CoinPostで今最も読まれています

Rippleカウントダウンの詳細 SWELLのカンファレス日程を告知

画像はShutterstockのライセンス許諾により使用

カウントダウンの内容は2017年10月開催のカンファレンスの期間
10月16日から18日にかけての3日間、「SWELL」というアプリケーションに関する告知が行われる予定です。
「SWELL」=「SWIFT×Ripple」、または全く関係無いことなのか?
真偽は定かではありませんが、プログラミング言語「SWIFT」を軸に開発されている可能性も考えられます。
カンファレンスにはスピーカーとして大御所が招待されている
過去のFRB議長、WWW(インターネット)の創始者など、界隈の重鎮が集結。

カウントダウンが0になりRippleがついにカウントダウンの内容を開示しました。

内容はリップルが独自開発していたSWELLを発表するための発表会。

謎のカウントダウンの内容は、カンファレンスに関する告知でした。

追記:

SWELLの内容(https://swell.ripple.com/)は以下の通りです。

題名:Swell〜未来はここにある〜
開催場所:トロント
日程: 2017年10月16〜18日
目的:送金の世界において根本的な変革を起こすことにコミットしている銀行業界とブロックチェーン業界のリーダー達を集めて議論する場をRippleが提供

カウントダウンの詳細は、SWELLのカンファレンスの登壇者と開催期間について

SWELLとはまだ謎に包まれているもので、SWELLの綴りは『SWIFT』と『Ripple』を組み合わせて作られたものではないか?と噂されていました。

※またSWELLとは英語で『大波』、Rippleは『小波』という意味もあり、SWIFTとは一切関係ない関連語としてつけてる可能性もあります。

今回はこの発表会の告知ということで、ある意味、カウントダウンの告知からのさらなる告知という形になったのです。 噂で有力視されていた具体的な内容、

コインポストFRBの説(連邦準備関連説)や、SWIFTに関する直接的な内容とまではいきませんでした。

ただ今回のSWELLの内容(https://swell.ripple.com/)で、登壇者として発表された人たちは世界的にも有名な著名人たちが関わっています。

SWELLカンファレンスに招待された人物

まず一人目として、FRB議長を務めていたバナーキー氏が発表されました。 FRBといえば私たちの記事でも紹介した通り、アメリカの銀行での最高意思決定機関となりますので、アメリカの経済を動かしている大元となります。

現役でFRB議長をされているのはジャネット・イエレン氏なのですが、現役を退いたバナーキー氏もアメリカ経済と深く関わりをもっていることは間違い無いでしょう。

このことから長期的に考えるとリップルとアメリカで送金システムを構築するプラスの意味で捉えられる内容も考えられます。

また二人目は、www(World Wide Web)の創始者であり、URL,HTTP,HTMLを設計したティム・バーナーズ・リー氏が選ばれています。 彼はウェブの産みの親と言える偉大な人物です。

追記:

この他に、リップルのCEO(最高経営責任者)やCTO(最高技術責任者)はもちろん、元ゴールドマンサックス海外テクノロジー開発の最高責任者で株式会社chainのCEO Tom Jessopや、日本からは沖田貴史(JASDAQ、香港証券取引所にて最年少で上場をした企業社長として有名)などが参加予定です。

ちなみに沖田貴史という人物は、SBI Ripple Asia 現CEOでもあります。経歴としてはSBI Ripple のCo founder、決済代行株式会社ベリトランス CEOも務めていた人物です。

ただこの中で注目するべきメンバーがいます。

カウントダウン時紹介された元FRB議長とWWW社の創設者はもちろんですが、私たちが注目したいと思う人物は

Brian Behlendorf, Executive Director, Hyperledger
オープンソースブロックチェーンを基盤とした技術を企業に提供しているHyperledger の執行役員です。

このHyperledgerという会社に注目しています。

Hyperledgerは暗号通貨の発展という単純な理由ではなく、ブロックチェーン技術がこれからのソリューションを支える基盤となることを目標として作られたプロジェクトであり、「Linux Foundation」が中心となりIBM社やIntelといった会社をはじめとする30以上の有名IT企業と提携し、注目されているコミュニティです。

