CoinPostで今最も読まれています

全ての仮想通貨ビットコイン保有者が「WBTC」を通してイーサリアム・エコシステム活用可能に

画像はShutterstockのライセンス許諾により使用

ビットコイン保有者は誰でも、WBTCを通してイーサリアム・エコシステムの活用が可能に
WBTCは、 BitGo, Kyber Networkなどのコミュニティパートナーと共同発足したプロジェクト。BTCの新しいユースケースとして、ETH上のdAppsなどの利便性を高めることが狙いとなる。

BTC保有者がWBTCを通してイーサリアム・エコシステムの活用可能に

WBTC(Wrapped Bitcoin)が、仮想通貨ビットコインに裏付けられた「ERC20トークン」として、多数のプラットフォームで取引可能になった。

WBTCは、2018年の10月26日に初めてアナウンスされ、 BitGo, Kyber Network, Ren (formerly Republic Protocol)や他のコミュニティパートナーと共同で発足したプロジェクトだ。

これにより、ビットコインの流動性を活用し、イーサリアム上のアプリケーション(dApps) の利便性を高めることが狙いとなる。

なぜイーサリアムにWBTCが必要なのか?

WBTCを使えば、ビットコインでイーサリアム・ネットワークを活用することができる。これにより、ビットコインの新しいユースケースが生まれることになる。

WBTCは、ビットコインをERC20フォーマットに標準化したトークンであるため、Compound、Dharma、dYdX、bZx、Gnosis、Maker、SetプロトコルなどのdAppsは、分散型レンディング、信用取引およびデリバティブ市場にビットコインを活用できるようになる。

エコシステムが成長を続け、革新が進むにつれて、さらに魅力的な新しいアプリケーションとユースケースが発見、実装されることになる。

WBTCの導入により、トレーダーは AirSwap、DDEX、ETHfinex、IDEX、KyberSwap、Loopring、Radar Relay、RenEx、Switcheo Network、TheOceanや Dolmite などの分散型取引所(DEX)でのトークン取引にビットコインを使える。

imToken 等のウォレットプロバイダや取引所は、イーサリアムノードを一つ維持するだけでビットコインを扱えるようになるため、間接費を減らすことも可能だ。

ローンチ直後から高い流動性を提供

Kyber Network と Ren は保有するビットコインから既にWBTCを生成しており、すぐにユーザーへ流動性を提供できるように準備を済ませている。BitGoがビットコインの初期のカストディアンである。

初期は、8つのマーチャントにてBTCとWBTCの交換をサポートする。

マーチャントは、AirSwap, Dharma, ETHfinex, GOPAX, Kyber Network, Prycto, Ren, そして Set Protocolだ。

その他、DEXや取引所でもWBTCを上場させる予定となっています。WBTC dashboard で検証可能なWBTCを調達し、マーケットに流動性を提供する。取引所以外にも、bZx, Compound, Dharma, dYdX, その他Kyberを統合する dApps やウォレットで取引可能ですし、CoinGeckoなどのウェブサイトでも取り扱われる。

コミュニティの透明性

WBTCスマートコントラクトは、Solidified Technologies、ChainSecurity、および Coinspect など、第三者監査機関による監査をすでに終えている。

イーサリアムチェーン上での最初のWBTCは既に発行され、バーンされていますが、その様子はイーサリアム上で検証できる。BTCを保管している証拠も、オンチェーンで検証可能だ。保管されているWBTCトークンとカストディアンによって保管されたBitcoinとの間で、正確に1:1を保っている。

WBTC DAOメンバーは、初期にはAirSwap、BitGo、Blockfolio、Compound、DDEX / Hydro、Dharma、Gnosis、GOPAX、Kyber Network、Loopring Protocol、MakerDAO、OmiseGO、Prycto、Ren、Set Protocol、およびTheOceanで構成される。 WBTCの構造に対する重大な変更は、DAOの承認によって進行する。

WBTCの基本設計とオープン性への取り組みこそ、透明性あるプロセスとガバナンスのための不可欠な要素だ。WBTCはこの原則を基礎としたコミュニティ主導のイニシチブであり、エコシステム全体のためのイノベーションを焦点としている。

関係者の発言

昨年10月の、WBTC発表時点の関係者の発言は以下の通りだ。

BitGO CTO

BitGoはブロックチェーン資産のセキュリティ、コンプライアンスや管理ソリューション暗号通貨サービスを提供している暗号通貨業界のリーダーであると共に、全世界のBitcoin取引の15%を処理する世界最大のオンチェーン・ビットコン・プロセッサーだ。すべての暗号化通貨で月額150億ドルを処理している。

最も広範に採用されている暗号通貨をイーサリアム上でトークン化することを大変喜んでいる。これは素晴らしく柔軟性があり、ブロックチェーンを強化する試みであり、より高い相互運用性とユーティリティをエコシステム全てに与えるだろう。

Kyber Network

Kyberのオンチェーン流動性プロトコルは、分散型トークン交換をあらゆるアプリケーションで統合可能にし、エコシステム内のあらゆるプレイヤー間の価値交換をシームレスにできる。

開発者はこのプロトコルを使い、瞬時のトークン交換とERC20決済、そして金融dAppsなど革新的な決済フローやアプリケーションを構築できる。これにより、あらゆるトークンがどこでも活用可能な世界の実現を目指す。

CoinPostのLINE@

スマートフォンへの「プッシュ通知」で、相場に影響を及ぼす重要ニュースをいち早く知らせてくれる「LINE@」の登録はこちら。大好評につき、登録者11,000名突破。

