CoinPostで今最も読まれています

ビットコイン(BTC)需要がナイジェリアで急増する理由と、アフリカが仮想通貨市場に与える影響

画像はShutterstockのライセンス許諾により使用

アフリカでビットコインの需要が増加する理由
今アフリカ・ナイジェリアでビットコインの需要が急増している。価格変動の大きさに注目が集まるが、何が理由なのか、そして今後のビットコイン全体の市場にどう影響するのだろうか。

ナイジェリアでビットコイン需要が高まる3つの理由

仮想通貨の需要が意外な場所で急増している。

現在、アフリカのナイジェリアでは経済不安から仮想通貨への資金流入が加速している。もはやその勢いは無視できないものとなっている。

BitcoinKEは今年4月、世界中の「Bitcoin」というキーワードの検索数を各国で比較すると、ナイジェリア、南アフリカ、ガーナが上位3位を占めるという結果を明らかにした

日本人に馴染みの薄いこの地域で、今なぜ仮想通貨が注目されているのか、それに伴いどのような現象が発生しているのか、そして今後どのような影響を及ぼすのかについて解説する。

そもそもビットコインを含む仮想通貨に対しては、一般的にボラティリティ(価格変動)が大きすぎて貯蓄という用途で利用することは難しいと言われる。しかしながら、 ナイジェリアを含むアフリカ諸国ではそうした通説が覆されるような現象が起きている。

すなわち、 政治への不信から自国通貨の方が仮想通貨より価格変動が大きいのだ。ナイジェリアではIMFデータベースによると2018年の年平均インフレ率は12.09%にも上り、過去3年間連続して2桁台が続いている。

これは国民が自国の通貨の価値を低く評価していることを表している。つまり、その資産を別のより安定したものに変換したいというニーズが一気に高まっているのだ。

さらにインフレに伴い、ナイジェリアの商業銀行は外貨の流出を恐れ、こぞって国外への通貨の流出を制限した。つまり、国外のモノやサービスに対する支払いが制限されたということで、事業者から見ると国外からの輸入が制限されたということになる。

これは輸入ビジネスにとっては大打撃となる。今まで滞りなく行われていた支払いやモノ、サービスの供給が滞ってしまうからだ。

苦肉の策を強いられた事業者はブラックマーケットから割高なレートで外貨を調達するか、ビットコインを使うかという選択肢からビットコインを選択せざるを得なくなるのである。

つまり、ナイジェリアでビットコインが選択されている理由は、大きく以下の3つである。

  1. インフレ下でボラティリティの高い自国通貨よりも安定性のあるビットコインへの資産避難
  2. ブラックマーケットにて高レートで外貨を調達するコストを回避
  3. 海外送金の速さの特性を生かした国外のクライアントへの支払い期間を短縮

このような問題回避目的でのビットコインの利用を後押しするかのように、いわゆる仮想通貨交換業のようなビジネスも急成長中だ。特に中央の取引所(販売所)からではなくP2Pでビットコインを入手できるプラットフォームの成長が著しい。

そのうちの1つPaxfulは、1月末のCointelegraphへの寄稿で2018年のユーザの伸びは130%だったと報じている

さらに、ナイジェリアで事業を行うCoincolaは、現金入金、銀行振込、PayPal、アマゾンまたはiTunesギフトカードなど様々なオプションを提供している

アフリカ市場が与える仮想通貨市場全体への影響

人口が12億人を超えるアフリカ(ナイジェリアは約1億900万人)は、今後仮想通貨にとって巨大なマーケットとなりうるポテンシャルがあるだけでなく、政治不安から多くの資金がビットコインに流れているという事象が観測されている。

これらの目的で利用されるのはビットコインであるため、ビットコインのドミナンス(仮想通貨全体の取引量に占める各通貨の割合)は高まる可能性がある。

また、これらは投機目的ではなく、ビジネス取引目的や価値の保存目的であるため、今後価格が安定してくる可能性は高い。

それに伴い、取引環境も上で見た取引所のような事業主体によって整備されていくことが考えられる。それだけに確固たる規制の整備が今後求められるだろう。

アフリカの今後のマーケット拡大には注目していく必要がある。

アフリカ市場の拡大、一方先進国では?

では先進国はどうだろうか。

AppAnnie.comがDapps(分散型アプリケーション)のダウンロード数を元にブロックチェーン・仮想通貨が実世界でどの程度利用されているのかという調査を行なった。

この調査によると、米国における今年上半期のダウンロード数は6700万で、去年同時期の6580万と比較してほとんど変化がない。

これはあくまでひとつの指標だが、アフリカで起きている急激な人気の高まりの裏側では、仮想通貨は実ユーザの伸び悩みという壁にぶつかっている点も同時に見ておく必要があるだろう

