CoinPostで今最も読まれています

人気仮想通貨ウォレットLedger、機関投資家向けにビットコインやERC-20トークンのカストディサービス提供へ

画像はShutterstockのライセンス許諾により使用

大手仮想通貨ウォレット企業、カストディ事業を開始
大手仮想通貨ウォレット企業Ledgerとシンガポールの信託企業が提携して機関投資家向けのカストディサービスを提供していく方針が判明した。特筆すべきは対象通貨にビットコインなど主要5通貨のほかにERC-20トークンが含まれている点だ。

仮想通貨ウォレット企業、ビットコインやERC-20トークンのカストディ提供へ

大手仮想通貨ウォレット企業Ledgerは米時間28日、シンガポールの信託企業Legacy Trustと提携して機関投資家を対象にしたカストディサービスを提供していく方針を明らかにした。

25年以上の歴史を持つLegacy Trust社は人気商品「Ledger Nano S」などで有名なLedger社が提供するマルチ認証の仮想通貨ウォレット管理システムLedger Vaultを活用して顧客の暗号資産を「安全で効率的に」管理することが可能となる。

現段階でカストディ対象となることが公表されている主要通貨は以下の通りだ。

  • ビットコイン
  • イーサリアム
  • ライトコイン
  • ビットコインキャッシュ
  • ジーキャッシュ

またこれらのほかにもERC-20規格のトークンを含む12通貨も対象となる<予定である。

今回の提携に関してLedger Vaultのグローバル責任者Demetrios Skalkotos氏はこのように言及していた。

この提携は投資家の完全なコントロールと安心を提供しながら、使いやすさも担保している。

さらにシンガポールの信託企業Legacy TrustグループのCEOであるVincent Chok氏は海外仮想通貨メディアCoinDeskに対してカストディサービスに対する「需要は高い」と述べている。

2019年に入ってから、1週間平均で5件以上もERC20トークンのカストディ提供を要望する意見が来ていた。

ERC20トークンのカストディサービスに対する大きな関心はこれからさらに大きくなるだろう。

STOを検討している企業は全てERC-20トークンのカストディが必要となると思う。

今週BCCC(一般社団法人ブロックチェーン推進協会)が開催した第19回金融部会において、専門家の森和孝弁護士が東南アジア諸国におけるSTOやICOなどを含めた仮想通貨規制の最新状況を説明した際、シンガポールは仮想通貨交換業への規制を行なっている国に含まれていた。

同国では今度内に仮想通貨関連の新たな法が施行される方針で、カストディ事業を提供することで信頼度が懸念される仮想通貨業界の信用を高めることが期待される。

しかし全面的に仮想通貨を禁止している中国とは対象的に仮想通貨事業に対して厳しい姿勢を見せていないシンガポールでは仮想通貨事業も多く展開しているため、カストディサービスが東南アジアでも提供されていく動きは前向きな動きだ。

CoinPost関連記事

東南アジア諸国でのICO/STO及び仮想通貨法規制の最新状況|金融部会レポート
第19回金融部会では、「シンガポール/東南アジア諸国でのICO/STO及び仮想通貨法規制の最新状況」と題して、シンガポールでICO案件を多く手掛ける弁護士の森和孝氏が講演を行った。東南アジアの仮想通貨に関する最新の状況や課題についての内容をお届けする。

またカストディサービスは最近では米国や欧米など、西洋諸国においての展開が多いように見受けられる。

米金融大手フィデリティは既に仮想通貨投資ファンドを対象にビットコインのカストディ事業を開始しているほか、3月上旬にはスイスの大手上場企業が「軍事レベル」のセキュリティを誇るカストディサービス提供を発表していた。

さらにカストディ以外にもスイスの隣国、リヒテンシュタインの銀行Bank Frickが機関投資家向けの取引プラットフォームを発足しており、各国において機関投資家に向けた仮想通貨サービスの整備が進んでいる模様だ。

いずれにせよイーサリアム上で開発されたERC-20トークンのカストディサービスが発展すれば仮想通貨業界の発展だけではなく、ブロックチェーン上で開発される様々なdAppsにも恩恵が届くことが期待される。