CoinPostの関連記事

仮想通貨ビットコイン基軸のERC20トークン『WBTC』が来年1月に登場
WBTC (Wrapped Bitcoin) が、完全にビットコインに裏付けられたERC20トークンとして、2019年1月にイーサリアム上に登場することがプレスリリースより明らかになった。BTCの流動性と全ての分散型アプリケーションを強化するイーサリアム上のエコシステムを繋ぐ橋と注目される。
仮想通貨ビットコインとイーサリアムの架け橋として注目のステーブルコイン「WBTC」|価値提案向上へ
1月から始動予定のWBTCについてKyber CEOは、イーサリアムネットワーク上でBTC価格に裏付けされ、BTCの流動性とETHスマートコントラクト機能を組み合わせた通貨だと表現。透明性をを強調した。
注目・速報 相場分析 動画解説 新着一覧
02/28 水曜日
14:50
グローバル法律事務所Norton「SECの規制や執行措置は今年さらに強化される」
グローバル法律事務所Norton Rose Fulbrightは2024年の展望レポートで、米SEC(証券取引委員会)は仮想通貨業界に対する「執行措置を伴う規制」アプローチをさらに強化するとの予測を明らかにした。
12:55
60000ドルを伺うビットコイン、市場心理は2年半ぶり『極度の貪欲』水準に
暗号資産(仮想通貨)市場では機関投資家のビットコインETFへの資金流入が止まらず60000ドルに迫るなか、投資家心理を示すCrypto Fear and Greed Indexは「極度の貪欲」示す82に達した。
11:20
ソラナ基盤の「Parcl」、エアドロップ発表
仮想通貨ソラナ基盤プロジェクトParclが独自トークンPRCLのエアドロップを発表。その後、預け入れ総額は1億ドルを突破した。
10:20
投資銀行がマイクロストラテジー格上げ ビットコイン12万ドル超前提で
投資銀行ベンチマークは米マイクロストラテジーの目標株価を990ドルとした。ビットコイン価格が2025年末に12万ドルを超えると想定している。
08:50
「パラレル」ベータ版開始へ、PRIMEトークン高騰
パラレルはNFTトレーディングカードゲームだけでなく。OpenAIとUE5エンジン技術を使った人工知能アバター主導型ゲーム「コロニー」も開発中。「アバターNFT」の価格は先日のティーザーを受け値上がりし、現在1.11 ETH(約3,600ドル)で取引されている。
08:00
Bybit「機関投資家はETHを最も保有」
機関投資家が最も保有している銘柄はイーサリアムであることなどを掲載したレポートを仮想通貨取引所Bybitが公開。これは、同社ユーザーの投資行動に関するレポートである。
07:26
イーサリアム「Dencun」、メインネット実装予定日が3月13日
Dencunメインネットの実装時期は、推定日本時間3月13日22時55分前後に起動する見込みだ。これにより、L2手数料削減のプロトダンクシャーディングの導入が実現することに。
07:00
Web3推し活「Oshi」、BITPOINTに新規上場
仮想通貨「OSHI」は、『OSHI3』関連ゲームの第1弾である次世代型美少女放置RPG「ファントム オブ キル -オルタナティブ・イミテーション-(オルタナ)」で利用できる。
06:20
バイナンスラボ、ビットコイン初のステーキング「Babylon」に出資
今夜始まるBabylonのテストネット。参加するユーザーには、「Bitcoin Staking Pioneer Pass NFT」を7日間以内にミントすることができる。このNFTは今後、期待されるBabylonの独自トークンのエアドロップへのアクセスになるかもしれない。
05:30
バイナンスジャパン、仮想通貨3銘柄新規上場へ 取扱柄数が50に
今回の対象となるのは、ラップドビットコイン(Wrapped Bitcoin)、ファイルコイン(Filecoin)、スイ(Sui)で、3月5日より暗号資産現物取引・販売所および取引所・貸暗号資産で対応する予定だ。
02/27 火曜日
18:28
bitFlyer、ドージコイン(DOGE)の上場を発表 
国内大手暗号資産(仮想通貨)取引所bitFlyerは、販売所において「ドージコイン(DOGE)」の上場を発表した。直近では「アバランチ(AVAX)」「ザ・グラフ(GRT)」「レンダートークン(RNDR)」の上場したばかり。
14:27
米裁判所がエネルギー情報局に制止命令、マイニング企業のデータ収集要請に「待った」
米テキサス州ブロックチェーン評議会と仮想通貨マイニング企業Riot Platformsによる米エネルギー情報局(EIA)に対する訴訟で、テキサス州西部地区連邦地方裁判所は、EIAの緊急調査を一時的に阻止する仮制止命令を認める判断を下した。
13:00
ステーブルコインUSDCの国内上場に向けて米Circle社がコインチェックと提携
現時点ではUSDCといった信託型ステーブルコインは日本では未上場で、Circleとコインチェックの提携は今後の上場を目標に締結されたものだ。国内仮想通貨環境の流動性向上につながる。
12:14
ビットコイン高騰で56000ドル台に、機関投資家によるETF買いが加速
暗号資産(仮想通貨)市場ではビットコインが前日比10%高と高騰し56000ドル台に達した。ブラックロックやフィデリティの運用するビットコインETFへの資金流入は過去最高を記録している。
11:25
ビットコインETF資産額がゴールドETFを追い抜かす可能性 識者が議論
アナリストらは、ビットコインETFの運用資産がゴールドETFを上回る可能性や時期について議論している。ビットコインETFの取引高は最高値を更新した。

通貨データ

グローバル情報
一覧
プロジェクト
アナウンス
上場/ペア