CoinPostで今最も読まれています

リップル(XRP)最高値50円台を記録/高騰の理由は?

画像はShutterstockのライセンス許諾により使用

リップル(XRP)が最高値50円台を記録
価格上昇の理由としては、リップル社の技術を活用した日韓国際送金の実験開始と、リップル社David Schwartz氏による大きな企業との提携に関する言及が挙げられます。

リップル(XRP)が本日前日比70%近い上昇を記録しました。

ビットコインなど多くの通貨が最高値を更新し続けていた中、リップル(XRP)は長い間価格を停滞させていました。

多くのニュースに恵まれていた中、思ったような価格上昇が見込めないことから、価格が操られているのでは?などの憶測を生む結果となっていました。

しかし、リップル社にとって2017年は準備の年と捉えることができるほど、その時期に他の仮想通貨、ブロックチェーンスタートアップ企業とは一線を画した企業との提携、またそれに伴って2018年から徐々に実用化プロジェクトが始動し始めることで、多くの投資家を期待させているのも間違いありません

よって価格が停滞している時期でもホールドし、逆に買い増しをされていた方も多いのではないでしょうか。

そのような多くのリップル投資者にとって待ちに待った日、また年が始まったのかもしれません。

では高騰の理由について考察したいと思います。

大きな理由として、2つあるのではないかと思います。

目次
  1. リップル社の技術を活用した日韓国際送金の実験開始
  2. リップル社David Schwartz氏による大きな企業との提携に関する言及

リップル社の技術を活用した日韓国際送金の実験開始

SBIホールディングス傘下のSBI Ripple Asiaを中心として活動する、内外為替一元化コンソーシアムが、先日リップル社技術を利用する準備が整ったことを発表しました。

内外為替一元化コンソーシアムがRippleNetを利用する準備が整った事を発表
次世代送金インフラ整備を目的とし、三井住友銀行やゆうちょ銀行等61行が参加する内外為替一元化コンソーシアムで、RippleNetを使用する準備が整ったことが発表されました。

この発表に続く形で、日韓のブロックチェーン利用国際送金の実験開始が発表されました。

内外為替一元化コンソーシアムについて

2017年7月には参加銀行が61行に及び、三井住友銀行やゆうちょ銀行等メガバンクも参加しているプロジェクトです。

ブロックチェーンや分散台帳技術などの技術を活用することで内国為替と外国為替を一元化、更には24時間リアルタイムでの送金インフラの構築を目標に掲げています。

内外為替一元化コンソーシアムのRCクラウドで構築されているのは、「xCurrent」と呼ばれるシステムです。

三菱東京UFJ銀行、みずほ銀行、りそな銀行を含む日本国内銀行がリップル社の「xCurrent」を通じて「RippleNet」に統合されています。

日韓国際送金

この内外為替一元化コンソーシアムが主導となり、ブロックチェーン技術などを提供する韓国企業、デイリーインテリジェンスと提携し、同企業が韓国側の銀行をとりまとめています。

実験は1月31日まで行われ、実験が成功に終われば来春実際に国際送金に利用される運びです。

この「xCurrent」自体はリップル社が提供するXRPの利用はされないが、この送金でのJPY/KRW為替ペッグを考えて、最終的にはXRPを利用する可能性も言及しています。

「xCurrent」の活用の時点で30%のコストカットや即日送金も可能にしますが、XRPの送金が実現すると、為替と送金の更なるコストカットを可能にするため、60%の削減が可能とのことです。

   

価格上昇に認知度が関係か?

