CoinPostで今最も読まれています

リップルは2018年12月までに1ドルまで高騰すると専門家が予想

画像はShutterstockのライセンス許諾により使用

仮想通貨投資は誰でも参加できる時代
2017年に爆発的な伸びがあった仮想通貨市場ですが、まだその伸びは初期段階にあり、これからさらに伸びる余地は充分にあるでしょう。
リップル(XRP)は、2018年の12月までに高騰する
リップルは次の52週のうちに容易に1ドルまで値上がり、数年のうちに5ドルに達し、ある専門家は最終的に20ドルもの価値になるだろうと予想しています。
仮想通貨投資に置ける考慮すべきリスク
政府などの介入による規制など、今後これらの技術は陳腐化するかもしれません。仮想通貨に投資する際は、必ず余剰資金で投資を行いましょう

ツイッターの内容に一部誤りがありましたので修正いたします。

【誤】今年中に1ドル(約120円)

【正】52週以内に1ドル(約120円)

誤解を招く表現がありましたことを、深くお詫び申し上げます。

この20セントの仮想通貨は2018年12月までに高騰するでしょう

米新興企業向け株式市場Nasdaqが今後リップルは2018年12月までに高騰するという記事を掲載しました。

仮想通貨投資は、今や、ITリテラシーの高い人が行うものでなく、誰でも参加できるものになってきました。 ビットコインやイーサリアムなどの仮想通貨は、大手の金融企業や、中央銀行までもがそのテクノロジーを重要視するようになって来ています。

投資家は、この24ヶ月の間に、特に、主要仮想通貨銘柄から普通では考えられないようなリターンを得ました。異常な値段の上がり下がりと将来への大きな期待から、短期トレーダーと長期投資家の中で争いが起きています。

仮想通貨の中核を担う技術的な革新とも呼べるブロックチェーン技術は、ただ取引の仲介を取り持つだけでなく、企業のあり方をも進化させています。CitiやCredit Suisse、UBS、MetLifeなど業界をリードしている多くの大手銀行や金融企業が現在このブロックチェーン技術の採用を検討しています。

現在、私たち投資家はこの革新的な技術に容易に関与することができるのです。実際、世界で最も人気の通貨の一つである仮想通貨もわずか20セントで売買されており、あなたの資産の有無に関わらず、関与できるチャンスが転がっています。

もしあなたが、もう市場に参加するには遅すぎると思っているのなら、それは大間違いです。この分野は、2017年の爆発的な伸びを考慮したとしても、まだ初期の発展途上段階なのです。市場には、数百の仮想通貨銘柄があり、大切なのは存続できる確率が比較的高い銘柄を選ぶことです。

世界を変えるテクノロジー

ブロックチェーン技術は、仮想通貨の発展を促進するとても重要な革新でした。分散型台帳技術(DLT)とも呼ばれるブロックチェーン技術は、経済的な取引を記録する破損不可能なデジタル台帳なのです。それは、どんな価値を持つものであっても記録するようプログラムすることができます。

透明性があり、持続的に更新され、公共性があり、広大なコンピューターネットワーク上に複数のバックアップがある分散型デジタル会計台帳を想像してみてください。台帳は各取引(ブロック)が前の取引(ブロック)に基づいて記録されるようデザインされています。

よって、そのブロックが連なったチェーン上の1つの取引を不正に改ざんしようとするとその全てのチェーンが崩壊するのでほぼ不可能と言えます。もちろん、そのチェーンに侵入する際にかかるコストは、得られるであろう値に比べてはるかに高いです。

金融機関は、主に費用の削減及び、取引効率性の2つの理由から、このブロックチェーン技術が実用的であるといいます。Banco Santanderによると、ブロックチェーン技術の採用によって、年間200億ドルものコスト削減になると発表しました。

仮想通貨はさらに、多くの脆い政府及び、規制制度から取引を守ります。維持するために中央機関を必要としないブロックチェーンは、理論的には政権の崩壊などでも価値を失わずに済みます。つまり、権力を使用者に分配することで、政権の干渉や崩壊の影響を避けることができるのです。