このカンファレンスにHyperledgerが参加することは、重要な意味があると思われます。

これに関して詳しい詳細が出次第書こうと思います。

カンファレンスの日程は、2017/10/16-2017/10/18

まずSWELLのカンファレンスが行われる日程ですが、10月16日から18日の3日間 で発表がありました。

それまでにSWELLの詳しい情報が開示される可能性もありますが、全てが公に公開される日はこの3日間で間違い無いでしょう。またカアウントダウンで告知された3日間はこれに該当するのではないかと思います。

一つの説でまだ可能性を残した好材料SWELLがリップルとSWIFTと関係あると思わせるツイートを紹介します。

まずRippleのカウントダウンからの発表でのツイートがこちら↓

もう一つ、リップル発表の1時間前にSWIFTがツイートしたこの内容です↓

RippleとSWIFTがツイートを更新したタイミングも然りですが、どちらの内容にもBlockchainとBankという文字が入っています。

単純にどちらも銀行関係なので偶然の可能性もありますが、ある程度SWELLがブロックチェーンを用いた銀行送金の将来像だとすると、お互いの企業が協力して同じコンセプトをもっているとも考えられるでしょう。

またSWELLが一切SWIFTと関係ない可能性も考えられます。

今回開示された情報からではまだ具体的に推測することはできないことから、ただのカンファレンス名やリップルの次世代構想などの大きな内容でない場合はあまり好材料として捉えられることはないでしょう。

追記:RippleのSWELLはSWIFTとの関係か?またはライバルとしての存在か?

今回のSWELLの話題が出てきたときに、SWIFTとの関係性が噂されていたと思います。

先日上記した通り、両企業がツイッターの内容やタイミングを合わせてきたことも然りです。

今回はこのSWELLのカンファレンスの発表と、SWIFTが独自で昔から開催しているSibos(サイボス、SWIFT International Banking Operations Seminar)と言われる国際的な銀行会議の日程や場所を合わせてきました。

比較してみるととても面白いと思います。

Ripple社
SWELL 2017年10月16日から19日 場所: トロント
SWIFT社
Sibos 2017年10月16日から18日 場所: トロント

Sibos(サイボス、SWIFT International Banking Operations Seminar)は、国際銀行間通信協会(SWIFT)により毎年開催されている国際会議で、1978年から開催されています。

世界各国の金融機関の重役やシステムの関係者が一堂に会する会議で、銀行業・決済、新興国市場、革新(イノベーション)、市場インフラ、規制・コンプライアンス、安全性、技術などに関する議題が扱われます。

sibos公式ページはこちら

これは偶然とは思えないので、わざと合わせていることは間違い無いでしょう。

これは両企業が合同で考えたものなのか?もしくはわざとライバル企業として注目させ、対抗するために選んだのか?謎が深まりますが、いよいよ面白くなってきたと感じますね!

