CoinPostで今最も読まれています

「仮想通貨ビットコイン半減期に関する2つの観点」 コインベースによる考察

画像はShutterstockのライセンス許諾により使用

コインベース、半減期についての考察を発表

2020年5月のビットコイン半減期を目前にして、米最大手仮想通貨(暗号資産)取引所コインベースは、それに関する考察する記事を投稿した

ビットコインはマイニングによる報酬がそれまでの半分になる「半減期」を迎えるように設計されており、次の半減期は2012年と2016年に続く三回目のものとなる。

現在、1800万以上のビットコインが既に採掘されており(最終供給量の86%)、ブロックごとに12.5個の新しいBTCが発行されている。この発行数は、2020年5月より6.25BTCに下がる。

バイナンスのカウントダウンによると、半減期まで残り76日だ。

これによりビットコインのインフレ率は年間3.6%から1.7%となり、米ドルの目標インフレ(2%)よりも低く、ほぼ金と同等になるとの試算だ。このことは、ビットコインは価値の保存手段としての「デジタル・ゴールド」であるという言説を強化する可能性を高めていくと見られる。

そして需要と供給の分析では基本的に、半分になるたびに供給が減少し、一般に価格上昇の原動力と考えられる。

過去の半減期で起きた状況

2012年の半減期の際は、長くBTC価格が横這いの時期に訪れたが、その数ヵ月後に大きな強気相場が続いた。価格は当時の過去最高値をつけた。

出典:Coinbase

そして2016年の半減期の際は、ビットコインは2013年に届いた天井から下落した後、また価格は停滞していた。しかし半減期から6か月後には、ビットコインは勢いを増し始め、2017年には高騰した。

出典:Coinbase

このように過去二回の半減期から3~6カ月後に大きな成長が観測されていた。

半減期についての二つの考え方

コインベースはこうした流れを踏まえつつ、今回の半減期が過去二回と大きく異なっている点は、仮想通貨エコシステムが著しく成熟している点だと論じる。

現在はビットコインの購入や、保持、使用がより容易になっている。また投資面でも先物などデリバティブ取引などの導入により、投資ヘッジを行うこともはるかに簡単になってきていると説明した。

また仮想通貨は以前より社会で広く知られている。こうした中で、半減期がビットコイン価格に影響を与えるかどうかについては、2つの考え方があるという。

出典:Coinbase

一つは、価格に影響するというもの。半減期は、ビットコインの有名な経済モデルとして公開されている情報だ。すべての公開情報は市場の価格に影響を与えるものなので、これも例外ではないという。

もう一つは、半減期は価格に影響しないという観点だ。半減期とは、ある種のナレーションであり、ビットコインについての認識や採用が促進されることにより、供給よりもむしろ需要に影響を与える可能性があるという考え方である。

イーサリアム(ETH)のライバルとなり得る仮想通貨

投稿でコインベースは、今後イーサリアム(ETH2.0)のライバルとなり得る新興の仮想通貨プロジェクトについても言及している。

ライバルとなり得るブロックチェーンとしては、以下の3つを挙げている。

  • 分散型「インターネットコンピューター」の構築を目指している「DFINITY」
  • 異なるチェーン間で信頼性の高いアセットの転送をするなど、相互運用性ネットワークの構築を目標とする「Polkadot」
  • スマートコントラクト機能を備えたプルーフオブステーク(PoS)ブロックチェーンの「NEARプロトコル」

参考:Things You Need to Know about the Bitcoin Halving and Ethereum’s Competitors Nearing Launch

