中国、暗号法を正式に施行 ブロックチェーンやデジタル人民元で法的基盤

デジタル人民元にも法的基盤を提供

中国政府が、2020年1月1日より暗号法(密码法)を施行した。

主にブロックチェーンテクノロジーの成長発展や、中国の中央政府発行仮想通貨(CBDC)デジタル人民元の発行計画にも法的基盤を提供するものと考えられる法案で、中国は2020年以降のブロックチェーン活用に新たな一歩を踏み出す。

この法律上で「暗号」は、「情報に対して特定の変換を加えることで、暗号化して保護され、安全が認証された技術、商品、サービスを指す」と定義された。

三種類の暗号

暗号法は2019年10月に可決されていたもの。暗号は「核心暗号」「一般暗号」「商用暗号」の3つに分けられている。

「核心暗号」と「一般暗号」は共に、国家の機密情報を守るための暗号で、「核心暗号」の方が機密度が高い極秘情報を守るものだ。

この二つは安全保障にも大きく関わるため、中国政府が厳格に管理することになる。

一方の「商用暗号」は国家機密以外の情報を守る目的で、政府や一般企業などの提供する情報インフラを保護するものとなる。この暗号については、特に、ブロックチェーンも含む、暗号に関連する産業の発展を奨励することに重きが置かれている。

中国政府は仮想通貨取引を禁止している一方で、ブロックチェーン産業を国家の中核事業と位置づけて促進していくことを決めており、特にデジタル人民元の発行計画は海外からも注目されている。

尚、今回の法律は大枠を定めるものであり、具体的な運用については、別途細則で規定される見込みだ。

個人のパスワードまで政府が管理する規定はない

また、ネット上では「暗号法」施行を巡って、「個人のパスワードも含むすべてが中国政府の検閲を受けることになる」のではないかという憶測も飛び交っていたが、条文の規定内容のほか、有識者らもこの内容を否定している。

確かに、中国政府の国家機密情報を保護する「核心暗号」と「一般暗号」は政府が厳重に管理することになっているが、一般企業や政府の各種サービス部門が提供する一般情報インフラについては「商用暗号」となり、「商用暗号」の研究や生産、販売などにおいては「国家の安全保障、公共利益、他人の合法的な権利を侵害してはならない」としているのみ記載している。

また、商業暗号を使った事業を行う際には、関連法律や、国家の定める技術的な基準を守らなければならないとも付け加えている。「商用暗号」については、政府が技術的基準や規則を定めるものの、個人のパスワードまで直接管理することになるという記述は見当たらない。

「核心暗号」「一般暗号」と「商用暗号」を混同させたために、拡散した情報かと考えられる。


画像はShutterstockのライセンス許諾により使用