リップルの今後の動向についての推測

今回のリップルからのカウントダウンによる相場の影響ですが、やはり一時的に重要な発表の時期が伸びたことから下落することは考えられると思われます。

まだ10月のカンファレンスまでは1ヶ月以上の時間がありますし、これからいつどこの企業からSWELLまたは他の新情報がでてくるかわかりません。

XRPは日本人にも人気の通貨なので、私達Coinpostはこれからも海外の情報と合わせて最新の情報をお届けしていきたいと思います。

『超早割』終了まで
0
0時間
0
0
さらに!! CoinPost読者限定割引コード提供中!
クリックしてコードをコピー
CoinPost App DL
注目・速報 相場分析 動画解説 新着一覧
06/13 木曜日
18:07
シバイヌ(SHIB)のDeFi市場の利便性が拡大、ShibaSwapの進化
時価総額でトップ2のミームコイン、暗号資産(仮想通貨)シバイヌ(SHIB)エコシステムのDeFi市場が拡大中。ShibaSwap 2.0のアップグレードとShibarium対応により、取引手数料の削減やスケーラビリティの向上が期待される。
17:24
「BEER」前日比76%急落、一部回復もミームコイン市場のリスクが浮き彫りに
暗号資産(仮想通貨)のミームコイン「ビアコイン(BEER)」が13日に一時76%急落した。その後一時反発するも、ミームコイン市場のリスクが再び浮き彫りとなっている。
16:26
2024年注目の暗号資産アプトス(APT)の買い方とおすすめ取引所
アプトス(APT)の特徴や将来性、リスクを詳しく解説し、投資対象としての暗号資産(仮想通貨)APTの買い方を紹介します。おすすめの取引所の口座開設、注文方法も掲載。
16:26
取引所の貸暗号資産サービスを徹底比較 より高利回りを狙う方法
ビットコインなど長期保有する暗号資産(仮想通貨)を貸し出し、利息を受け取る投資法であるレンディングサービス。仮想通貨取引所ごとにどのようなサービスがあるのか、主な特徴とメリットについて解説。
15:25
テラフォームラボ、米SECと44億7000万ドルの和解へ
暗号資産(仮想通貨)開発会社テラフォームラボは、2022年に崩壊したアルゴリズム型ステーブルコイン「TerraUSD(UST)」に関する詐欺行為で米SECと44億7000万ドルの和解に達した。
11:50
AIと仮想通貨の相乗効果で世界GDPに20兆ドル上乗せの可能性=Bitwise
Bitwiseのアナリストは、人工知能とビットコインなど仮想通貨の相乗効果により世界GDPに20兆ドルが追加される可能性を指摘した。
11:15
エアドロップの総額、24年の現時点で40億ドル相当
今年エアドロップされた仮想通貨の合計額は現時点で、およそ40億ドルに上ることがわかった。金額が大きいプロジェクトなどをThe Blockが報じている。
10:15
中国の習近平主席、ブロックチェーン「Conflux Network」開発者を称賛
中国の習近平国家主席はL1ブロックチェーン「Conflux Network」の主任研究員であるヤオ氏に称賛の手紙を送った。
09:35
テレグラムの「タップして稼ぐ」ゲームPixelverse、8.6億円調達
テレグラム上で稼働するTONブロックチェーン基盤の「タップして稼ぐ(tap-to-earn)」ゲーム Pixelverseは、事業拡大のために550万ドルを調達した。Notcoinが5月に大型のトークンエアドロップを実施し、テレグラムtap-to-earnゲームへの需要を大きく高めている。
08:05
バイデン米大統領も選挙キャンペーンで仮想通貨寄付の受け付けを検討か
ジョー・バイデン米大統領の選挙キャンペーンチームは、コインベース・コマースを通じて仮想通貨による寄付を受け入れることを検討しているようだ。
08:00
Glassnode、BTC価格と現物ETFの関係を分析
仮想通貨ビットコインの価格上昇には現物ETFの純粋な買い需要が必要な可能性があるとGlassnodeが分析。同様の見方は市場関係者からも上がっている。
07:30
メタマスク、イーサリアムの少額ステーキング機能をリリース
これまで、イーサリアムブロックチェーンで最低限必要とされる32ETH(1,780万円)以上を持っているユーザーだけが、Consensys社が運営するバリデータにネイティブにステークすることができたが、新機能では少額でもステーキングが可能となった。
07:05
ソラナラボ、顧客ロイヤルティ「Bond」を発表
Solana Labs社は、ブロックチェーン上で顧客ロイヤルティプログラムの立ち上げを検討している企業向けに、専用プラットフォーム「Bond」をローンチした。
06:15
ビットコイン反落、CPI鈍化もFRBが年内1回の利下げを示唆
仮想通貨ビットコインは12日夜発表の米5月CPIの弱いデータを受け、一時7万ドル手前まで急騰したが、13日早朝のFOMCでの今年の利下げ回数に関する予想を受け売られ再び68,000ドル台に落ち込んだ。
06/12 水曜日
18:42
OP Mainnet、ステージ1にランクアップ - Fault Proof実装でL2をリード
OP Mainnetがステージ1に到達し、Fault Proofを実装してセキュリティを強化しました。イーサリアムL2の中でもステージ2獲得に向けて一歩リードしている状況

通貨データ

グローバル情報
一覧
プロジェクト
アナウンス
上場/ペア