CoinPostで今最も読まれています

ライトコインがビットコインより有望視されている5つの理由

画像はShutterstockのライセンス許諾により使用

ビットコインではなく、ライトコインという選択
2011年10月ビットコインの問題点を改善し、もっと使いやすい通貨を目指して開発されたLitecoin
Litecoin CEO Charlie Lee の存在
グーグルの親会社のアルファベットで働き、Litecoinを発案、そして、仮想通貨大手取引所Coinbaseの重役としての勤務経験をもちます。
より分散されたProof-of-Workアルゴリズム
GPUマイニングを採用し、誰もライトコインマイニングの市場を独占することが不可能

何が仮想通貨の流行を促しているのだろうか」こちらが2017年、仮想通貨界の一種のテーマになってきました。

多くの疑問点があるにもかかわらず、全体市場のあらゆる仮想通貨の価値は総合として、2016年12月31日から2017年12月20日かけての17.7億ドル(198億円)から635億ドル(7兆1120億円)までの上昇を記録しました。

1年未満での価値上昇率は、ほぼ3500%です。

何が仮想通貨の流行を促しているのか?

仮想通貨の価値を全体的にあげてきたとされる様々な要因があります。

一番の要因は、ブロックチェーンテクノロジーの出現です。

ブロックチェーンを仮想通貨の価値が増築された社会基盤だと考えてみてください。

ブロックチェーンは、全ての取引を第三者抜きで記録できるデジタルかつ分散型台帳です。

ブロックチェーンを現在のデータベースと対照的に使うことは、より安定したネットワークで、迅速かつ安い取引を行うことができるようになるかもしれません。

感情も重要な役割を果たしました。

今までは、機関投資家がほとんど傍観の立場としているため、個人投資家が上昇傾向にある仮想通貨の責任を負っていました。

一部の投資家の中でも投資経験の少ない投資家は、大きな利益を失う恐れにとらわれています。

これらの感情が入り混じることで、仮想通貨の価値がさらに高まっています。

仮想通貨の使用増進も変化を促す要因です。

使用増進を助長するためにビットコインは、 2014年のブランド商法と伴い、無事に新しいディーラーをこのネットワークに追加しました。

より仮想通貨を受け入れるディーラーが増えることで、これらのトークンを使い、物やサービスを買う有用性も上昇してきました。

最後に、将来に関する前向きなニュースが景気循環をもたらしている状況は確実に手助けとなりました。

例えば、CMEグループとCBOEグローバルマーケットがビットコイン先物取引を始めた一方で、日本が今年の初めにビットコインを合法的な入札の形態として取り入れました。

これらの出来事は、仮想通貨を持つ有用性を増進させ、新たな資産体系となりました。

ライトコインという選択

ビットコインはさておき:ライトコインがより良い選択であるようです。

しかし、前述の要因から言えるように、多くのことはビットコインが関係しています。ビットコインは、仮想通貨全体の45%を占め、平均ドル価値で世界で最も多くの取引がなされ、当然ながらに投資家の関心を一番に受けているからです。

このことにより 十分な投資機会を作らないともされています。

その代わりに、私が紹介したい仮想通貨は、2011年10月ビットコインの問題点を改善し、もっと使いやすい通貨を目指して開発されたライトコインです。

実際ライトコインを選ぶことは、ビットコインとライトコインの2つを比べたときに、今後期待される投資家にとってはより望ましい選択です。

ビットコインとライトコインはいくつかの類似点があります。

両方のデジタル通貨は、使われる主要な目的をPeer-to-Peer支払いの促進剤とすることとし、上限発行枚数を決めました(上限発行枚数:ビットコインは21万ビットコイン、ライトコインは84万ライトコイン)。

それにもかかわらず、ライトコインが長期的な目で見ると、ビットコインを上回る5つの理由を提示します。

1. Charlie Lee (以下 リー氏)は完全にライトコインに献身的

2011年、リー氏はグーグルの親会社のアルファベットで働く一方で、ライトコイン企画を作り上げました。

最近までリー氏は、長年にわたり仮想通貨大手取引所Coinbaseで働いていました。

2017の6月、リー氏はCoinbaseの仕事を離れ、ライトコイン促進の場でフルタイムとして働くことを発表しました。

リー氏は、ライトコインを主流に持ってくる目標を掲げ、ディーラーや取引のライトコイン計画に関して全て公開しています。

つまりライトコインに極めて夢中な表立った創立者がいることは、ビットコインと比べ、明確な利点をライトコインに与えます。

またリー氏は、自分の発言力が強くなったことを受け、価格を操っていると言われない様に自らが保有するLTCを売却し、LTCの開発に専念することを明言しています。

ライトコイン創業者が利害対立を避けるために保有LTCを全て手放す
ライトコイン創業者のCharlie Lee氏は自身が所有する全てのライトコインを手放しました。SNSを使い価格操作を行っているという疑いをかけられていたため、こういった利害対立を避ける目的で全てのLTCを売ったとのことです。

