CoinPostで今最も読まれています

【前編】ビットコインがUSDに取って代わる外国為替媒介通貨として注目か/企業ブロックチェーンの可能性

画像はShutterstockのライセンス許諾により使用

ビットコインが為替媒介通貨に?
ビットコインは世界で価値を持つ、為替媒介通貨として注目されており、アメリカという大きな国家が仲介に入る経済体制を変えることができる可能性があります
三大中央銀行がブロックチェーンを用いた通貨発行
イングランド銀行の調査部門は、2015年から仮想通貨に関して研究を行っており、現在独自仮想通貨の発行のための研究報告書の作成に取り組んでいると発表

ビットコインや仮想通貨とブロックチェーンはよく比べられますが、どちらもゲームチェンジャーになり得る存在であると考えています。

2018年はビットコインや仮想通貨と企業ブロックチェーン両方にとって成長が見込める年だと思います。

ビットコインはトランザクション処理能力が問題ではあるもののセキュリティの高さは来年も引き続き証明され、その決済方法を採用する企業が増え、そしてビットコインの既存の金融事情からの脱却にも成功するかもしれません。

企業ブロックチェーンは生み出されたアプリケーションにおいてより広く採用されるでしょう。

ビットコインが為替媒介通貨に

2018年、ビットコインは多国籍企業のB2B外国為替決済として利用されることが増えるかもしれません。

これには、価格入札スプレッドが狭くなり続け、流動性が常に$5,000,000,000を超え多状態で、そして新規参入企業が流動性提供企業と関係が深くなることに依存しています。

(これにより企業は直接投資せずとも国際決済取引にビットコインを利用できるようになります。つまりビットコインを非流動性通貨の外国為替媒介通貨として使えるようになります。)

現在は米ドルが世界の外国為替取引の仲介に入ることで、世界の流通や国際送金を主導しています

ビットコインはこのような世界で価値を持つ、為替媒介通貨として注目されており、アメリカという大きな国家が仲介に入る経済体制を変えることができる可能性があります。

中国もこのようなチャンスを逃さないため、仮想通貨を取引を禁止している一方で、ブロックチェーンの研究を行い、為替媒介通貨の立ち位置を狙っていると言われています。

中国が仮想通貨の規制をして、裏では自国での仮想通貨発行を推し進めている理由とは?
中国はブロックチェーン技術など最新の技術を用いて国際的経済国家の先頭に立とうとしています。しかしICOやビットコインの規制など、今の閉鎖的な社会の体勢をのままだとそれは叶わないでしょう。

企業はビットコインを主に未発達金融システムをもつ市場の決済オプションとして利用するでしょう。

企業の需要が持続可能であることの前兆現象は、外国為替取引デスクがビットコインノンデリバラブル・フォワード(NDFs)でマーケットメークし始めたときでしょう。

※ノンデリバラブル・フォワード(NDF)は、先渡取引(forward)または先物取引(futures)のうち、実物や実際の外貨の受渡しを行うのではなく、両当事者が取引時に決定したNDF価格と決済期日における実勢直物価格の差額を想定元本に乗じた額を決済することを指す。

それが始まったとき(もしかすると2年以内)、Jamie Dimon(ダイモン氏)は自身が「ビットコインは詐欺だ」と言及した誤りを認め、企業顧客にJPMorganの外国為替デスクを通した決済を行うよう促進するでしょう。

そしてそれはビットコイン関係の外国為替取引において最も活発なマーケットメーカーのひとつとなるでしょう。

主流金融市場の異常に気づきはじめる人が増えれば、それだけ仮想通貨に目を向けるユーザーも増えます。

例えば、連邦準備制度理事会の最新Z.1レポートによると、2017年9月期の米国世帯純資産は7.2兆ドル(約812兆円)増加し、96.9兆ドル(約1京1千兆円)となりました。

これはつまり米国経済が(現在国民が収入をほとんど消費し、貯金もまともにしていないという状況下でも)年間収入(GDP)の約40%に当たる財産が増えたことを意味しています。これは奇跡としか考えられません!

経済把握で重要な覚えておくべき事項:

価格は分数です。価格の上昇は分子(その資産に流入しているお金の量)の増加、もしくは分母の減少(市場に出ている通貨の枚数減少、中央銀行が市場に出ている法定通貨を回収するときも同じ)によって起きます。

では、金融市場が上昇しているのは我々が金持ちになっていっているからでしょうか?それとも中央銀行が財産価格のインフレを誘導しているからでしょうか?となると数量制約された仮想通貨は安全な代用品なのでしょうか?これは時がたてばわかります。

金融市場の問題に気づき始める人が増え、仮想通貨にアドバンテージを感じる人が多くなると思います。

2018年、三大中央銀行の一つがブロックチェーンを用いた通貨発行の準備を進めていることを発表します。

「三大」とは、大半の複数国間外国為替取引が行われている三大「スーパーリージョナル」中央銀行(連邦準備制度理事会、イングランド銀行、および日本銀行)のことです。

連邦準備制度理事会は時代遅れですが、イングランド銀行または日本銀行のどちらかが2018年、法制度の元、企業が利用できるよう、通貨をトークン化するでしょう。

企業バランスシート上に眠っている数千億にも及ぶ資産を自由にするということで、世界中の企業財務担当者はこれら「ビッグ・スリー」通貨のうち一つ(または二つ)を利用した即日外国為替取引を待ち望んでいるでしょう。

