CoinPostで今最も読まれています

「自分の語学力を活かして仮想通貨業界で働く」コインポスト社内インタビューVol.4

画像はShutterstockのライセンス許諾により使用

CoinPost営業部の内側を紹介

仮想通貨メディア「コインポスト」で自らの語学力を活かしての営業部の最前線でキーマンとして活躍するクイニーさん。日々の業務内容や、仮想通貨業界の魅力について語ってもらいました。

今回はコインポスト営業部に在籍するクイニー リンさんにインタビューを実施しました。3つの中国語を含め、6か国語を話すことができるクイニーさんはその語学力を活かして、世界中で活躍する仮想通貨企業とコインポストを結ぶビジネスの窓口として営業部で活躍しています。

どのような業務を担当

いまは営業部で、ビジネスデベロップメント(BD)として働いています。具体的には、例えばクライアントと連絡を図ったり、仮想通貨のカンファレンスに参加して仮想通貨に携わる人たちとの関係作り、またカンファレンスのメディアパートナー提携に向けた業務を担当しています。

ブロックチェーン業界の良いところ

私が特に楽しみにしているのはこのような大型イベントですね。

カンファレンスでは世界各国から様々な経歴や背景を持つ人とネットワークできる上に、仮想通貨業界でも有名な著名スピーカーも多く参加します。また、ブロックチェーン技術関連のプロジェクトで開発を担当するデベロッパーの方、ICOや仮想通貨投資、マイニングなどトレードに特化した方など本当に色々な方々の見解やお話を聞く機会があるので貴重な体験をしていると思います。

5月に開催されたConsensus2019にて 出典:CoinPost撮影

あとツイッターや仮想通貨ニュースで頻繁に取り上げられる著名人の方とも仮想通貨メディアという立場を活かして直接お会いできるというのも新しい業界ならではの魅力ですね。

やはりブロックチェーンはまだ新しい技術で、これから様々な分野に応用されていき将来的にはどんどん大きくなっていく業界だと考えています。だからまだまだ黎明期にあると言われるこの業界の成長を肌で感じられるのはワクワクしています。

以前働いていた業界との違いは

コインポスト入社前は通信業界で働いていたのですが、そこではどれだけ事業が成功している企業でも、国内の取引先が多かった。それに対してブロックチェーン業界は若い人たちが多くて、ビジネスの相手もグローバルなので、その部分にやりがいを感じています。グローバルという点では全然違いますね。

弊社のチームメンバーと海外の取引先とのコミュニケーションが潤滑に行われた時には達成感とやりがいを感じますね。

自分の語学力が活かせる場所

そうですね。私は日本語、英語、中国語、マレーシア語が喋れるのですが、中国語の中でも標準語、香港語と台湾語と別れているので、全て含めると6ヶ国語でコミュニケーションができます。

実際に私自身もニューヨークやシンガポール、韓国、マレーシア、台湾など各国に出張させてもらっているので、自分の語学力を活かして成長できる業界だと思います。

コインポストで働くメリットとは

日本国内の仮想通貨メディアの中でコインポストはPV数やユーザーからの評価といった点で最大級なので、そういった組織で働けるのは嬉しいことですね。カンファレンスやイベントなどに参加すると、頻繁にコインポストの名前を知ってくれていて「応援しているよ」と声をかけてくれる方々とお会いします。

自分が所属しているチーム、企業がユーザーから評価されることは大変な名誉なことだと日々痛感しながら努力しています!

どんな人が向いている

上述した通り、仮想通貨に興味がある人やグローバルな環境で働きたい人にはオススメですね。

仮想通貨についてあまり知らなくても、英語など語学力に自信があれば、海外のニュースから情報を集められるので知識のギャップは問題ないと思います。

今後の目標

ブロックチェーンというと技術的な話が多く、仮想通貨プロジェクトは投資的な観点からの話が多いですよね。どちらについてもまだまだ知識不足を感じることが多いので、今後さらに知識を身に付けていきたいと思っています。

出典:CoinPost撮影

それでも知識がゼロの状態からこの業界に入ってきた頃と比べると、カンファレンスでブロックチェーンに対する熱い話が終わったあとにふと自分でも相当の知識がついたなと実感するがあるので本当のところはどうなんでしょうね

でも将来的にはもっと技術的な話にもついていけるレベルまで成長したいと考えています。

おわりに

ブロックチェーン業界は米国やユーロ圏はもちろんのこと、中国などでも開発が行われるプロジェクトが多いです。また隣国の韓国も米日に次いで3番目に多い仮想通貨投資家を抱えています。そのため、様々な国の言語を知っている方が語学力を活かして仮想通貨業界で活躍する機会がアナタを待っています。

仮想通貨の知識に自信が無くても、インプットしながら自分の得意分野を活かすことができます。この記事を読んでコインポストに興味を持ってくださった方は、是非ご応募ください!