XRPは、2018年の12月までに高騰するでしょう

私は、ある一つの仮想通貨銘柄を2018年末までに急騰する銘柄に位置付けました。XRPというシンボルで取引されているリップルです。

リップルは、リアルタイム決済や通貨交換、送金ができるブロックチェーン上に構築されたネットワークです。リップルは、国際間の決済を可能にする最も速く、拡張性のあるデジタル資産として広く認知されており、銀行業界に旋風を巻き起こしています。

仮想通貨リップルは同名のリップルという名の企業により発行されました。リップルには、先駆者であるビットコイン同様に非中央集権型の仮想通貨を構築し、「インターネットが情報に与えた影響を今度はリップルがお金のために与える」ことを目標としています。つまり、お金の官僚機関からの解放を目標としています。

面白いことに、リップルはビットコインと競争をするために作られたわけではなく、ビットコインを補助するために作られました。リップルネットワークの目的は、ビットコインを含むあらゆる通貨のスムーズな送金を目的としているのです。

これを聞くと私が最初感じたように自由至上主義者の理想論だと思う方もいらっしゃるかもしれません。しかし、わずかな調査でリップルが語っていることが理想論というには程遠いことがわかります。

世界でも有数の複数の銀行が、リップルプロトコルを採用しているのです。さらに、リップル社は、Andreessen HorowitzやLightspeed Venture Partnersなどの主要ベンチャーキャピタルグループからの出資も受けています。つまり、各業界の主要プレイヤーたちがリップルのことを将来を見据えて真剣に捉えているのです。

速度、拡張性、安定性のどれを取ってもリップルはその他のブロックチェーンプロジェクトから一線を画しています。支払いに数日間かかる既存の銀行システムや数時間かかるビットコイン、数分かかるイーサリアムに対し、リップルは同じ支払いを4秒でやってのけるのです。

(リップルを採用する50の世界の銀行)

リップルは、現時点で1秒毎に1500もの取引を完了させ、それを24時間休みなく続けることができ、さらなる拡張も期待されています。

リップルは、この数週間17セントから20セントの間を行き来しています。現在の状況からすると、リップルは次の52週のうちに容易に1ドルまで値上がり、数年のうちに5ドルに達し、ある専門家は最終的に20ドルもの価値になるだろうと予想しています。

考慮すべきリスク

リップルの利便さを考慮しても、まだこの技術は発展途上の段階です。つまり、この技術は陳腐化するかもしれませんし、競合の出現や、他の技術革命が起こる可能性もあります。リップルの主なリスクとしてあげられるのは交換リスクです。2014年のMt. Goxのビットコイン紛失は、規制されていない取引所には大きなリスクが存在していることを示しています。

