米リップル社、YouTubeを提訴 仮想通貨XRP関連詐欺で

リップル社がYouTubeを提訴

米リップル社とCEOのBrad Garlinghouseが、YouTubeに対し訴訟を起こしたことがわかった。

Garlinghouseや仮想通貨XRPの所有者をターゲットとした詐欺行為をYoutubeが放置したとして、損害賠償を求めている。

影響が広範囲に及ぶ詐欺行為を放置し、YouTube側が対応を怠ったことは理解しがたい。このことが原因でリップル社とGarlinghouseは、パブリックイメージやブランド、名声が傷つけられた。

…世界のXRP所有者にも害が及んでいる。

訴訟で挙がった詐欺行為の一例として挙げられるのは、「Give Away詐欺」だ。当該詐欺は、後により多くの額を返金すると謳い、指定した額を先に送るように伝えて仮想通貨を騙し取る詐欺行為。英語でいう無料配布(Give Away)が用いられている。

時には、利子をつけると申し出るケースもあり、より現実的な数字で投資家を誘う場合もある。

リップル社に関連した事例では、「2000XRPから50万XRPを寄付用のアドレスに送金すれば、2万XRPから500万XRPを送り返す」と伝え、その内容と無関係なGarlinghouse氏のインタビューを一緒に流す事例などが確認されている。

リップル社は3月末にも、公式でXRP関連詐欺の「見抜き方」を公開、一連の詐欺行為に対応するように繰り返し求めてきたが、事態の深刻さをみて訴訟に踏み切ったようだ。

Garlinghouseのツイート


画像はShutterstockのライセンス許諾により使用

THE BLOCK とは

Cryptoにおける”最初で最後の言葉”であること。
The BlockはCryptoにおける最高クオリティで最重要のシグナルをお届けします。日々、Website、Newsletter、Podcast、イベントを通じて、業界で最も影響力のある人々にリーチしています。