ビットコインは2020年に再び10000ドルへ:ブルームバーグ仮想通貨研究報告書

ビットコイン(BTC)、来年再び1万ドルへ

ブルームバーグが最新のビットコイン研究報告書を公開、2020年に向けて再び1万ドル水準に再び達するとの予想を展開した。

直近安値の6500ドル帯で強いサポートラインを形成したことを根拠に、「2020年は2019の最高値付近まで再び上昇していくだろう」とコメントした。

 

6500ドルの重要性については、「2018年6月のレンジ相場以来、この価格帯が、価格帯別出来高におけるベルカーブ(ガウス分布の分布曲線の通称)の頂点として最も取引されている。」と説明。今後、この下値支持線を割り込まずに推移することができれば、下落相場の終結を意味すると指摘。最終デッドラインとして、攻防の要だとしている。

ビットコイン(BTC)価格は、今年5月と11月に計2回に渡って6500ドル台に到達しているが、その後大きく反発を見せた。

出典:Bloomberg

売られすぎ水準

現在の仮想通貨市場については、フィボナッチリトレースメントとボリンジャーバンドを用いて「売られすぎ水準」と分析。

フィボナッチリトレースメントの指標では、年初来最高値の約14000ドルからすでに50%安水準にあり、一定の反転ポイントになり得るとしたほか、20週ボリンジャーバンドを見る限り、相場の底値を迎えた可能性があると指摘している。

出典:Bloomberg

マクロ的要素

マクロ的要素でのプラス面については、米中貿易戦争をはじめ、中国経済の低迷、香港暴動、人民元の価値低下を取り上げた上、世界的な経済不安は、通貨の多様化を促すインセンティブになると指摘。

年初からの統計では、ビットコインとゴールド(金)の価値に一定の相関性が見られたことも挙げられるが、ビットコインの限定的な供給量について高く評価した。この点が、一部の仮想通貨と差別化を図っており、BTCの普及を促進し続けていると理由にあるとする。

また、デリバティブ市場を中心に仮想通貨の投資・投機市場が拡大している点や、テザー(USDT)とBTCのペアが確立している点についても注目ポイントに。

テザーに関しては、Bitfinexの資金問題で信頼性が揺れているものの、今年4月にNYAGが不正資金利用に対する発令を行なった際にも、ビットコインが5,000ドルラインを維持できたことは、USDTに対する依存度・投資家の信頼度が思った以上に高い証拠との考えを示した。

出典:Bloomberg

参考:Bloomberg

CoinPostの注目記事

出来高1位の中国OKEx、仮想通貨XRPやLTC含む新規デリバティブ取引を提供開始
中華系大手仮想通貨取引所OKExは複数のデリバティブ取引を新規に取り扱う。アルトコインのUSDT建の先物取引を開始するほか、USDT建ての永久スワップ取引を正式ローンチする。
仮想通貨市場に影響を及ぼす「重要ファンダ」一覧表|ビットコイン、リップルなど【3/7更新】
ビットコイン(BTC)やリップル(XRP)など、仮想通貨市場に影響を与え得る重要ファンダ一覧はこちら。あらかじめイベントをチェックしておくことで、トレードの投資判断に役立てることができる。


画像はShutterstockのライセンス許諾により使用
「仮想通貨」とは「暗号資産」のことを指します