CryptoCompareの最新取引所ランキング、バイナンスがTop10陥落 その理由は?

バイナンスが取引所ランキングTop10から陥落

仮想通貨リサーチ企業CryptoCompareが、セキュリティや信頼性など複合的な評価を基準とした取引所のランキングを改訂。ランキング結果から、世界最大の取引量を誇る取引所のバイナンスがトップ10から陥落したことがわかった。

今回リリースされた新たなランキングによると、同ランキングの順位は1位から順に上位3取引所にはGemini、Paxos、itBitが。4位以下には、Coinbase、Kraken、Bitstamp、Liquid、OKEx、Poloniex、bitFlyer、Bitfinexが続く。

今年6月に初めてリリースされたCryptoCompareの取引所ランキングではバイナンスが8位にあったが、現在は12位だ。

CryptoCompareの共同創立者兼CEOであるCharles Hayterは、バイナンスがトップ10から省かれた理由について、「バイナンスは最近ハッキングされ、セキュリティカテゴリで大きく評価を下げたため、取引所ランクを下げた。」とThe Blockに語った。

今年5月、バイナンスは歴史上6番目に大きなハッキングに苦しんだ。このハッキングでは、7,070ビットコイン(当時で4100万ドル相当)が盗まれた。しかし、取引所が盗まれた資金を全てカバーするために緊急保険基金であるSAFUを使用したため、ユーザーは影響を受けなかった。

同氏はまた、CryptoCompareは取引量水増しなどの不当な操作に対処するべく、ランキングを決める分析では集計取引高に依存せずにいくつかの定性的および定量的指標に基づいてランキングを決定していると述べた。

160を超える取引所の分析

今回CryptoCompareで更新されたランキングには、160を超えるアクティブな取引所が含まれており、初回のランキング発表時の100社から比較してランク付けされる取引所が大幅に増えた。Hayter氏が述べたように、新たに「セキュリティ」カテゴリと、フラッシュクラッシュ、顧客情報漏洩、異常な清算イベントなどのイベントをカバーする「ネガティブレポート」カテゴリも合わせて評価の一つとして追加されたという。

改訂されたランキングによると、ユーザー資産を保管するために安全な保管プロバイダーを使用しているのは取引所の8%のみであり、ハッキングが発生した場合に第三者の保険を提供している取引所は4%にも及ばない。具体的には、Bitstamp、itBit、Coinone、Geminiが保管プロバイダーの利用をしており、GeminiとIndependent Reserveが第三者保険を提供していることが確認されている。

「セキュリティはGeminiの主要な柱であり、顧客の仮想通貨を保護することはお金の未来を築く上での優先事項だ」とGeminiのオペレーション担当役員であるJeanine Hightower-Sellitto氏が述べているように、Geminiは高いセキュリティ生を評価されランキングの1位の座を占めた。

なお、ランキングでは最上位の取引所(グレードAA-B)はグローバルボリュームの33%を占め、下位の交換(グレードC-E)はグローバルボリュームの67%を占めている。


画像はShutterstockのライセンス許諾により使用

THE BLOCK とは

Cryptoにおける”最初で最後の言葉”であること。
The BlockはCryptoにおける最高クオリティで最重要のシグナルをお届けします。日々、Website、Newsletter、Podcast、イベントを通じて、業界で最も影響力のある人々にリーチしています。

▶️本日の速報をチェック
お問い合わせ 広告掲載はこちら