CoinPostの関連記事

「ビットコイン」のグーグル検索数トップ地域は、アフリカのとある都市だと判明
キーワードの人気度を調べられるサービス「Googleトレンド」によると、仮想通貨の「ビットコイン」が最も検索されているのはアフリカのとある都市であることがわかった。その結果の背景としていくつかの要因が考察される。
仮想通貨ビットコインのGoogle検索数が1年ぶりの高水準|アフリカから関心が高まる理由
相場高騰を受けてグーグルでの「Bitcoin(ビットコイン)」の検索数が急上昇、1年ぶりの水準となった。特に関心が高まっている地域に「アフリカ」があるが、、同地域特有の環境も推察できる。
『超早割』終了まで
0
0時間
0
0
さらに!! CoinPost読者限定割引コード提供中!
クリックしてコードをコピー
CoinPost App DL
注目・速報 相場分析 動画解説 新着一覧
05/27 月曜日
17:59
The Graph、AI推論とエージェントサービス導入へ AI駆動型アプリケーションの開発を強化
The Graphのコア開発チーム「Semiotic Labs」は28日、AI(人工知能)サービスを提案する新しいホワイトペーパーを発表し、The Graph上に構築されたChatGPTを基盤としたプラットフォーム「Agentc」の公開デモを公開した。
15:59
FTX、残り保有分のソラナ4000億円相当をディスカウントで売却完了 
22年11月に経営破綻した仮想通貨取引所FTXは、保有していたソラナ(SOL)26億ドル相当を大幅な割引価格で売却完了した。パンテラキャピタルなどが購入している。
14:55
イーサリアム共同創設者ルービン氏「ETF承認はゲームチェンジャー」
米Consensys CEOでイーサリアム共同創設者のジョセフ・ルービン氏は、イーサリアム現物ETFが業界の予想に反してSECから承認されたことは、米国における仮想通貨の流れを大きく転換させるものだとの考えを示した。
12:15
ETF米国初承認のイーサリアム週足大陽線、BTCドミナンスに変化の兆しも
暗号資産(仮想通貨)市場ではETFが米国で初承認されたイーサリアムが週足大陽線となり、強気シグナルが出ている。ビットコイン(BTC)ドミナンスに変化の兆しも見受けられ、一部ミームコインが買われている。
10:01
米トランプ前大統領「米国は急成長する仮想通貨業界のリーダーでなければならない、2位はありえない」
米大統領候補のドナルド・トランプ氏は、民主党バイデン政権や米SECによる暗号資産(仮想通貨)業界への過度な規制や締め付けを批判し、米国は新興産業業界のリーダーになるべきだと主張、ビットコインなど仮想通貨支持を表明した。
05/26 日曜日
14:55
ビットコイン上のミームコイン「DOG」とは?Runesプロトコルの背景や買い方
RunesのミームコインDOGの買い方を紹介。Runesは、Ordinalsの創設者Casey氏が立ち上げたトークン発行プロトコル。暗号資産(仮想通貨)ビットコインのネットワークを使用。Ordinals保有者向けにエアドロップされたRunestoneに関係するDOGトークンはコミュニティ形成でリード。
11:30
31日にPCE価格指数発表を控え、BTC相場の上値は限定的か|bitbankアナリスト寄稿
イーサリアムETF承認を受けて変動した今週の暗号資産(仮想通貨)市場ついてbitbankのアナリスト長谷川氏が相場分析し、ビットコインチャートを図解。今週の暗号資産(仮想通貨)相場考察と翌週の展望を探る。
11:00
週刊仮想通貨ニュース|米SECのETH現物ETF承認に高い関心
今週は、米SECによる仮想通貨イーサリアムの現物ETF上場承認、スタンダードチャータード銀行によるイーサリアムの価格予想、STEPNの続編アプリSTEPN GOの発表に関するニュースが最も関心を集めた。
05/25 土曜日
18:00
ステーキング 主要取引所の仮想通貨別・年率報酬を徹底比較
暗号資産(仮想通貨)で受動収益(インカムゲイン)を得る、ステーキングの基礎知識から高利率銘柄、国内取引所3社のサービス比較まで徹底解説。ソラナ、イーサリアムなど注目銘柄の想定年率、レンディングとの違いも説明します。
15:00
参加型地域貢献ゲーム「ピクトレ」 Snap to Earn「SNPIT」とコラボ
参加型社会貢献ゲーム「ピクトレ」が、Snap to Earn「SNPIT」写真共有SNS「ピクティア」とコラボ。2024年6月1日から赤城山エリアで特典キャンペーンと実証試験を実施する。
14:00
秋元康氏プロデュース「IDOL3.0 PROJECT」が施策を発表、NIDT高騰
オーバースが秋元康氏プロデュースのアイドルプロジェクト「IDOL3.0 PROJECT」のWeb3.0施策を発表。暗号資産(仮想通貨)Nippon Idol Token(NIDT)が高騰した。
13:00
ビットコイン採掘会社マラソン、ケニア共和国エネルギー・石油省と協定を締結
米上場ビットコインマイニング企業マラソンは、ケニア共和国エネルギー・石油省との提携を発表した。再生可能エネルギープロジェクトに取り組む。
11:10
イーサリアムの次期アップグレード「Pectra」 25年第1四半期を目標に
イーサリアムの次期アップグレード「Pectra」に関する最新情報。開発者は2025年第1四半期末のローンチを目指して動いている。EOFやPeerDAS、EIP-7702などの新機能が含まれる見込み。イーサリアムは暗号資産(仮想通貨)ETHで駆動するブロックチェーン。
09:55
米コインベース、「超党派法案はSECの主張する管轄権を否定」と指摘
米仮想通貨取引所コインベースは米SECとの裁判で仮抗告を求める最終書面を地裁に提出。FIT21法案が下院を通過したことも議論の補強材料としている。
08:15
JPモルガン、イーサリアム現物ETFの取引開始は大統領選よりも前と予想
仮想通貨の若い投資家や起業家の票数を獲得するために方針転換したバイデン政権がSECにETFを承認するよう仕向けたといった憶測が散見されている。

通貨データ

グローバル情報
一覧
プロジェクト
アナウンス
上場/ペア