2. ライトコインはSegWit向上を実現

2つのコインにおけるもう一つの違いは、リー氏がCoinbase重役の仕事を辞める大きな動機にもなりました。

それは、5月のSegWitブロックチェーンの完了です。

ビットコインより優るライトコインのSegWitは、ブロックチェーンの可能性の高める手助けとなりました。

その一方で、取引決算時間の能率を促進させ、取引コストの削減をしました。

もしビットコインのブロックチェーンに関する苦情が継続的なものなのであれば、それは取引コストもしくは決算時間が懸念されます。

ライトコインは、その点において現在のところは優れています。

3. より分散されたProof-of-Workアルゴリズム

ライトコインも、Proof-of-Workアルゴリズムに関しては非常に異なる方針をとってきました。

プルーフ・オブ・ワークとは、投機者が高性能コンピューターを使うことによって、ネットワーク上の取引の正当性を認めるために複雑な方程式を解く過程のことです。

YourStory.comで述べられたように、ビットコインマイニングは、非常にプロセッサー負担が大きいものです。

その一方で、ライトコインはメモリ集約的です。

簡単に言えば、ビットコインマイニングは、専門的(費用がかかる)かつ、高い処理能力を有する特定のマイニングによってしかできません、一方で、ライトコインマイニングはより少ないコストのGPUマイニングでできます。

GPU基盤のマイニングを許可することで、より多くの投機者を巻き込み、保証することが奨励されます。

そのおかげで、大手のマイナー集団がライトコインマイニングの市場を独占することが不可能に近くなります。 ビットコインに関しては、一握りの大きなマイニンググループに独占に近い形でマイニングされている現状があることが懸念されています。

要するに、ビットコインよりもさらに分散化されたネットワークなのです。

4. より早いブロック処理率

一つ前の要因として構築したライトコインネットワークは、ブロックをビットコインよりもはるかに早い速度で処理します。

ライトコインはブロックを2分30秒ごとに処理する一方で、ビットコインは、ブロックを10分に一度の速度で処理します。

従って、ライトコインは、より早く投機者に報酬をもたらします。4倍速の進歩は、ライトコインがビットコインネットワークよりもより多くの容量を処理するだけでなく、取引過程をも迅速に行うことを可能にしました。

5. 大多数のルール

最後に、投資家は、ライトコインの好む大多数のルールがうまく働くよう圧力をかけることができます。

心理的には、ライトコインが17.4億ドルから2倍の35億ドルに倍増する方が、ビットコインが281億ドルから562億ドルに倍増するよりも簡単に倍増するだろう。

投資家は率先して「次なるビッコイン」を探し求めていて、その多くはライトコインを通して発見されました。

筆者から読者へのメッセージ

私がビットコインよりもライトコインを支持していることが明らかな一方で、急激な動きが高まるにつれ仮想通貨への投資の潜在的な危険性を認識することも重要です。

例えば、規制や法整備の環境は世界中のたくさんの国々で未だ解決されていません。

もちろん日本はビットコインを受け入れました。しかし、私たちは中国などが最初の仮想通貨提供を取り締まるのを目の当たりにしました。

中国に関しては、かたくなに自国の仮想通貨取引を認めません。

政府は、ビットコインやライトコインを外様の立場に置き、デジタル通貨を非合法化すること、もしくは政府の支援を受けた仮想通貨を作り上げるができます。

仮想通貨の使用を始めるのは簡単そうですが、その分競争が激しいことも指摘すべきです。

メディア露出によるビットコインとライトコインの価値は否定できません。しかしながら、私たちは、50から100の仮想通貨と、それに加えてブロックチェーンテクノロジーが毎月市場に投入されていることを目の当たりにしています。