このニュースは本日12月13日の日経新聞の紙面にも掲載された上、リップルの名前が記載されていることで、知名度や投資にも影響が出ている可能性はあります。

最近ではビットコインが新聞に掲載されることが日常的になっていますが、仮想通貨に関する世間の認知度や好奇心が向上していることは間違い無いでしょう。

リップル社David Schwartz氏による大きな企業との提携に関する言及

David Schwartz氏(以下David氏)がこのような発言をしたのは、XRP CHATと呼ばれるリップルに関する情報掲示板です。

David氏は、リップル社のChief Cryptographerであり、度々この掲示板で重要な内容に関して言及し、話題となっている人物です。

※現在は消去されている可能性もあり、情報として確実なものでは無い可能性があることを踏まえて、これらの情報がSNSや海外掲示板で話題になっているので取り上げます。 あくまでも未確定情報となります。ご了承ください。

David氏が記載した内容は以下の2点 (David氏はこの画像の@JoelKatz)

Hoodboss:いつ価格が月に行くぐらい高騰しますか?

JoelKatz:次の金曜日、5PM(PST)です。

Hoodboss:@JoelKatz 今期のXrapidパートナーシップについてです。パートナシップが一社ではないそうですが、何社と提携をするのでしょうか?XRPについては発表があるのでしょうか?

Sunburntsuzy:@JoelKatz 特定の名前を公開できないことは知っています。ですので、注目度の高いパートナーシップがあるのかをお答えできますか?

JoelKatz:名前を発表したいほどの、大きなパートナーシップが二つあります。銀行ではありませんが、よく知られている名前です。

注目の日付は今週金曜日5PM(PST)?

この金曜日5PMという内容は、情報が公開されていないことから多くの憶測を読んでいます。

価格上昇に関しての回答なので、多くの人が注目していることも事実となります。

金曜日5PMは、日本時間土曜日10AMになります。

情報が定かではありませんが、この日時が注目されることは間違い無いでしょう。

※追記

しかし、あるツイッターへの回答で、本人が金曜日5PMはいつムーンするの?という話に対する冗談だという言及もしています。

大きな2つの提携とは?

この二つの大きな提携がどこの会社を意味しているのかわかりませんが、掲示板で議論されている中で、一般投資家の意見を参考に記載します。

多くの企業の中で、注目されていたのはAmazon社とUber社です。

Amazonのマーチャント(商人)は恐らく大いに得するでしょう。数年のAmazon社経験から言うと、キャッシュフローと在庫融資問題のためにセラー(売手)が一週間おきに支払われる点は問題でした。

複数の国で売買をするとなると、さらに問題は悪化します。

Amazon社は何年も海外セラーへの支払いを改善しようとしてきました。

例えば、米国のセラーがヨーロッパに販売した場合、Amazon社口座にあるユーロ売り上げを米国ドルに換えるため多額の手数料が発生します。

XRPはこの問題を解決できる可能性があります。

Amazonの利益の半分はマーチャントによるものですので、市場サイズは巨大です。

もしXRPが流動性を上げ、Amazonマーチャントへの支払いがより頻繁にできるように手数料を下げれば、流通がよくなりマーチャントが再投資し易くなります。

Airbnb社のグローバルペイメントはもちろん、アップルも同じことが言えるでしょう。このように両社にも通貨リスクがあるため、低コストかつ迅速な送金を求めています。

