨーク州の判決はそのまま維持される。

2017年の発言に基づく、州法上の訴訟1件が裁判にかけられることになる。原告は、リップル社から直接XRPを購入しておらず、取引前に問題の発言を聞いたかどうか明言できない原告は、数百ドルを失ったとしている。この件で反対尋問を楽しみにしている。

この裁判とは別に、リップル社とSECの間の訴訟も継続しているところだ。この裁判ではXRPそれ自体や個人投資家への二次販売は証券性がないという判断がくだされ、現在は、和解にあたってリップル社に科す罰金額の件で両者が対立している。

関連: 米SEC、対リップル社裁判で罰金額めぐり反論

関連: XRP(エックスアールピー)の価格・チャート|今後の将来性や買い方を解説

『早割』終了まで
0
0時間
0
0
さらに!! CoinPost読者限定割引コード提供中!
クリックしてコードをコピー
CoinPost App DL
注目・速報 相場分析 動画解説 新着一覧
07/13 土曜日
14:00
直木賞作品『宝島』映画へ小口投資可能、Securitize Japanがセキュリティトークンを発行へ
Securitize Japan株式会社は、直木賞受賞作『宝島』の実写映画に関するセキュリティトークンを発行すると発表した。
13:00
MakerDAOのRWAトークン化コンテスト ブラックロックなどが応募を計画
MakerDAOのDeFiプロトコルSparkは、現実資産(RWA)トークン化コンテストを発表。ブラックロック、スーパーステート、オンドなどが応募を計画している。
12:00
米デリバティブ大手CME、仮想通貨XRPとICPの指数を提供へ
米大手デリバティブ取引所CMEは11日、仮想通貨XRPとICPのリアルタイム指数および参考基準レートを新たに提供する予定を発表した。両銘柄の価格はニュースを受け値上がりしてい流。
10:30
米SEC、ビットコインL2・仮想通貨「Stacks」への調査を終了 法的措置行わず
米SECはビットコインのL2プロジェクトStacks(STX)への調査を終了。証券性をめぐり法的措置を行う予定はないことを意味する。
09:55
ソラナ基盤のDePIN「グラス」、クローズドベータ版の最終段階へ
ソラナ基盤のDePINプロジェクト「グラス」は13日、クローズドベータ版の最終エポックを日曜日に始まると発表した。より大規模なネットワーク構築へ向けて普及を進めている模様だ。
08:00
コインベース、今後の仮想通貨相場を分析
24年3Qの仮想通貨市場は価格変動が大きくなる可能性があると分析したレポートをコインベースが公開。その根拠を説明している。
07:20
米ジェネシスもビットコイン売りか、弁済のため1200億円相当を取引所へ入金
破綻した仮想通貨融資企業ジェネシス・トレーディングにリンクするウォレットから、コインベースに12,600 ビットコインを送金していたことが判明した。
06:55
ドイツ政府売り終了か、ビットコイン残高ゼロに
ドイツ政府の連邦刑事警察庁(BKA)の仮想通貨ビットコインの売圧はついに終焉を迎えたようだ。13日早朝、そのウォレットの残高はゼロとなった。
07/12 金曜日
18:00
ドージコインの価格動向と将来性 イーロン・マスクとの関係や決済機能の近況
主要なミームコイン、暗号資産(仮想通貨)ドージコインの価格予想、将来性、リスクについて解説。イーロン・マスク氏との関係や、今後注目されるXでの決済導入にも注目。
17:30
JPモルガンのビットコイン市場予測 8月に反発か
JPモルガンは、仮想通貨ビットコインの生産コストや金価格を考慮し、市場全体への資金流入予測を120億ドルから80億ドルに引き下げた。ビットコインの大量売却が7月中に緩和し、8月以降の市場反発が期待される。
13:45
米連邦地裁、コインベースによるゲンスラーSEC委員長のメール開示請求を批判
米連邦地裁のファイラ判事は、米大手取引所コインベースが証券取引委員会に対する訴訟で、ゲンスラー委員長の私的通信の開示を求める申し立てを行ったことについて強い懸念を示した。
12:33
米CPIポジティブでビットコイン上昇も、買い続かず
暗号資産(仮想通貨)相場ではCPI(米消費者物価指数)発表を受けビットコイン(BTC)が一時上昇するも、レジスタンスライン(上値抵抗線)で阻まれ下落に転じた。
11:40
「仮想通貨保有者は超党派」米コインベースの大統領選挙関連調査
米コインベースは大統領選と仮想通貨に関する調査を発表。共和党、民主党いずれの支持者にも同程度、仮想通貨ユーザーがいるとしている。
11:00
ソラナ基盤の「DePlan」、遊休サブスクをレンタルして収益化
仮想通貨ソラナ基盤DePINプロジェクト「DePlan」が概要を発表。ユーザーは購読しているアプリの未使用部分をレンタルして収益化できる。
09:50
パクソス、米SECによるBUSDの調査が終了したことを発表
BUSDは有価証券ではないと主張してきたパクソスは、米SECの調査が終了したことを発表。BUSDについて、SECは同社を提訴しないと決断したと説明した。

通貨データ

グローバル情報
一覧
プロジェクト
アナウンス
上場/ペア
イベント情報
一覧
2024/07/17 09:00 ~ 18:30
東京 東京ミッドタウン八重洲
2024/07/18 ~ 2024/07/19
東京 国立新美術館
2024/07/22 18:00 ~ 21:00
東京 銀座 日東コーナー 1948
重要指標
一覧
新着指標
一覧