アジア初のビットコイン(BTC)投資信託ローンチへ|管理機関は米コインベース

アジア初のBTC投資信託ローンチ

香港拠点の資産運用会社IDEG Investmentは、計200億円規模の新たなビットコイン(BTC)投資信託、Asia Bitcoin Trust IとAtlas Mining Trust Iをローンチした。

Asia Bitcoin Trustは、既存の金融商品であるグレースケールビットコイントラスト(GBTC)のような受動的なサービスではなく、「ヘッジおよびアービトラージ(裁定取引)戦略」を適用して投資家のリターンを追求し、「ドローダウン(最大資産からの損失率)リスクを効果的にコントロールできる」としている。

Atlas Mining Trustは、大手参入による競争激化でBTCマイニング事業に係るハードウェア、インフラストラクチャ、および電力コストが最適化され、年間収益40〜80億ドル(4300〜8700億円)を試算するなか、IDEG Investmentの高収益率を元に、ビットコインマイニングの活動利益に参加・共有できる投資手段の一つとして提供する。

今回のローンチに伴い、DEGの創設者であるレイモンド・ユアンは、「機関投資家が、ポートフォリオにデジタル資産を含める時機が訪れた」と強調した。

カストディアンは米コインベース

今回ローンチされる投資信託の資産管理は、900,000BTC(約7200億円相当)を保有する世界最大の仮想通貨資産管理会社Coinbase Custodyが行うほか、信託管理などを行う受託者は、アジアに1000社以上の顧客基盤を有する大手信託会社Profound Trust Companyが請け負う。

Profound TrustのLu Qi CEOは、投資信託需要について、「ますます多くの機関投資家、あるいは適格投資家が、仮想通貨市場へのエクスポージャー(PFにおけるリスク志向)を求めており、最高水準の”コンプライアンス、セキュリティ、プロフェッショナリズム”が必要だと述べた。

アジア版グレースケール投資信託

ビットコイン(BTC)の投資信託といえば、米ニューヨークに拠点を置くデジタル・カレンシー・グループ社の子会社グレースケール・インベストメントが挙げられる。

提供する投資信託ビットコイン・インベストメント・トラスト(GBTC)は、適格投資家向けの投資信託。ビットコイン(BTC)価格に連動する世界初の投資信託で、OTC市場にて有価証券形式で取引可能となる。

証券会社大手のチャールズ・シュワブの調査によれば、2013年にローンチしたGBTCは、米国のミレニアル世代が保有する株式トップ5にランクイン。今年9月まで、直近1年間の累積流入額は、3億4440万ドル(約370億円)に及んだ。


画像はShutterstockのライセンス許諾により使用

THE BLOCK とは

Cryptoにおける”最初で最後の言葉”であること。
The BlockはCryptoにおける最高クオリティで最重要のシグナルをお届けします。日々、Website、Newsletter、Podcast、イベントを通じて、業界で最も影響力のある人々にリーチしています。

▶️本日の速報をチェック
お問い合わせ 広告掲載はこちら