CoinPostの注目記事

米経済学者、「インフレ率」から半減期後のビットコイン(BTC)価格を考察
2020年に迎えるビットコイン半減期の重要性とそれに伴う価格上昇について米経済学者が論じた。インフレ率の面から、価値の保存手段としての魅力増加を主張する。
仮想通貨市場に影響を及ぼす「重要ファンダ」一覧表|ビットコイン、リップルなど【3/7更新】
ビットコイン(BTC)やリップル(XRP)など、仮想通貨市場に影響を与え得る重要ファンダ一覧はこちら。あらかじめイベントをチェックしておくことで、トレードの投資判断に役立てることができる。
コメントしてBTCを貰おう
注目・速報 相場分析 動画解説 新着一覧
02/08 水曜日
09:40
トルコ大地震被災者に仮想通貨で寄付 バイナンスや現地の歌手など
仮想通貨取引所バイナンスは、トルコの大地震で被災したユーザーにバイナンスコインをエアドロップすると発表。トルコ現地の歌手や取引所も仮想通貨による寄付キャンペーンを立ち上げた。
08:00
イーサリアム、ステーキングの出金テストに成功
仮想通貨イーサリアムは、テストネットZhejiangでステーキングの出金処理に成功。これは、実施目標を来月に定めている次期アップグレード、Shanghaiに向けたテストである。
07:25
ダウ4日ぶり反発 パウエル議長「ディスインフレ」に再び言及|8日
本日のニューヨークダウやナスダックは4日ぶりに反発。米パウエル議長が7日のインタビューで「物価上昇鈍化のプロセスが始まった」との認識を改めて示したことが好感された模様。今回の発言を受けてドル売りで反応した。
02/07 火曜日
15:21
米著名VCのa16z、Uniswapの拡大戦略に反対
分散型取引所最大手UniswapのBNBチェーンへの拡大計画で、米著名VC「a16zCrypto」が反対票を投じたことがわかった。1,500万UNIの追加により、一時は反対票が66.9%を占める状況となった。
13:40
ジェネレーティブAIへのVC投資が22年に急増、3500億円超え
米データ分析企業「CB Insights」によると、2022年には画像から音声、ソフトウェアのコードなど、新たなコンテンツを生成する「ジェネレーティブAI」スタートアップへの投資が急増。110件の投資契約が結ばれ、約3,517億円の資金を調達した。
12:39
ビットコイン様子見ムード、株やアルト市場でAI関連銘柄の物色つづく
エコノミッククラブのパウエル講演が迫り株やビットコイン市場には警戒感が広がる。OpenAIの「ChatGPT」流行の影響で、アルト市場ではThe Graph(GRT)やSingularityNET(AGIX)などAI関連銘柄の物色つづく
11:50
グーグル、対話型AI言語モデル「Bard」をリリースへ
米グーグルは対話型AI(人工知能)言語モデル「Bard」の開発計画を公表した。Bardは近日中にもテスター向けにリリースされ、フィードバックを経て数週間以内の一般公開を予定している。
10:30
DCGとジェネシス、債務整理などで債権者グループと合意
仮想通貨コングロマリット企業DCGと子会社ジェネシスは、主要債権者グループと合意に達した。ジェネシスの事業売却や債務整理などを計画している。
09:30
Visa、ETHブロックチェーンでUSDCの大口決済を実験
Visaの仮想通貨部門のトップは「StarkWare Sessions」に登壇。同社がイーサリアムブロックチェーンで、ステーブルコインUSDCの大口決済をテストしていると語った。
08:12
米コインベース、コスモス関連銘柄の新規取扱を実施予定
米国の大手暗号資産取引所コインベースは27日、銘柄の新規上場を実施する予定だ。
07:40
バイナンス、税金ツール「Binance Tax」を発表
仮想通貨取引所バイナンスは、税金計算ツールBinance Taxを発表。現在利用できる国や特徴、今後の計画を説明している。
07:20
米AI関連株好調・ドル円続伸、米早期利下げの期待後退へ|7日
本日のニューヨークダウやナスダックは続落したが、米国株ではAI株が引き続き好調だった。8日にはパウエルFRB議長が発言を控えており、市場はFRBの口調に変化がないか様子見の状況だ。
02/06 月曜日
14:23
英中銀と財務省「デジタルポンド(CBDC)が必要となる可能性は高い」
英イングランド銀行(中央銀行)と英国財務省は、「将来的にデジタルポンドが必要になる可能性が高い」との判断を示し、中央銀行デジタル通貨(CBDC)の導入に積極的に取り組む姿勢を見せた。
12:53
今年1月のNFT市場、前月比40%高と大幅に盛り返す=DappRadarレポート
DappRadarはNFTおよびDeFi市場についての最新レポートを発表。23年1月にNFTの取引量と販売数が急増しており回復傾向だった。BAYCなどを運用するYuga Labsコレクションが好調だった。
12:25
エコノミッククラブのパウエル講演控え、ビットコインなど様子見基調
前週末の雇用統計を受け、株や暗号資産(仮想通貨)などのリスク資産の値動きが冴えない。8日深夜には米ワシントンエコノミッククラブのパウエル講演控えており、ビットコインも様子見基調となっている。

通貨データ

グローバル情報
一覧
プロジェクト
アナウンス
上場/ペア