世界初、ビットコイン現物決済の先物取引が実現へ|仮想通貨取引所CoinFLEXがサイトの公開を発表

世界初、現物決済のビットコイン先物取引が開始目前
仮想通貨取引所CoinFLEXが新サイトを開設し、世界初となる現物決済の仮想通貨先物取引を近日開始する意向を発表した。ビットコインとイーサリアム、ビットコインキャッシュの先物取引を提供を行う。

現物決済のビットコイン先物、開始目前に

仮想通貨取引所CoinFLEXが公式サイトのローンチとともに、1月に報道されていた現物決済の仮想通貨先物取引の提供をまもなく開始すると発表を行なった。

出典:CoinFLEX

取引所のサイトにも、世界初の記載がされていることが確認できる。

取引所の正式ローンチは近日公開予定です。

CoinFLEX社のCEOであるMark Lamb氏は先月初旬にブルームバーグとのインタビューで2月を目処に、現物決済の仮想通貨先物取引を開始する意向を示していた。

現在提供される先物取引商品は現金決済であるため、仮想通貨の現物決済先物取引は、世界初となる。これは、最も注目が集まっている、Bakktが米規制機関からの承認を待っていることで延期、実現していない状況にあることも背景にある。

同取引所では、以下3銘柄の仮想通貨先物取引が、20倍レバレッジで提供される予定だ。このレバレッジが可能な点も、Bakktと異なる点として挙げられる。

  • ビットコイン(BTC)
  • イーサリアム(ETH)
  • ビットコインキャッシュ(BCH)

香港に拠点を置き、セーシェル共和国で登記されているCoinFLEXにはビットコインキャッシュの提唱者であるロジャー・バー氏やTrading Technologies、Dragonfly Capital Partnersなどが出資を行っていた。

仮想通貨市場で期待される現物決済の仮想通貨先物商品の正式ローンチに期待が集まる。

▶️本日の速報をチェック

CoinPostの関連記事

20倍のレバレッジを採用した「新たな現物決済ビットコイン先物」が発表|米ブルームバーグも仮想通貨市場への影響を分析
イギリス最古の仮想通貨取引所に属していたCoinfloorEXは、公式サイトにて、新たに【CoinFLEX】という取引プラットフォームとして、今年の2月より開業すると発表した。Bakktと同様で、ビットコインやイーサリアムでの現物受け渡し先物取引となり、レバレッジ最大20倍。
国内仮想通貨市場でビットコインを超えるリップル(XRP)の現物保有額が明らかに|自主規制団体が統計情報を初公開
リップルのJPY建保有額は、ビットコインの656億を大幅に上回る989億円となり、イーサリアムの保有額164億円の6倍であることが分かった。なお、BCHは61億円、MONAは36億円、LTCは14億円となっている。

画像はShutterstockのライセンス許諾により使用

▶️本日の速報をチェック