CoinPostで今最も読まれています

「シリコンバレーの全盛期は過ぎ去った」PayPal共同設立者の投資関心先は仮想通貨を含む新たな分野へ

画像はShutterstockのライセンス許諾により使用

ピーター・ティール氏がシリコンバレーの衰退を強調
ピーター・ティール氏は、ニューヨークタイムズDealBookカンファレンスにおいて、シリコンバレーの衰退を指摘。それについて自身の意見を述べた。
一方で新たな領域への強い関心も
既存の仕組みへの批判の一方で、新たなテクノロジーへの強い関心を示している。
仮想通貨、ビットコインへの過去の発言など
過去には、仮想通貨、ビットコインの可能性について肯定的と捉えれるような発言もしている。

衰退を辿りつつあるシリコンバレー

GoogleやFacebook、Appleなど数々の現代を代表するIT企業を生み出し、2000年以降のイノベーションの拠点として発展を遂げてきたシリコンバレー。

しかし、PayPalの共同設立者ピーター・ティール氏(以下、ティール氏)は、テクノロジーのイノベーションにおけるシリコンバレーのリーダーシップは終焉に近づいていると考察している。

木曜日の、ニューヨークタイムズDealBookカンファレンスにおいてそれについて語った。

ティール氏は、「シリコンバレーは、ブレークスルーとなるイノベーションを生むのに極度に狭量になっている。」と発言し、「シリコンバレーをより良くしようとするネットワークの効用が、おかしな方向に向かっているという認識が共有される感覚としてある。」と付け加えた。

またティール氏は、シリコンバレーを「一党独裁のよう」とも形容、衰退しつつあると見ている。

そのような発言の背景には、シリコンバレー、テック業界における思想の偏りや、ティール氏が2016年のアメリカ大統領選でトランプを支持したことによる業界の人間との摩擦などがあると考えられる。

実際に、ティール氏は今年の始めに自身の自宅とオフィスをシリコンバレーから引き払い、ロサンゼルスに引っ越しを行い、9月には、自身のベンチャーキャピタルMithril Capitalの拠点もテキサス、オースティンの新本社に移したという。

ただ、上で述べられたようなシリコンバレーの衰退は、シリコンバレー自体のみに起因する課題ではない。

ティール氏は、そのことについて、消費者向けインターネットに焦点を当て、以下のように述べている。

「消費者向けインターネットのイノベーション自体が減速しているようにみえる。25年間のテクノロジーの巨大領域、他を独占するものとして機能した後の今、消費者向けインターネットには、試みられている様々な大きな構想ほどの大きなブレークスルーの余地はほとんど残っていないのかもしれない」

そして、最後には、「我々は、シリコンバレー内ではなく、その外に資金投入をしていく必要があると信じている」とも発言している。

シリコンバレーは、カリフォルニア州の経済を牽引してきたものの、他のカリフォルニア州の地域には資金流入が弱い現状がある。

実際、そこから100マイルも離れていない、カリフォルニア州セントラル・バレーでは、世帯収入平均がシリコンバレーの中心地パロアルトの平均の半分以下しかない。

今後、ティール氏が指摘する内容に突破口を見いだせるか。

シリコンバレーにおける大きな課題であるという。

一方で新たな領域に強い関心も

このようなティール氏の発言の背景には、新たな関心先があるようだ。

シリコンバレーへの批判を強める一方で、ここ最近のティール氏の関心の対象として、バイオテックにブロックチェーン仮想通貨、カンナビス(大麻)、データアナリシスを挙げた。

そして、実際に、それらの領域にティール氏自身の資金を投入しているようだ。

なお、ティール氏が仮想通貨やブロックチェーンに関心をもったのは最近では無い。

仮想通貨、ビットコインへの発言

特に、ティール氏は仮想通貨ビットコインに関しては、価値の保存における一つの手段として大きな可能性を見出している。

ティール氏が共同設立者である有力ベンチャーキャピタルFounders Fund社では数百億円分のBTCを保有していることが明らかになっており、ティール氏自身も、ビットコインを「デジタルゴールド」と表現、資産のリスクヘッジの手段として個人的に所有している。

過去には、「私は新たな支払いシステムのことを話しているのではありません。それは決して動かない金庫の中にある金の棒のようなものであり、全世界が崩壊したときのために備える一種のリスクヘッジだ。」といった発言もある。

