ビットコインと中国元の相関性は?コインチェック上場でモナコインの価格乖離が異常値に|仮想通貨市況

仮想通貨市場

●本日上場のモナコイン、一時他取引所価格の2倍を超える異常値に

●海外メディアがビットコインと中国元の相関性を考察

金融市場と仮想通貨

5日の東京株式市場は、前日比367円高と6日ぶりに反発。米NYダウも前日比+2.65%を記録し、25,000円台を回復している。

米経済が依然として底堅い水準を見せる中、米連邦準備理事会(FRB)のパウエル議長が、米中貿易戦争などに起因するリスクに「適切に対応する」と述べ、利下げの可能性を排除しない姿勢を示したことが好感された。

仮想通貨(ブロックチェーン)本命銘柄|関連株の最新情報まとめ
株式市場の仮想通貨(ブロックチェーン)の関連株一覧です。仮想通貨(暗号通貨)の将来性と市場の盛り上がりに伴い、時価総額(株価)の大幅上昇を期待できる本命銘柄と最新のポイント解説をまとめています。

ビットコインテクニカル分析

「調整局面にあるビットコインは2:00頃、前日安値(84万円)を割り込んでさらに急落、午前7時頃には80.8万円まで下落した。

RSIが短期的な売られすぎ水準にあった(①)ことと、先月17日のフラッシュクラッシュ後にもみ合ったライン(②)が支持線となり反騰している。目下、8000ドル(88万円)ラインまで回復できるかどうかが試されているが、依然として上値は重い。

日足で見ると、過熱感の台頭していたRSIが4月2日の急騰以前、今回の上昇トレンドの初動前水準(④)まで落ち着き始めている。今月中旬頃に、雲上限が重なる7,000ドル(77万円)ライン(⑤)も、今後一つの節目と見られる可能性がある。このまま下げ足を早めれば、重要ラインの6,000ドル(66万円)も視野に入るなど、短期的な調整局面にあることは間違いない。

モナコイン上場

また本日、モナコイン(MONA)がコインチェックに上場した。国内取引所への新規上場は、約1年4ヶ月ぶりだ。

投機目的のスキャルピングに加え、他取引所との乖離が広がったことでアービトラージ(裁定取引)目的の買いが相次いだ結果、コインチェックでは他取引所の2倍近い価格となる700円を超える暴騰を見せた。

一時売り禁となった後、巨大な上髭をつけて異常な価格乖離は是正された。これについて国内トレーダーは、コインチェックが参照するとされる海外取引所「Bittrex」の影響を指摘している。

コインチェック

出典:mona-coin.com

なお、モナコインの取引高では、大手仮想通貨取引所bitbankが群を抜いており、24時間取引高で85%を占めている。coinlibのデータを見ても、ホルダーはほぼ日本人と言っても過言ではなく、国内での仮想通貨人気再燃を示している。

出典:mona-coin.com

出典:coinlib

海外アナリストの見立て

海外アナリストJosh Rager氏は、ビットコインの3日の終値が8200ドルという節目を割ったことで、4日の日足サポートラインを7,626ドルと見込んでいた。しかしビットコインは7,473ドル(81万円)まで下落し、7,670ドルで終値をつけた。

このような足元不安定な相場に対してRager氏は、30分足チャートで7600ドルのサポートを守ることができれば、次のプルバックが起こる前には一時的な反発が見られるとの見解を示した。

なお、本日終値(日本時間6日9:00)までに7,363ドル(80万円)まで下落したとしても、6,800ドル〜7,200ドル(74万円〜78万円)がサポートゾーンとして機能するとしている。

ビットコインと中国元の相関性

海外仮想通貨メディアTrustnodesは、ビットコインの価格変動の様相が、中国人民元の価格の動きに類似していると分析した。

昨年末から今年5月にかけて、両者のチャートを見比べると、米ドルに対する中国人民元安の進行が見て取れ、その上がり方も、4月頭における急騰を除けば概ね合致しているという。

さらに拡大して見ると、5月における16,17日以降の価格変動の少ない期間は、多少の変動はあるものの同水準で推移している。更に、その直前の急騰の様子は2、3日の誤差はあるもののほぼ同タイミングで急上昇していた。

一方で米ドルそれ自体と比較すると、そのような傾向は直近で確認することはできない模様だ。しかしながら、米ドルの価格指標が落ち込んだ2017年年末から2018年初頭を見てみると、チャートにおける上下変動の方向は逆ではあるものの、相関性は認められる。

以前から法定通貨の変動とビットコインの価格のそれには相関性があると言われてきたものの、ビットコイン価格はそれに完全に支配されないような独特な変動を辿ってきた。今回のチャートの類似性も、ビットコイン価格が常に他の法定通貨に連動することを意味するものではなかった。

しかしながら、少なくとも部分的にその傾向は見られ、相関性自体を否定しきることはできないだろう。

これはビットコインが潜在的にグローバルなアセットであり、世界中の様々な要因を直接または間接的に受けることが大きな原因だ。そのような意味で、ビットコインの価格は、世界経済の趨勢に対する指標の一つになりうる可能性が大いにあると考えられる。

そしてそのバロメータは、グローバル社会の良い面も悪い面も映し出す。

良い面として、人々の情報感度や経済成長、更には人々がどの程度自由度を感じているかということを表す一方で、見方を変えれば、法定通貨に対する不安意識等のマイナス要素も映し出す。今回の中国元では、米中貿易戦争に対する投資家の不安が反映されているとされている。

CoinPostの関連記事

仮想通貨ビットコイン急落の背景に「クジラ」観測、25000BTCの大移動で13億の利益か
9000ドル到達以降、大幅下落の続く仮想通貨ビットコイン。下落要因の一つに、概算で13億円相当の利益を得た可能性のある”クジラ”の存在を指摘する専門家が、資金移動の形跡を解説。
仮想通貨取引所バイナンス、証拠金取引と分散型取引所で「日本」をアクセス禁止へ
世界最大手のバイナンスは新たに、(レバレッジ)証拠金取引と分散型取引所(DEX)における利用制限対象国に「日本」を加えたことが判明した。バイナンスは昨年3月、改正資金決済法に基づく金融庁の意向を受け、日本市場から撤退している。

免責事項

当ページは、仮想通貨の信憑性・正確性を保証するものではありません。

掲載されている内容やリンク先、サービス等、または投資情報からの不利益や損害については、当サイトでは一切の責任を負いかねます。投資する際は、ご自身の判断の元、自己責任でお願い致します。

画像はShutterstockのライセンス許諾により使用

▶️本日の速報をチェック