米CFTC、仮想通貨取引の「受渡し」に関するルールを策定

米CFTCがガイダンスを発表

米商品先物取引委員会(CFTC)は24日、仮想通貨(暗号資産)の受渡しルールを最終決定したことを発表した。

今回の発表の背景は、2016年までさかのぼる。当時CFTCは仮想通貨取引所Bitfinexに対し、証拠金取引を利用した顧客に、実際に仮想通貨を受け渡していないと指摘。取引後も秘密鍵をBitfinexが所持していると主張していた。(Bitfinexは認めることも否定することもせず、7万5000ドル(約835万円)を罰金として支払った)

CFTCは今回、受渡しについて主に以下の2点を発表した。

  1. 取引後28日以内に全てのコモディティ(商品)を顧客が所有・管理できるようにする。これはレバレッジ取引または、証拠金取引でも他の方法で購入した場合でも同様である。また28日以内に、顧客が全てのコモディティを商取引で利用できるようにする。
  2. コモディティの提供者や販売者は、レバレッジ取引または、証拠金取引でも他の方法で販売した場合でも、取引日から28日後は利益、法的な権利、管理の権限を失う。

CFTCは、今回の決定は広範囲な洞察に基づくものであると説明。一般的な意見の収集、デジタル資産や仮想通貨市場に関する諮問委員会の会議、デリバティブ商品を提供する取引所の監督など、幅広い活動から得た知識をもとに策定したと述べている。

CFTCのHeath Tarbert会長は今回の発表について「我々の活動によって、仮想通貨取引を提供する企業やカストディアン、その他の仮想通貨企業、また市場参加者にも待望のガイダンスを提供できた」と説明している。

CoinPostの注目記事

米CFTC、ステーブルコイン研究会議を開催 JPMコインやMakerDAOなどの関係者が参加
米商品先物取引委員会(CFTC)が、仮想通貨(暗号資産)ステーブルコイン業界の将来性や影響を研究するための会議を、26日に開催した。その狙いとは?
米ハワイ州、仮想通貨ビジネスに前向きな規制方針 サンドボックス制度を導入へ
米国ハワイ州は仮想通貨企業向けに規制サンドボックス制度を導入する。得られた知見は、ハワイを仮想通貨の主要導入州として位置付ける可能性を秘めるという。


画像はShutterstockのライセンス許諾により使用

THE BLOCK とは

Cryptoにおける”最初で最後の言葉”であること。
The BlockはCryptoにおける最高クオリティで最重要のシグナルをお届けします。日々、Website、Newsletter、Podcast、イベントを通じて、業界で最も影響力のある人々にリーチしています。