仮想通貨市場のセンチメントが買いを示す「極端な恐怖」へ 18年のビットコイン大暴落時と同水準

投資家心理が「極端な恐怖」へ

データプラットフォーム「Alternative.me」が提供する「恐怖と欲望指数」が、現在の仮想通貨(暗号資産)市場のセンチメントが「極端な恐怖」であることを示している。

30日時点の本指数は「10」で、2019年8月以来の低水準まで下がっている。ビットコイン(BTC)の価格がおよそ3000ドル(約32万円)まで下落した2018年12月と同じレベルに相当する

出典:The Block

Alternative.meは、「極端な恐怖」は投資家心理が非常に悪化している状態で、「買い」のサインだと捉えることもできると説明。「恐怖と欲望指数」は毎日更新され、0から100までの数値で表される。0が「極端な恐怖」で、100が「極端な欲望」だ。

本指数の計算は、以下5つの要素に基づいて行われ、括弧内の割合で重要度を考慮している。

  • ボラティリティ(25%)
  • 相場の勢い/取引高(25%)
  • ソーシャルメディア(15%)
  • 調査(15%)
  • ドミナンス(10%)
  • トレンド(10%)

CoinPostの注目記事

今、人気のアルトコイン5銘柄はなに? 仮想通貨取引所クラーケンが調査
「ビットコインだけじゃない」仮想通貨取引所クラーケンがアルトコインに関する意識調査を実施。現在人気のアルトコイン銘柄と、その理由を報告した。
ビットコイン市場は重要局面 下落継続か、世界経済の動向がカギ|仮想通貨市況
仮想通貨市場でビットコインは、再び米ドル建取引で6000ドルを下回った。資産現金化需要の再燃リスクが依然高いことで、経済危機に伴う現金化の動きに弱いビットコイン市場は売りが先行した。


画像はShutterstockのライセンス許諾により使用

THE BLOCK とは

Cryptoにおける”最初で最後の言葉”であること。
The BlockはCryptoにおける最高クオリティで最重要のシグナルをお届けします。日々、Website、Newsletter、Podcast、イベントを通じて、業界で最も影響力のある人々にリーチしています。