既存の仕組みが崩壊しつつある中、新たなテクノロジーへの注目が大きく高まっている。

ブロックチェーン、仮想通貨はそれらを象徴するものの一つであり、今後規制も整っていけば、価値の保存、資産の分散先としてのさらなる飛躍を見込めるだろう。

CoinPostの関連記事

PayPal創業者ピーター・ティール:BTCは安全な投資避難先となるデジタルゴールドだ
Pay Palの創設者であり億万長者のベンチャー投資家であるPeter Thiel氏は、ビットコインはオンライン上の金(デジタルゴールド)と同等であると見立て、全世界が崩壊したときのために備える一種のリスクヘッジだ。と述べました。
ピーター・ティール氏のFounders Fund社が数百億円分のビットコインを所有
過去にfacebook等に有利な投資をしたFounders Fund社が数百億円分のビットコインを所有していることが話題になり、年末年始で落ち着いていたBTC価格が高騰しました。
CoinPost App DL
注目・速報 相場分析 動画解説 新着一覧
07/19 金曜日
17:23
イーサリアムの将来価格 ETF承認後の影響とテック株との比較
2024年5月に承認された暗号資産(仮想通貨)イーサリアムの現物ETFの影響と、株式市場上場後の将来価格を市場アナリストの見解を交えて解説。手数料収益に基づくテック株との比較も詳述。
16:08
JBA、暗号資産に関する税制改正要望を政府へ提出
日本ブロックチェーン協会(JBA)が2025年度の暗号資産(仮想通貨)税制改正要望を政府に提出した。申告分離課税や損失の繰越控除、暗号資産デリバティブ取引の適用、寄附税制の整備などを提案し、暗号資産の普及と市場活性化を図る。
13:15
香港当局がステーブルコイン規制法案を発表 今年中に立法会提出予定
香港の金融規制当局は、ステーブルコイン発行企業に対する規制導入についての公開協議結果を発表。今年中にステーブルコイン規制法案を香港立法会に提出する予定であると述べた。
12:36
NYダウ反落、ビットコインは上昇一服 アナリストは強気・弱気で見解割れる
暗号資産(仮想通貨)相場ではNYダウなど株式市場の反落もありビットコインが上昇を一服。今後の展望について、アナリスト間では、強気・弱気シナリオで見解が別れている。
11:30
韓国で「仮想通貨ユーザー保護法」が施行 保険加入など義務付け
韓国政府は19日、仮想通貨ユーザー保護法を施行した。投資家保護に重点を置いており、ユーザー資産保護や取引監視を定めている。
10:25
分散型予測市場ポリマーケット、バイデン米大統領の選挙撤退予測90%到達
仮想通貨ポリゴン基盤の分散型予測市場「ポリマーケット」で、バイデン米大統領が選挙から撤退する予測が一時90%まで到達した。
09:55
ビットゴーがビットコインL2・仮想通貨「Stacks」と提携 sBTCも取扱い予定
ビットコインのレイヤー2Stacks(STX)は大手仮想通貨カストディ企業BitGOと提携。BitGOはStacksのトークンなどを取り扱う。
08:00
中国テンセントなど、ブロックチェーンデータ企業「チェーンベース」に23億円出資
チェーンベースは、大手テンセント・インベストメント・グループとマトリックス・パートナーズ中国が共同主導するシリーズAラウンドで1,500万ドル(23億円)を調達した。
07:40
WazirXの仮想通貨の盗難被害、北朝鮮が関与か
シバイヌトークンやイーサリアムなど200種類以上の仮想通貨360億円超相当が、インド大手取引所WazirXから盗まれた。同社は初期調査の結果を公表している。
07:00
マウントゴックスの債権者の一部はビットコイン保有を選択か=Redditの世論調査で
マウントゴックスの受託者アドレスの現在の残高は47,228 BTCのビットコインで、4,740億円に相当する。まだ大部分の仮想通貨BTCは債権者の元へ返されていない状況だ。
06:30
トランプ氏、「ビットコイン2024」で円卓会議の資金調達を予定
米共和党の大統領候補ドナルド・トランプ氏は、来週開催されるビットコイン会議「ビットコイン2024」の参加者に対し、円卓会議に参加するために84万4600ドルを支払うよう求めている
07/18 木曜日
15:15
米金融大手ステートストリート、独自のステーブルコイン発行検討か
米ボストン拠点の金融大手ステートストリートは、ブロックチェーン上の決済方法を模索しており、仮想通貨ステーブルコインの発行を検討していると報じられた。
14:00
ヴィタリック、仮想通貨支持派という理由のみで政治家を選ぶことに反対
仮想通貨イーサリアムの共同創設者ヴィタリック・ブテリン氏は、米国選挙に向け「仮想通貨賛成派」であると主張しているか否かだけで、候補者を選ぶことに対して警告を発した。
12:00
SECが承認、グレースケールのイーサリアムミニ・ETF 手数料低減で資金流出を防ぐ狙い
米SECはグレースケールによるイーサリアムミニETFの19b-4様式を承認。他社のETH現物ETFと同時ローンチする可能性が高まった。
11:30
グレースケール、NEARやRNDRなどに投資する分散型AI関連ファンドを販売開始
米大手仮想通貨投資会社グレースケールは、新たに分散型AI関連のファンド(投資信託)をローンチした。投資割合はNEAR(31.87%)とFIL(30.03%)が最も高い。

通貨データ

グローバル情報
一覧
プロジェクト
アナウンス
上場/ペア