またイングランド銀行の調査部門は、2015年から仮想通貨に関して研究を行っており、現在独自仮想通貨の発行のための研究報告書の作成に取り組んでいると発表しています

しかしいくらビットコインの強みが多いとしても、企業ブロックチェーンの前進が2018年内にビットコインを追い越すと思います。

事実を正直に受け入れましょう。企業ブロックチェーンの前進は遅いですが、ビットコインは時には破壊をもたらす可能性も秘めています。

私は2018年、分岐点となるような出来事が起こると思います。

企業ブロックチェーンプラットフォームが情報セキュリティ管理最高責任者(CISO)の審査を通り、メジャーな金融機関のファイアーウォール内に展開されるかもしれません。

Bitcoin or Blockchain? Bet That Both Will Thrive In 2018

Dec. 29, 2017 by Caitlin Long

参考記事はこちらから

後編はこちら↓

【後編】ビットコインがUSDに取って代わる外国為替媒介通貨として注目か/企業ブロックチェーンの可能性
2018年はブロックチェーン業界に大手企業が本格参入すると予想され、また三大中央銀行(連邦準備制度理事会、イングランド銀行、および日本銀行)の内の一つがブロックチェーンを用いた通貨発行の準備の発表をするのでは、とも予想されています。
コメントしてBTCを貰おう
注目・速報 相場分析 動画解説 新着一覧
11/27 日曜日
17:00
仮想通貨市場も注目のCPIとは
仮想通貨市場に影響を与えることが増えてきたCPI(消費者物価指数)について、概要や日米の違いなどをわかりやすく解説。
13:00
仮想通貨よりも有利に、株投資で賢く「節税」する方法
世界的な景気悪化・インフレ局面のいま株投資をするなら、利益を上げるだけでなく効果的な節税によって利益を守ることも重要です。本記事では、株投資について発生する税金の基本から、具体的な節税方法まで詳しく見ていきましょう。
11:30
FOMC議事要旨でBTC底堅く推移、今後も米経済指標に注目を|bitbankアナリスト寄稿
国内大手取引所bitbankのアナリストが、比較的堅調だった今週のビットコインチャートを図解し今後の展望を読み解く。ビットコイン・オンチェーンデータも掲載。
11:00
週刊ニュース|加納JBA代表理事の税制改正要望提出に注目集まる
今週は、加納JBA代表理事が税制改正要望を提出したニュースが最も多く読まれた。このほか、仮想通貨ウォレット「メタマスク」のユーザーデータ取得に関する記事など、一週間分の情報をお届けする。
11/26 土曜日
16:35
MakerDAO、renBTCをDAI担保から除外
MakerDAOでステーブルコインDAIの担保資産からrenBTCを除外する提案がコミュニティ投票により可決された。
14:00
米マイクロストラテジー、BTC担保融資の清算ラインは?
米上場企業として仮想通貨ビットコインを最も保有しているMicroStrategy社の財務状況について、The Block Researchが分析レポートを公開した。
13:00
米規制機関、Genesis Capitalを調査か
仮想通貨レンディングサービスを提供するジェネシスキャピタルは、証券法違反などについて米国の規制機関から調査を受けている。同社はFTX破綻の影響を受けて選択肢を模索しているところだ。
10:30
米SECに書簡提出した議員ら、FTXから寄付金受け取り
米証券取引委員会に対して仮想通貨企業への過度な調査を批判する書簡を提出した議員らは、FTXから寄付金を受けていた。政治と企業の癒着という観点からFTX破綻を見る向きもある。
09:45
Ardana Labs、カルダノのステーブルコイン開発停止へ
カルダノ(ADA)基盤のステーブルコインの一つを開発してきた「Ardana Labs」が、資金調達とプロジェクトのタイムラインの不確実性を理由にプロジェクト停止を発表した。
07:50
バイナンス、16通貨ペアを廃止へ
仮想通貨取引所バイナンスは16の通貨ペアの提供を廃止する予定だ。セラムやネムが含まれた。
07:35
バイナンス、資産証明はビットコインから開始
仮想通貨取引所バイナンスは、資産証明システムをリリースする計画を新たに発表。ビットコインからリリースを開始し、今後数週間でイーサリアムなど他の銘柄も追加していく。
07:00
感謝祭明けNYダウ続伸 DOGECOINなども上昇
今日のニューヨークダウ平均は3日続伸。来週はパウエルFRB議長の講演などがある。仮想通貨市場ではDOGECOINが大幅上昇した。
11/25 金曜日
17:09
金融庁、DeFi(分散型金融)の実態調査へ
金融庁はDeFi(分散型金融)に関する実態調査に向けた、企画競争入札の公告を行った。要領等の交付を希望する者は、Eメールを通して参加申込みを申請する必要がある。
16:38
DCG、グループ内融資でビットコイン投信を取得
米仮想通貨コングロマリットのデジタル・カレンシー・グループ(DCG)社が、子会社ジェネシス・キャピタルからのローンで、投資信託「グレースケール・ビットコイン・トラスト(GBTC)」を購入していたことが明らかになった。
14:00
海外取引所XT.com、Trillant(TRI)上場
海外仮想通貨取引所XT.comはTrillantのバリュートークンであるTRIの取り扱いを開始。テザー(USDT)建ペアが取引可能となる。

通貨データ

グローバル情報
一覧
プロジェクト
アナウンス
上場/ペア
イベント情報
一覧
2022/10/14 ~ 2022/12/31
東京 東京都渋谷区宇田川町
2022/11/29 19:00 ~ 21:00
東京 東京都港区六本木
2022/12/09 19:00 ~ 21:00
その他 東京都中央区日本橋茅場町/オンライン
2022/12/10 13:00 ~ 17:30
その他 オンライン / オフライン会場(詳細はホームページをご確認ください)
重要指標
一覧
新着指標
一覧