仮想通貨に投資する際は、必ず余剰資金で投資を行いましょう。

そして、あなたのポートフォリオにリップルをスーパーハイリスクで、スーパーリターンを得られる投資として追加することも検討してみましょう。

This $0.20 Cryptocurrency Is Set To Soar By December 2018

September 29, 2017

参考記事はこちらから
リップル(Ripple)ニュースまとめ : 価格変動に関する最新情報を随時更新
仮想通貨リップル(Ripple)のニュースをまとめた特集記事です。価格変動に関わる最新ニュースや取り扱い取引所、ウォレットについての最新情報を更新していきます。
『超早割』終了まで
0
0時間
0
0
さらに!! CoinPost読者限定割引コード提供中!
クリックしてコードをコピー
CoinPost App DL
注目・速報 相場分析 動画解説 新着一覧
05/24 金曜日
17:59
コインチェック IEO「BRIL」が注目される3つの理由
暗号資産(仮想通貨)のコインチェックIEO第3弾として注目されるブリリアンクリプトトークン(BRIL)。投資家が期待する3つの理由について、過去の国内IEOとの比較や親会社コロプラの強み、需給面やロードマップなどから期待度を解説した。
17:49
深刻化する仮想通貨の盗難被害を専門家が分析、リスクと対策を解説|KEKKAI共同企画
仮想通貨投資家のGrypto氏がマルウェア被害でデジタルウォレットの資金を抜かれ大きな損失を被った事例が発生しました。さらなるハッキング被害を抑止するため、Web3セキュリティアプリ開発KEKKAIとCoinPostの共同企画で、ハッキングの手法や対策について解説します。
17:40
Omakase、野村ホールディングスから資金調達でWeb3インフラ強化へ
Kudasaiの関連会社Omakaseが、野村ホールディングスからの出資を受け、Web3インフラ・エンジニアリング需要に対応する体制を強化。Avalanche、Eigenlayerなどのノード運営で400億円相当の暗号資産(仮想通貨)の委託を受けており、将来的なステーキング事業の開発も目指す。
14:53
トヨタのサブスク「KINTO」がNFTを用いた安全運転証明の実証実験を開始へ
KINTOは2024年6月から、NFTを用いた安全運転証明の実証実験を開始。トヨタ自動車株式会社のコネクティッドサービス「T-Connect」と連携。安全運転ドライバーの評価証明をSBTとして付与、将来的にリーズナブルな各種モビリティサービス提供につなげる狙い。
13:00
仮想通貨コミュニティのトレンドから見る韓国市場=レポート
韓国のWeb3戦略コンサル企業「DeSpread」は、同国の仮想通貨市場の特性をまとめたレポートを発表。仮想通貨に対するコミュニティの強い関心に支えられ、世界市場で存在感を増していることが明らかになった。
12:16
イーサリアムETFが米国初承認、PMIインフレ懸念で仮想通貨相場は乱高下
暗号資産(仮想通貨)市場ではイーサリアム現物ETFの歴史的なSEC初承認を巡り、期待先行で高騰していたETHが乱高下した。米PMI発表時のインフレ懸念で米株指数が急落したほか、MEV会社Symbolic Capital Partnersの大量売りが影響を及ぼしたと見る向きも。
11:15
米シンシア・ルミス上院議員「仮想通貨推進軍」結成を宣言
米国のシンシア・ルミス上院議員は、議会に「仮想通貨推進軍」を構築すると発言した。これはトランプ前大統領の声明にも呼応するものだ。
10:50
JPYCら3社、ステーブルコインの共同検討開始
国内ステーブルコインの利用拡大を目指し、JPYC・北國銀行・Digital Platformerが共同検討を開始。協業の背景や今後の計画が明らかになった。
09:50
米下院、CBDCによる監視国家に反対する法案を可決
米下院は、中央銀行デジタル通貨による国民監視に反対する法案を216対192で可決した。共和党と民主党で票が分かれている。
08:15
「STEPN GO」、STEPN運営FSLが続編を発表
フィットネスアプリSTEPNにソーシャル機能を追加した新たなソーシャルライフスタイルアプリSTEPN GOが発表された。アプリの特徴や今後の予定が明らかになっている。
07:45
グレースケール、StacksとNearの仮想通貨投資信託を提供開始
グレースケールは、投資信託から様々な銘柄を機関投資家に提供するで流動性を高めて今後ETF(上場投資信託)への転換の基礎を確立していく。
06:15
イーサリアム現物ETF、米SECが承認 ブラックロックなど8銘柄
米SECは24日、暗号資産(仮想通貨)イーサリアムの現物ETFの上場申請を初めて承認した。
06:10
米SECがイーサリアム現物ETF発行企業と対話開始、S-1フォームめぐり
Galaxy Digitalのレポートによると、仮に承認されれば、7月か8月に取引所に上場され取引を開始する可能性が高い。
05:30
コインベース、仮想通貨XRPの取扱いをニューヨーク州で再開
2023年7月に裁判におけるRipple Labsの部分的勝利を受けニューヨーク州を除く他の州でXRP-USD・XRP-USDT ・XRP-EURの3通貨ペアで取り扱いを再開した経緯がある。今回は、これまで対応できなかったニューヨーク州での再開を実現した格好だ。
05/23 木曜日
14:45
ブリリアンクリプト、Coincheckで「つるはしNFT」のINOを29日から開催
BrilliantcryptoがCoincheck INOでつるはしNFTの販売を開始へ。IEO参加者には優先購入権が付与されるなど、販売詳細が明らかに。暗号資産(仮想通貨)交換業者を通じて、新たなブロックチェーン資産にアクセスする機会。

通貨データ

グローバル情報
一覧
プロジェクト
アナウンス
上場/ペア