CoinPostで今最も読まれています

リップルの功績と将来性、16日のSWELLまでに知っておくべきこと

画像はShutterstockのライセンス許諾により使用

2017年10月10日、リップル仮想通貨トークンXRPを使用しているxRapidを活用した世界で初めての実送金に成功
今回の送金の流れはアメリカメキシコ間で送金が実施されました。この送金には実際の現金(USDとメキシコのペソ)で行われ、その仲介にXRPがブリッジ通貨として入った形になります。
RippleNetに参加する企業が100行を超える
RippleNetは、リップル社が提供する法人向け国際送金ブロックチェーンネットワークそのものであり、これに参加する企業が増えるということは、同時にリップルを活用した国際送金をすることで、既存の海外送金から新たな送金方法を導入したい金融機関が増えたことを意味します。

前提知識

  • Ripple社:ブロックチェーンを利用した金融決済システムを開発、運営を手がける企業
  • XRP:上記の決済システムで利用される通貨、24時間365日稼働可能な上に5秒で国際送金を完了させる可能性がある通貨
  • RippleNet:リップル社が提供する法人向け国際送金ブロックチェーンネットワーク
  • xRapid: XRPを利用した送金業社向けサービス、新興市場で大幅にコストをカットしつつリアルタイム送金を可能とする

XRPの実送金に成功、RippleNetに参加する金融機関100行を突破

2017年10月10日、リップルの開発が2004年にカナダのウェブ開発者である Ryan Fugger により開始されて以来約13年の年月をかけて、世界で初めてリップル仮想通貨トークンXRPを使用しているxRapidを活用した実送金に成功しました。

第一号の金融機関が流動性の問題を解決するためにXRPを実活用

世界を先駆ける第一の事例として、Cuallix社が米国からメキシコへの国際送金のコストを低減するためにxRapidを活用する初めての金融機関となりました。xRapidはXRPを流動性ツールとして使うRippleのソリューションです。

参考記事はこちらから

今回の送金の流れはアメリカメキシコ間で送金が実施されました。この送金には実際の現金(USDとメキシコのペソ)で行われ、その仲介にXRPがブリッジ通貨として入った形になります。

長い年月をかけ、テストを重ねた末の成功であり、XRP保有者だけでなく、将来の国際送金を担う可能性もあることからも世界の人々にとって重要なニュースとなったことは間違い無いでしょう。

発表に隠された重要な意味とは?

特にこのニュースはリップルトークン保有者には、重要な意味を持つ発表内容が含まれています。

これは『XRP』が、リップル送金ネットワークとして、国際送金に実際に利用されたという点です。

今まで幾度となくリップルは銀行ネットワークや金融機関に採用されるニュースが相次ぎました。

まだ発展途上とも言える仮想通貨業界の中で、このような機関での採用ニュースは価格にも影響する重要なニュースとなりますが、リップルの価格相場はそのニュースの多さから普通の仮想通貨が反応するレベルの内容では反応がないほど豊富な良いニュースに恵まれています。

しかしこれらのニュースはあくまでも『リップルネットワークを利用』という内容でした。

XRP』を採用するという金融機関からの発表が今までなかったことや金融機関が相次いで独自仮想通貨の発行を計画していることから、多くの憶測を生み注目され続け、心配されたリップル保有者にとって一番の悩みであったといえるでしょう。

全てが軒並み価格が上がる仮想通貨の状況とは一変し、利用価値や企業採用の真に価値を持つ通貨が評価される時代に突入していることが価格相場の変動から見て取れます。この真の価値を持つ通貨という部分とXRP(通貨)が実際に利用されるというニュースという観点からリップルトークンにとって大きな意味をもつ重要ニュースと捉えることができます。

RippleNetに参加する企業が100行を超える

RippleNetは、リップル社が提供する法人向け国際送金ブロックチェーンネットワークそのものであり、これに参加する企業が増えるということは、同時にリップルを活用した国際送金をすることで、既存の海外送金から新たな送金方法を導入したい金融機関が増えたことを意味します。

利用する金融機関が増えるほど、リップルが担う国際送金の総額は比例して増えることにつながるため、XRPの価値としても大きな一歩となります。

SWIFT社とRIPPLE社との関係を考察

今回リップル社としてとても重要となるxRapidのXRP実送金を成功させたCuallix社のホームページには、メキシコ、米国、香港を拠点として25年以上の歴史を持つ金融機関であり、SWIFT、MasterCard、およびUnionPayの主要な金融機関として紹介されています。

ここでSwiftの名前がでてくるのは意外でした。

これに関して可能性として考えられるのは、他の金融機関でも言われている、大きな多額送金は既存のSwiftを利用し、普通の送金など速度を重視するものはコスト面も考えた上でリップルに移行するという案です。

既存の提携金融機関であるSwift社との送金を継続しつつ、新たな企業向けソリューションとして、コスト面を抑えた送金方法の導入も開始するという意味が含まれていると考えます。

ただ企業間での問題からも、すでにSwiftとRippleは裏で合意に至っており、競合ではなくお互いの長所を生かした将来の海外送金を2社で作り上げるのでしょうか?