仮想通貨に興味がある方、英語や中国語、韓国語など自身の語学力を活かして働きたい方など皆様のご応募をお待ちしています。

関連情報

CoinPost、月間訪問者数で暗号資産(仮想通貨)メディア世界3位に

国内最大の仮想通貨メディアCoinPost、ライターなど複数の職種で人員募集

注目・速報 相場分析 動画解説 新着一覧
02/22 木曜日
08:15
エヌビディア好決算で株価大幅上昇 仮想通貨AI銘柄連れ高|22日金融短観
本日のエヌビディアの好決算を受け、半導体企業AMDやArm、Supermicroの株価も一斉に大幅に上昇。また、仮想通貨分野でRenderやFET、AGIXなども連れ高となっている。
07:30
国内初、楽天キャッシュでデジタル証券(ST)の利息受け取り
国内で初めて、楽天キャッシュで利息を受け取るデジタル証券(ST)が発行される。大和証券や楽天証券ら7社は、公募型ST社債の発行に向けて協業することを発表した。
06:30
Wormhole、半導体大手AMDのチップを利用し性能向上へ
仮想通貨ブリッジWormholeは性能を引き上げるために、半導体大手AMDのアクセラレーターチップを実装。ZKライトクライアントの計算消費を解決する目的だ。
05:50
Starknetがコインベースに新規上場、ポリゴンラボとも提携
Starknet開発のStarkWareはPolygon Labsと提携し、より速く且つ安く取引を行うために設計された「サークルSTARKs」と呼ばれる新しいタイプのゼロ知識の暗号証明を構築する。
02/21 水曜日
17:24
ラテンアメリカの大手通信会社テレフォニカ チェーンリンクと提携
大手通信会社テレフォニカが、分散型オラクルChainlinkと提携。API連携によりSIMスワップ詐欺に対抗する。開発者の暗号資産(仮想通貨)を保護する追加レイヤーとして機能。企業のWeb3進出の一助に。
15:02
決済業界が捉えるブロックチェーンの実利、リップル社調査
リップル社と米国高速決済協議会が世界的調査を実施。業界リーダーの60%強が、暗号資産(仮想通貨)の使用が決済プロセスにおいて大きな利益をもたらすと評価。金融業界における、ブロックチェーン技術の現状、課題も明らかに。
12:07
イーサリアム続伸で約2年ぶり3000ドル台に
暗号資産(仮想通貨)市場ではイーサリアム(ETH)が続伸し、22年4月以来初めて3000ドル台を回復した。オンチェーンデータ分析では、クジラ(大口投資家)の動向も活性化し始めているようだ。
12:00
仮想通貨支持のディートン弁護士、上院議員選出馬へ ウォーレン議員に対抗
仮想通貨を擁護する米国のディートン弁護士はマサチューセッツ州で上院議員選挙へ出馬した。エリザベス・ウォーレン議員の対抗馬を目指す。
11:00
マスターカードがSwooウォレットと提携、仮想通貨による報酬プログラム提供へ
決済大手マスターカードはモバイルウォレット企業Swooと提携し、ビットコインなど仮想通貨による顧客報酬プログラムを提供すると発表した。
10:24
ゴールドマン・サックス、日本株を代表する『七人の侍』を選定
日経平均株価が34年ぶりにバブル後の最高値をつける中、大手投資銀行ゴールドマンサックスは日本市場を代表する「七人の侍」を選定した。では、どの銘柄が採用されたか。
08:30
明日決算発表を前にエヌビディア大幅安、仮想通貨関連株も下落
米ナスダックはエヌビディアやAMDなどIT・ハイテク株の売り先行で下落。多くのアナリストはエヌビディアの決算のハードルは非常に高く引き上げられていると指摘した。一方、イーサリアムは約2年ぶりに3千ドル台を回復した。
07:45
計1400億円相当のBTC、米コインベースから出金
計1400億円相当の仮想通貨ビットコインがコインベースから出金されたことがわかった。出金理由については売り圧の低下につながるといった声や、OTC取引のための出金であるといった声など複数の見方が上がっている。
07:30
米デリバティブ大手CME、小口のユーロ建のビットコイン・イーサ先物を提供へ
CMEのビットコイン先物OIは先月過去最高値の52億ドルを記録。仮想通貨ビットコインETFへの高い需要に伴ってヘッジの需要も高まっているようだ。
07:00
EVMウォレットMetaMask、ユーザーへの警告機能を導入 モバイル安全性強化
マルチチェーンへ対応 暗号資産(仮想通貨)イーサリアム(ETH)の主要EVMウォレットMetaMaskは、モバイルアプリおよびエクステンションで、ユーザーへのセキュリティアラー…
05:50
Optimism、4回目のエアドロップで約60億円分の仮想通貨OPを無料配布
今回のエアドロップはOptimismを利用するWeb3アーティストやクリエイターをターゲットとしたもので、合計10,343,757.81 OPトークン(約4100万ドル)を2025年2月13日までに付与する。

通貨データ

グローバル情報
一覧
プロジェクト
アナウンス
上場/ペア