▶️本日の速報をチェック

CoinPostの関連記事

スイス金融大手、「軍事レベル」の仮想通貨カストディ提供へ|ビットコインやXRP(リップル)などの保管に対応
Swissquote社は高セキュリティの仮想通貨企業と提携してカストディを提供。 核ミサイルにも耐えられる軍事レベルのカストディで、スイス国立銀行と同水準だという。
機関投資家のリアルな傾向 仮想通貨への関心度を米フィデリティが語る
米国の大手金融企業のフィデリティ社の仮想通貨部門トップのTom Jessop氏が現状の仮想通貨市場に対する興味度について言及した。
『超早割』終了まで
0
0時間
0
0
さらに!! CoinPost読者限定割引コード提供中!
クリックしてコードをコピー
CoinPost App DL
注目・速報 相場分析 動画解説 新着一覧
06/14 金曜日
12:19
ビットコイン相場はCPI・FOMC通過で乱高下、売り買いのシグナル交錯へ
暗号資産(仮想通貨)市場では、CPIやFOMC結果を受けビットコイン(BTC)が乱高下するなど一時ボラティリティが急上昇した。大手マイナーの売りシグナルやCMEの先物ショートの行方にも関心が集まる。
11:30
BNBチェーンとバイナンスラボ、BNB基盤プロジェクト支援へ
BNBチェーン基盤の仮想通貨プロジェクトはBIAに参加することで、バイナンス・ラボとBNBチェーンから出資を受けることができる。
10:40
ソラナなどアルトコインの現物ETFが承認される条件は? 識者が議論
仮想通貨業界の識者らは、ソラナなどアルトコインの現物ETFが米国SECから承認されるための様々な条件について議論した。
10:15
米バイデン大統領、ビットコインETF反対派のSEC委員の留任を希望
米バイデン大統領は、SECのクレンショー委員の留任を希望。クレンショー氏は、仮想通貨ビットコインの現物ETF承認の際に反対票を投じていた委員である。
09:40
コインベース、NOTコインなど2銘柄の永久先物提供
米仮想通貨取引所大手コインベースデリバティブは14日、2つの銘柄のパーペチュアル先物取引を新たに提供すると発表した。
08:45
1300億円調達成功、仮想通貨VCパラダイムの第三ファンド
暗号資産ベンチャーキャピタル大手Paradigm(パラダイム)は新たに仮想通貨企業などへの投資に特化した第3のファンドで、8.5億ドルを調達したと発表した。2022年5月暴落以降の最大調達額となった。
08:15
ソラナやBONKで支払い、米Shopifyが100銘柄以上の仮想通貨決済に対応
昨年初めてローンチされたHelioのSolana Payプラグインは昨年から最初の6ヶ月間で200以上のShopify店舗に対して約5,000万ドルの取引を処理した。
07:35
「BTC価格の高さが市場への資金流入を抑制か」JPモルガン
ビットコイン価格の高さが仮想通貨市場への資金流入を抑制する可能性があるとJPモルガンのアナリストが分析。その理由を説明している。
07:12
a16z出資「Pirate Nation」の独自トークン、コインベースに新規上場
PIRATEトークンは、Web3基盤のゲーム「Pirate Nation」のユーティリティトークンだ。Pirate Nationは無料でプレイできるRPGゲームで、その開発企業のProof of Playが昨年9月にa16z cryptoやAnchorage Digitalから約52億円を調達している。
06:15
米イーサリアム現物ETFの上場承認は「今夏中に」、ゲンスラー委員長発言
SECは先月末、ブラックロックやフィデリティ、グレースケールなどを含む計8銘柄の上場ルールにおける「19b-4フォーム」を全て承認しているが、実際のETF商品に関するS-1の登録書類についてはまだ承認していない。
05:50
マイクロストラテジー、ビットコイン買い増し目的で約800億円資金調達へ
米マイクロストラテジーは13日、暗号資産(仮想通貨)ビットコインを買い増しするために、約800億円(5億ドル)の転換社債売却による資金調達の提案を公開した。
06/13 木曜日
19:00
イーサリアムの買い方、取引所選びの完全ガイド
米国初のビットコインETF承認の影響でBTC価格が過去最高値を更新し、仮想通貨投資による資産運用の注目度が急上昇しています。本記事では初心者向けに高騰するイーサリアム(ETH)の買い方、アルトコイン投資のメリットやデメリット、リスクなどを解説しています。
18:07
シバイヌ(SHIB)のDeFi市場の利便性が拡大、ShibaSwapの進化
時価総額でトップ2のミームコイン、暗号資産(仮想通貨)シバイヌ(SHIB)エコシステムのDeFi市場が拡大中。ShibaSwap 2.0のアップグレードとShibarium対応により、取引手数料の削減やスケーラビリティの向上が期待される。
17:24
「BEER」前日比76%急落、一部回復もミームコイン市場のリスクが浮き彫りに
暗号資産(仮想通貨)のミームコイン「ビアコイン(BEER)」が13日に一時76%急落した。その後一時反発するも、ミームコイン市場のリスクが再び浮き彫りとなっている。
16:26
2024年注目の暗号資産アプトス(APT)の買い方とおすすめ取引所
アプトス(APT)の特徴や将来性、リスクを詳しく解説し、投資対象としての暗号資産(仮想通貨)APTの買い方を紹介します。おすすめの取引所の口座開設、注文方法も掲載。

通貨データ

グローバル情報
一覧
プロジェクト
アナウンス
上場/ペア