また海外記事ですが、とても気になる内容の記事がCoinDeskに上がっていました。

これはその内容を翻訳したものです。

SWIFTとリップルのパートナーシップこそ成功のカギ?SWIFTの未来とは?
ボストン連邦準備銀行副会長であるジム・クンハ氏がSWIFTについて語りました。『パートナーシップこそ最終的な成功のカギだ』と述べたことが注目を集めています。
『最先端技術に対する理解が早いスタートアップ企業がいる中(SWIFTのマーケットシェアを積極的に奪おうとしているRippleを指している)、様々な新しいビジネスモデルがさらに破壊的な力を持つ可能性があることを示しました。よって二社のパートナーシップは必要不可欠だ』

と二者のパートナーシップこそ将来世界の送金事情を担う可能性のある2社にとって最前の方法である。と記載されています。

またこのSwiftとRippleの関係性は8月にリップルがSwellの発表をするとき行われた、Twitter上での謎のカウントダウン時からかなり話題となっています。

特に関係性を持っているのか、またはあえて対抗しているのか?と議論されている内容で

  • Ripple社SWELL 2017年10月16日から19日 場所: トロント
  • SWIFT社Sibos 2017年10月16日から18日 場所: トロント

両社それぞれが主催する超重要イベントであるカンファレンスが、同日同場所で行われます。

これが両者が裏で合わせたものなのか、または伝統的に開催されているSwift社のSibosにリップル社が名前を売るために同日同場所で開催するのか?

16日に2社の関係性と、多くの謎が解けることになるでしょう。

CoinPostでは、気になる『SWELL』のカンファレンスの内容を、3日間日本語記事にてお送り致します。

リップルのSWELL開催までに知っておきたいこと

以下の4つの情報をSWELLまでにチェックしておくことをおすすめします。

1、10月15日リップルの新しい取引所(ゲートウェイ)がオープンする?

まだ正式な発表はありませんが、リップルのゲートウェイがSWELL開催の前夜祭としての役割なのか?新規にリップルがリスト入りする取引所を発表するとして、海外記事に掲載されています。

取引所の新規リスト入りは、取引所や国にも依存しますが、上場したことがない国の取引所などの発表が正式に行われた場合、新規法定通貨の資産が通貨に流れてくるため、時価総額の底上げにも繋がり価格に大きく影響する重要なニュースとなります。

2、リップルCEO質疑応答。リップルの将来性とは?

Ripple CEO Brad Garlinghouseの質問会が開催されました。

今までリップルに対して疑問に思っていたこと等、CEO自ら回答。リップルの将来性や、SWELLでの重要な発表があること等。みなさまがきになる内容にCEOが答えた質疑応答の内容を日本語でお届けしています。

【日本語翻訳】Ripple CEOが語る、リップルの将来性とは?12の質疑応答
リップルの今後の展望について、リップル社のCEOであるBrad Garlinghous氏が12の質疑応答で、銀行採用、550億XRPの凍結、SWELL等様々な質問に詳しく回答しています。

3、リップルは2018年12月までに約120円まで高騰すると専門家が予想

米新興企業向け株式市場Nasdaqが今後リップルは2018年12月までに高騰するという記事を掲載(Nasdaqが書いた記事ではありません。)

リップルは2018年12月までに1ドルまで高騰すると専門家が予想
米新興企業向け株式市場Nasdaqが今後リップルは2018年12月までに高騰するという記事を公開

