仮想通貨 Vertcoin(ヴァートコイン)とは? ASIC対策で公平なマイニングを実現

非中央集権型のビジョンを持った分散型通貨
大手企業などの権力のある組織に管理されない、人々のための通貨をビジョンとしています。
ASIC耐性で公平なマイニングを実現
マイニングマシン『ASIC』の対策により、マイニング集中化問題を解決し、真の分散型通貨を実現しました。
SegWit(セグウィット)を実装済み
トランザクションの可用性やブロックのスケーラビリティに最善な策を施しました。
目次
  1. Vertcoin(ヴァートコイン)の概要
    1. ASIC対策で公平なマイニングを実現
    2. 新規マイナーの参入で真の分散型通貨へ
    3. SegWit(セグウィット)を実装済み
    4. アトミックスワップのテストに成功
  2. Vertcoin(ヴァートコイン)を買える取引所
  3. Vertcoin(ヴァートコイン)を管理できるウォレット
  4. まとめ

Vertcoin(ヴァートコイン)の概要

通貨コード VTC
公開日 2014/01/08
コンセンサスメカニズム Lyra2RE,Proof of Work(PoS)
発行上限 84,000,000VTC
ブロック生成サイクル 約2.5分
公式サイト http://vertcoin.org/
ブロックチェーンURL https://explorer.vtconline.org/
White paper →White paperはこちらから

Vertcoin(ヴァートコイン)はビットコインなどと同じく、非中央集権型のビジョンを持った分散型通貨です。

大手企業などの権力のある組織に管理されない、『人々のための通貨』をビジョンとしています。

Vertcoinのプロジェクト資金は寄付によって全額提供されており、人々の支持を多く集めていることが分かります。

またVertcoinの仮想通貨トークンは、プレマイン、ICO、エアドロップなど一切行わず、人々に公平に配布されています。

現在(2017/11/9)、マイニングと取引だけで41,058,100VTCもの量が流通しています。

ASIC耐性で公平なマイニングを実現

マイニングといえば、特定のマイニンググループ高度なPCを所持している個人が利益を独占しているような印象はあると思います。

このような状況では、Vertcoinのビジョンとは異なった通貨のあり方となってしまいます。

そこでVertcoinは新しい作業証明アルゴリズム『Lyra2RE』を開発しました。

これはビットコインの採掘などで猛威を奮っていた『ASIC』というマイニングマシンの対策用のシステムです。

ASICは、他のマイニングマシンより特定の通貨をマイニングしやすいマシンとして知られ、ビットコインはこのASICマシンによるマイニングシェア独占が問題となっています。

ビットコインも元々は非集権化のコインとして生まれましたが、ASICを有するマイナーにハッシュ値が集中したことで、ビットコインコミュニティが分散化されず、非集権化の意義に反する形で形成されています。

VertcoinはLyra2REの開発・導入によって、特定のマシンを持っているものだけが利益を得ることは少なくなり、より公平にマイニングが行われます。

新規マイナーの参入で真の分散型通貨へ

マイニング集中化問題が解決に近づき、マイナーが新規参入しやすい環境になりました。

マイナーが増えることはVertcoinとっては非常に望ましいことです。

なぜなら、特定のグループや個人がマイニングを独占している状況は、真の分散型通貨とは言えないからです。

また、特定のグループのや個人の計算力に依存していないことでリスクも回避できます。

こうしてVertcoinは、すべてのマイナーがお互いに公正に競争できる機会を提供しています。

SegWit(セグウィット)を実装済み

Vertcoinは2017年5月にSegWit(セグウィット)を実装しました。

これにより、トランザクションの可用性やブロックのスケーラビリティに最善な策を施しました。

そしてさらなる改善策の実装が期待できます。

↓↓SegWitについて詳しくはこちらから↓↓

セグウィット(Segwit)とは?
SegWit(セグウィット)は、仮想通貨取引が抱える2つの問題(スケーラビリティ問題・トランザクション展性)に対する解決策の一つです。SegWitが導入されることで、今後より円滑な仮想通貨取引が見込まれます。

アトミックスワップのテストに成功

アトミックスワップとは、P2Pネットワーク間で異なる二つの通貨を同時に交換するシステムです。

中央サーバーを介さないP2Pネットワーク間で行われる個人間のやり取りです。

現在仮想通貨を交換する方法は、

  1. 取引所で交換する
  2. 個人間で送金しあう

の二つあります。

1の場合だと特定の個人との交換はできず、2の場合だと持ち逃げされる可能性があり、本当に信頼している人としか取引できません。

しかし、アトミックスワップは同時に異なる通貨を交換できるのです。

例えばVTCとBTCが取引所を介さないでも取引できるわけです。

これが本格的に実用化されれば、真の分散型通貨として非常に価値の高い通貨になるでしょう。

Vertcoin(ヴァートコイン)を買える取引所

  • Bittrex
  • Poloniex
  • Yobit
  • Bleutrade

Vertcoin(ヴァートコイン)は以上、4つの海外取引所で取り扱っています。

特に『Bittrex』や『Poloniex』などの大手海外取引所は開設しておいて損は無いかと思います。

仮想通貨取引所 Bittrex(ビットトレックス)とは?
bittrex(ビットトレックス)は、アメリカにある仮想通貨取引所です。2014年に設立され、マイナーな仮想通貨を取引するのに最適な取引...
Poloniex(ポロニエックス) 世界最大級のアルトコイン取引所
Poloniex(ポロニエックス) の基本情報・最新ニュースを網羅的に解説しています。Poloniexは世界最大級のアルトコイン取引高を誇る仮想通貨取引所であり、取引可能アルトコインは60種類以上となっています。

Vertcoin(ヴァートコイン)を管理できるウォレット

Vertcoin(ヴァートコイン)は公式のウォレットで管理できます。

まとめ

以上、非中央集権型の仮想通貨『Vertcoin(ヴァートコイン)』について紹介しました。

マイニング集中化の解決、SegWit(セグウィット)実装済み、アトミックスワップのテストに成功など、ビジョンに向けて多くのことを行いました。

そのビジョンにも人々の支持を多く得られています。

ポテンシャルのある通貨だと思うので、これからの動向に期待が集まります。

画像はShutterstockのライセンス許諾により使用

「LINE@」厳選情報を配信!

日本や海外の「重要ニュースまとめ」をいち早く入手したい方は、ぜひ登録してみて下さい。

友だち追加