端的に言って、ビットコインやライトコインが長期的にディーラーのための仮想通貨として残り続けるという保証はありません。

ずる賢い投資家が利益を得るためにいかに新技術に対して過大評価してしまうことを忘れてはいけません。

人間のゲノムの読み取りから3D印刷まで、投資家は新技術が素早く統合することを期待する傾向にある長い歴史を持っています。

実際には、新技術を取り入れることは、何年も、時には10年の年月がかかることがあります。

ブロックチェーンや仮想通貨を迅速に取り入れることへの欠如は、めまぐるしい 変動を仮想通貨において引き起こす可能性があります。

つまり、ライトコインはビットコインを上回るはずである一方で、今のところは健全投資としての要素もないと私は思います。

5 Reasons Litecoin Is a Better Choice Than Bitcoin

Dec 24, 2017 by Sean Williams

参考記事はこちらから

CoinPostの考察

CoinPostではライトコインの数々の分析記事を公開しております。こちらも参考に読んでみてください。

ライトコイン創業者が利害対立を避けるために保有LTCを全て手放す
ライトコイン創業者のCharlie Lee氏は自身が所有する全てのライトコインを手放しました。SNSを使い価格操作を行っているという疑いをかけられていたため、こういった利害対立を避ける目的で全てのLTCを売ったとのことです。
ライトコインの売り時は2018年?それとも2017年末?
ライトコインは仮想通貨全体でも時価総額で7位になるなど、非常に良いパフォーマンスをあげたが、2018年中には、その優位性も失われ、ビットコイン・キャッシュに押され始め、勢いが失速、または、下降トレンドに転換されてしまうのではないかと危惧されています。
ライトコインニュース一覧
『超早割』終了まで
0
0時間
0
0
さらに!! CoinPost読者限定割引コード提供中!
クリックしてコードをコピー
CoinPost App DL
注目・速報 相場分析 動画解説 新着一覧
06/13 木曜日
18:07
シバイヌ(SHIB)のDeFi市場の利便性が拡大、ShibaSwapの進化
時価総額でトップ2のミームコイン、暗号資産(仮想通貨)シバイヌ(SHIB)エコシステムのDeFi市場が拡大中。ShibaSwap 2.0のアップグレードとShibarium対応により、取引手数料の削減やスケーラビリティの向上が期待される。
17:24
「BEER」前日比76%急落、一部回復もミームコイン市場のリスクが浮き彫りに
暗号資産(仮想通貨)のミームコイン「ビアコイン(BEER)」が13日に一時76%急落した。その後一時反発するも、ミームコイン市場のリスクが再び浮き彫りとなっている。
16:26
2024年注目の暗号資産アプトス(APT)の買い方とおすすめ取引所
アプトス(APT)の特徴や将来性、リスクを詳しく解説し、投資対象としての暗号資産(仮想通貨)APTの買い方を紹介します。おすすめの取引所の口座開設、注文方法も掲載。
16:26
取引所の貸暗号資産サービスを徹底比較 より高利回りを狙う方法
ビットコインなど長期保有する暗号資産(仮想通貨)を貸し出し、利息を受け取る投資法であるレンディングサービス。仮想通貨取引所ごとにどのようなサービスがあるのか、主な特徴とメリットについて解説。
15:25
テラフォームラボ、米SECと44億7000万ドルの和解へ
暗号資産(仮想通貨)開発会社テラフォームラボは、2022年に崩壊したアルゴリズム型ステーブルコイン「TerraUSD(UST)」に関する詐欺行為で米SECと44億7000万ドルの和解に達した。
11:50
AIと仮想通貨の相乗効果で世界GDPに20兆ドル上乗せの可能性=Bitwise
Bitwiseのアナリストは、人工知能とビットコインなど仮想通貨の相乗効果により世界GDPに20兆ドルが追加される可能性を指摘した。
11:15
エアドロップの総額、24年の現時点で40億ドル相当
今年エアドロップされた仮想通貨の合計額は現時点で、およそ40億ドルに上ることがわかった。金額が大きいプロジェクトなどをThe Blockが報じている。
10:15
中国の習近平主席、ブロックチェーン「Conflux Network」開発者を称賛
中国の習近平国家主席はL1ブロックチェーン「Conflux Network」の主任研究員であるヤオ氏に称賛の手紙を送った。
09:35
テレグラムの「タップして稼ぐ」ゲームPixelverse、8.6億円調達
テレグラム上で稼働するTONブロックチェーン基盤の「タップして稼ぐ(tap-to-earn)」ゲーム Pixelverseは、事業拡大のために550万ドルを調達した。Notcoinが5月に大型のトークンエアドロップを実施し、テレグラムtap-to-earnゲームへの需要を大きく高めている。
08:05
バイデン米大統領も選挙キャンペーンで仮想通貨寄付の受け付けを検討か
ジョー・バイデン米大統領の選挙キャンペーンチームは、コインベース・コマースを通じて仮想通貨による寄付を受け入れることを検討しているようだ。
08:00
Glassnode、BTC価格と現物ETFの関係を分析
仮想通貨ビットコインの価格上昇には現物ETFの純粋な買い需要が必要な可能性があるとGlassnodeが分析。同様の見方は市場関係者からも上がっている。
07:30
メタマスク、イーサリアムの少額ステーキング機能をリリース
これまで、イーサリアムブロックチェーンで最低限必要とされる32ETH(1,780万円)以上を持っているユーザーだけが、Consensys社が運営するバリデータにネイティブにステークすることができたが、新機能では少額でもステーキングが可能となった。
07:05
ソラナラボ、顧客ロイヤルティ「Bond」を発表
Solana Labs社は、ブロックチェーン上で顧客ロイヤルティプログラムの立ち上げを検討している企業向けに、専用プラットフォーム「Bond」をローンチした。
06:15
ビットコイン反落、CPI鈍化もFRBが年内1回の利下げを示唆
仮想通貨ビットコインは12日夜発表の米5月CPIの弱いデータを受け、一時7万ドル手前まで急騰したが、13日早朝のFOMCでの今年の利下げ回数に関する予想を受け売られ再び68,000ドル台に落ち込んだ。
06/12 水曜日
18:42
OP Mainnet、ステージ1にランクアップ - Fault Proof実装でL2をリード
OP Mainnetがステージ1に到達し、Fault Proofを実装してセキュリティを強化しました。イーサリアムL2の中でもステージ2獲得に向けて一歩リードしている状況

通貨データ

グローバル情報
一覧
プロジェクト
アナウンス
上場/ペア