4、SWELLの詳細について

まずSWELLについて、一度開催される前に内容をおさらいしておくのも、その日の情報に備える上で重要となると思います。ぜひご活用ください。

Rippleカウントダウンの詳細 SWELLのカンファレス日程を告知
リップル公式Twitterに突如呟かれた3のカウントダウン。その詳細は、今後リリースされる予定のアプリ「SWELL」に関するカンファレンスの日程(2017/10/16-2017/10/18)でした。憶測が飛び交いますが、今後もリップルに関するニュースを追っていきます。
リップル(Ripple)ニュースまとめ : 価格変動に関する最新情報を随時更新
仮想通貨リップル(Ripple)のニュースをまとめた特集記事です。価格変動に関わる最新ニュースや取り扱い取引所、ウォレットについての最新情報を更新していきます。
『超早割』終了まで
0
0時間
0
0
さらに!! CoinPost読者限定割引コード提供中!
クリックしてコードをコピー
CoinPost App DL
注目・速報 相場分析 動画解説 新着一覧
05/26 日曜日
14:55
ビットコイン上のミームコイン「DOG」とは?Runesプロトコルの背景や買い方
RunesのミームコインDOGの買い方を紹介。Runesは、Ordinalsの創設者Casey氏が立ち上げたトークン発行プロトコル。暗号資産(仮想通貨)ビットコインのネットワークを使用。Ordinals保有者向けにエアドロップされたRunestoneに関係するDOGトークンはコミュニティ形成でリード。
11:30
31日にPCE価格指数発表を控え、BTC相場の上値は限定的か|bitbankアナリスト寄稿
イーサリアムETF承認を受けて変動した今週の暗号資産(仮想通貨)市場ついてbitbankのアナリスト長谷川氏が相場分析し、ビットコインチャートを図解。今週の暗号資産(仮想通貨)相場考察と翌週の展望を探る。
11:00
週刊仮想通貨ニュース|米SECのETH現物ETF承認に高い関心
今週は、米SECによる仮想通貨イーサリアムの現物ETF上場承認、スタンダードチャータード銀行によるイーサリアムの価格予想、STEPNの続編アプリSTEPN GOの発表に関するニュースが最も関心を集めた。
05/25 土曜日
18:00
ステーキング 主要取引所の仮想通貨別・年率報酬を徹底比較
暗号資産(仮想通貨)で受動収益(インカムゲイン)を得る、ステーキングの基礎知識から高利率銘柄、国内取引所3社のサービス比較まで徹底解説。ソラナ、イーサリアムなど注目銘柄の想定年率、レンディングとの違いも説明します。
15:00
参加型地域貢献ゲーム「ピクトレ」 Snap to Earn「SNPIT」とコラボ
参加型社会貢献ゲーム「ピクトレ」が、Snap to Earn「SNPIT」写真共有SNS「ピクティア」とコラボ。2024年6月1日から赤城山エリアで特典キャンペーンと実証試験を実施する。
14:00
秋元康氏プロデュース「IDOL3.0 PROJECT」が施策を発表、NIDT高騰
オーバースが秋元康氏プロデュースのアイドルプロジェクト「IDOL3.0 PROJECT」のWeb3.0施策を発表。暗号資産(仮想通貨)Nippon Idol Token(NIDT)が高騰した。
13:00
ビットコイン採掘会社マラソン、ケニア共和国エネルギー・石油省と協定を締結
米上場ビットコインマイニング企業マラソンは、ケニア共和国エネルギー・石油省との提携を発表した。再生可能エネルギープロジェクトに取り組む。
11:10
イーサリアムの次期アップグレード「Pectra」 25年第1四半期を目標に
イーサリアムの次期アップグレード「Pectra」に関する最新情報。開発者は2025年第1四半期末のローンチを目指して動いている。EOFやPeerDAS、EIP-7702などの新機能が含まれる見込み。イーサリアムは暗号資産(仮想通貨)ETHで駆動するブロックチェーン。
09:55
米コインベース、「超党派法案はSECの主張する管轄権を否定」と指摘
米仮想通貨取引所コインベースは米SECとの裁判で仮抗告を求める最終書面を地裁に提出。FIT21法案が下院を通過したことも議論の補強材料としている。
08:15
JPモルガン、イーサリアム現物ETFの取引開始は大統領選よりも前と予想
仮想通貨の若い投資家や起業家の票数を獲得するために方針転換したバイデン政権がSECにETFを承認するよう仕向けたといった憶測が散見されている。
07:40
ドージコインのモチーフ「かぼす」、天国へ
仮想通貨の代表的なミームコインであるドージコインのモチーフになった柴犬「かぼす」が、息を引き取ったことが飼い主から報告された。イーロン・マスク氏らが哀悼の意を表している。
07:15
アルトコイン銘柄のETFが2025年に実現の可能性、SCBアナリスト分析
CFTCとSECの管轄と権限を明確に分ける仮想通貨業界の重要な法案「FIT21」が22日に米下院で可決されたことも業界にとって追い風となっており、仮に今後法律となった場合、より多くのアルトコイン銘柄のETFがローンチされやすくなると期待されている。
06:10
コインベース、PoWとPoS併用の仮想通貨銘柄「Core」上場予定
コインベースは最近、ソラナ基盤のデリバティブ取引所DriftのDRIFTトークンの新規上場も行った。また、オフショア版コインベースインターナショナルでは、昨日BONKやFLOKIの永久先物取引も開始する予定を明かした。
05/24 金曜日
17:59
コインチェック IEO「BRIL」が注目される3つの理由
暗号資産(仮想通貨)取引所コインチェックのIEO第3弾として注目されるブリリアンクリプトトークン(BRIL)。投資家が期待する3つの理由について、過去の国内IEOとの比較や親会社コロプラの強み、需給面やロードマップなどから分析。
17:49
深刻化する仮想通貨の盗難被害を専門家が分析、リスクと対策を解説|KEKKAI共同企画
仮想通貨投資家のGrypto氏がマルウェア被害でデジタルウォレットの資金を抜かれ大きな損失を被った事例が発生しました。さらなるハッキング被害を抑止するため、Web3セキュリティアプリ開発KEKKAIとCoinPostの共同企画で、ハッキングの手法や対策について解説します。

通貨データ

グローバル情報
一覧
プロジェクト
アナウンス
上場/ペア