東京大学がブロックチェーンで医療画像の流通システム構築へ クリプタクトと実証実験

医療画像データの流通システム構築
株式会社クリプタクトと東京大学が医療画像データの流通システムの実証実験を行うことを発表、日本の医療AI分野の発展に取り組む。

クリプタクトと東京大学がブロックチェーンで医療画像データの流通システムの実証実験

株式会社クリプタクトは29日、東京大学と医療画像データの流通システムの実証実験を行うことを発表した。『ICT活用によるの医療画像データ流通システムの構築』に関するプロジェクトに参画する。

データ流通が困難とされる医療分野において、医療画像データ流通市場の構築に向けて検証を実施、日本の医療AI分野の発展に取り組む。クリプタクトはシステム・ネットワークの構築およびブロックチェーンを活用したデータ流通を担当する。

ICTやブロックチェーンなどのセキュリティ技術を駆使することで、これまで情報保護(セキュリティ)が不安視されていた医療データの安全運用かつ流通できるシステムを構築。セキュリティの過度な警戒感から病院内で秘匿化される価値あるデータ(医療画像等)を最適化された状態で市場に流通させる。

医療業界で必要なデータの流通システム

研究開発代表者の東京大学医学部附属病院脳神経外科 金 太一 助教によると、東大とクリプタクトが医療データのセキュアな運用にブロックチェーン導入を目指す理由に、医療AIの発展がある。

AI活用が各業界で発展する中で、医療AIは技術発展が遅れている。その理由に、AIがビッグデータを学習し活用するための、教師データの不足があるという。

医療業界では、医療データを医療機関しか持つことが難しいことがあるほか、医療AIに利用する教師データが、「質より量」を必要として情報の誤認性を下げる分野とは異なり、より質の高い教師データを入手し、AIの出力結果の質を向上させる必要がある。

このデータ流通市場が構築されることで、医療業界内に価値ある教師データが流通が可能となり、最適化された医療サービスを受けられる日本の医療技術(AI)の発展に繋がる。データ流通市場にパラダイムシフトを起こすと見ている。

株式会社クリプタクト 代表取締役 斎藤岳氏は、「人工知能含めたテクノロジーの発展を通して、個人がより最適化された医療サービスを受けることを可能とすること」を目指すと語った。

参考資料:クリプタクト、東京大学と医療画像流通システムの構築について連携


画像はShutterstockのライセンス許諾により使用

▶️本日の速報をチェック
お問い合わせ 広告掲載はこちら