Uber社の赤字(コスト面の負担)を見ると、手数料が低くなる手段があれば、Uberに大変革を起こすでしょう。

リップル(Ripple)ニュースまとめ : 価格変動に関する最新情報を随時更新
仮想通貨リップル(Ripple)のニュースをまとめた特集記事です。価格変動に関わる最新ニュースや取り扱い取引所、ウォレットについての最新情報を更新していきます。
『早割』終了まで
0
0時間
0
0
さらに!! CoinPost読者限定割引コード提供中!
クリックしてコードをコピー
CoinPost App DL
注目・速報 相場分析 動画解説 新着一覧
06/21 金曜日
17:00
コナミやネクソン、企業がアバランチを採用する理由 AVAXの役割と買い方を解説
コナミやネクソンがアバランチを採用する理由を解説。暗号資産(仮想通貨)AVAXの役割や購入方法について詳しく紹介。投資家やユーザーに必見の情報を提供します。
14:00
ソラナDePINのHelium Mobile、機器メーカー向けに技術ライセンス供与を開始
分散型5G通信事業を展開するHelium Mobileは、機器メーカー向けに技術スタックのライセンスプログラムを開始すると発表した。独自ネットワークの拡大により、無線インフラ革命の加速を目指す。
13:15
円安ヘッジなどで30社以上の国内上場企業が仮想通貨を保有、日経報道
米マイクロストラテジーは2020年からインフレヘッジのためにビットコインを買い続けているが、日本企業の場合、進む円安の回避を目的とすることが多いようだ。
12:36
マイナー売り継続の中、ビットコインなど仮想通貨相場は冴えず
暗号資産(仮想通貨)市場ではビットコイン(BTC)が65000ドルを割り込んで2週連続続落している。半減期で資金繰りの悪化したマイナー売り継続が示唆される中、センチメントが悪化し、アルトコイン相場も売り優勢が続く。
11:35
「日本で暗号資産を再定義する必要」自民党木原誠二氏と平将明氏語る
自民党の木原誠二議員と平将明議員は、ビットコインなど仮想通貨を法的に再定義する必要性について話した。
10:20
米地裁、「XRPの個人投資家への販売が証券である可能性排除できず」
米地裁判事はリップル社に対する新たな訴訟を承認。仮想通貨XRPの個人投資家への販売が証券にあたる可能性があるとしている。
09:40
ETF申請企業Bitwise、イーサリアムの動画広告を公開
米国でイーサリアム現物ETFの宣伝競争が開始する可能性があるとの声が、BitwiseがNFT動画広告を公開したことで上がった。動画の内容も明らかになっている。
08:30
マイナー売り継続か、ビットコイン保有量が21年以降の最低水準に 
マイナーの仮想通貨ビットコインの保有量が、21年以降の最低水準にある。今月10日には、OTC取引でマイナーが1,200BTCが売却したことが確認された。
07:35
トランプ氏、ウィンクルボス兄弟から約31 BTCのビットコイン寄付金を獲得
ビットコイン古参勢であるウィンクルボス兄弟は一人ずつ15.47 BTCを寄付し、11月の大統領選でトランプ氏に投票すると宣言した。
06:40
bitFlyer、FTXジャパン買収合意 加納CEO「暗号資産預託事業をコアに」
日本の暗号資産取引所ビットフライヤー(BitFlyer)がFTXジャパンを買収し、カストディ事業を新たなコア事業として展開する方針を示した。加納CEOのコメントと共に、詳細を解説。
06:15
レイヤーゼロの仮想通貨ZRO、バイナンスやBybitに上場
トークンを取得するために、Protocol Guildという組織に寄付することを強制しており、コミュニティから大きな反発を買っている。
05:50
北米初のソラナ現物ETF、3iQがカナダでローンチへ
カナダの大手仮想通貨資産運用会社3iQ Digital Asset Managementは20日、ソラナの現物ETFの仮目論見書を規制当局に提出したと報告した。北米で上場する初のソラナ現物ETFとなることを目指している。
06/20 木曜日
21:35
米マイクロストラテジー、1200億円相当のビットコインを買い増し
今回は、65,883ドルの平均購入価格で11,931 BTCを購入。1200億円に相当する費用は、新たな転換社債の売却によって調達されたものだ。
16:46
グリー初のNFTゲーム『クリプトキャッチ!釣り★スタ』、SUIを扱う国内取引所とコラボキャンペーン開始
グリーは、新作ブロックチェーンゲーム『クリプトキャッチ!釣り★スタ』を全世界配信開始。リリース記念キャンペーンも実施中。暗号資産(仮想通貨)SUIを扱う国内取引所とコラボキャンペーン開始。
16:10
コナミ、NFTソリューション『リセラ』を開放 アバランチ採用
コナミデジタルエンタテインメントはNFTソリューション「リセラ」を公開。Avalanche(アバランチ)を採用し、Web3機能を実装。企業や団体が容易にNFTを発行できる環境を提供。

通貨データ

グローバル情報
一覧
プロジェクト
アナウンス
上場/ペア