仮想通貨Fusion、ウォレットから大量のFSNトークンが不正流出

仮想通貨Fusion不正流出
仮想通貨FSN(フュージョンネットワーク)のトークンスワップウォレットが攻撃を受け、大量のFSNトークンが盗難被害にあったことが判明した。「秘密鍵」の流出が要因で、Fusion Protocolとテクノロジー自体は安全だとしている。

仮想通貨Fusion不正流出

仮想通貨FSN(フュージョンネットワーク)のトークンスワップウォレットが9月28日に攻撃を受け、FSNトークンが盗み出された。Fusion財団が29日に発表した。

約1000万ネイティブFSNと、350万ERC-20FSNトークンが盗まれ、フュージョン財団の調査によれば、現時点でその他に被害を受けたウォレットはないとしている。

また事件後に、盗まれたトークンの一部はホットビットなどの取引所で売買されており、資金洗浄を試みる動きも観測されているようだ。

声明文では、このインシデントの原因は、「スワップウォレットの秘密鍵が盗難された」ことと発表されており、FSNのプロトコル自体には問題がなく、安全である点をフュージョン財団側は強調している。

事件後の動きとしては、FSNトークンはOKEXやBitmax,Citex,HotbitなどでFSNトークンのデポジットや引き出しが確認されている。また、さらなる被害の拡大を防ぐため、すべてのスワップウォレット内の資産はコールドウォレットに移されているとのことだ。

他にも、不審な取引記録を追跡している最中とし、取引所側とも緊密な連携をとり、事態の収拾に取り組んでいるという。さらに、盗まれた資産を取り戻すために技術的なアプローチも行っていることを伝えている。

CoinPostの関連記事

リスクオフ・シグナルの仮想通貨市場、現状打破のための2要素とは|米調査会社レポート
金融調査会社Fundstratが直近の下落相場でのベンチマークを公表。リスクオフシグナルとなるビットコイン・ミゼリー・インデックス(BMI)の値が66%低下する中、打開するための要素に言及した。
証券会社各社、デジタル証券の資金調達(STO)で業界団体立ち上げ 金商法改正受け
北尾吉孝氏が代表取締役会長を務めるSBI証券が主導して、ブロックチェーン技術を応用した資金調達方法「STO=セキュリティトークンオファリング」の業界団体を本日にも立ち上げる。法改正を受け商機とみる。


画像はShutterstockのライセンス許諾により使用

▶️本日の速報をチェック
お問い合わせ 広告掲載はこちら