世界はどう見る「仮想通貨・ビットコインの将来性」 米Paxful世論調査

仮想通貨の将来性に関する世論調査

23日に発表された米P2P仮想通貨取引所Paxfulの調査によると、70%近くの回答者がビットコインが今後、決済の主流になる可能性があるとして、その将来に信頼を寄せていることがわかった。一方、ビットコインは主流にはなり得ないとして、仮想通貨バブルが弾けるのも時間の問題だとの意見を持つ回答者も、少なからず存在することも明らかになった。

調査結果

このオンライン世論調査は仮想通貨の知識があるアメリカ人500人を対象に行われ、デジタル通貨とブロックチェーン技術の将来に関する認識を探るための9つの質問が用意された。

何が、人々がビットコインや仮想通貨を使用し始める転機となるかという質問に対しては、現在の送金システムの複雑さ(64.4%)と価値の保存のための通貨の必要性(45.4%)と並んで、半数近く(49.2%)の回答者が、金融システムにおいて、何かしらの「引き金となる出来事」が起きることをあげている。

Paxfulは、新型コロナウィルス・パンデミックの影響により、現行の金融システム並びに仮想通貨が同時に試されていると述べている。 伝統的市場が大きく混乱するのに対し、ビットコインは安全資産としての地位を確立しつつあるとして、現在の世界の状況が、転換を促す重大な出来事にあたると示唆している。

ビットコイン普及のユースケースとしては、69.2%の回答者が「実際の支払い」と答える一方で、50.4%は、「インフレ及び汚職との闘い」を挙げている。しかし、30.6%は実用的なユースケースはないと回答し、ビットコインの普及に疑問を持つ層があることも明らかになった。

ビットコインが金融システムの主流に浸透するのにかかる時間に関しては、今後10年以内だと考える回答者が63.8%に上った。(1〜2年:2.4%、2〜5年:22.8%、5〜10年:38.4%) 11年以上かかるとの回答は22.4%だが、7.4%はビットコインが主流となることはないと回答している。

ブロックチェーンに対する調査結果では、56.6%の回答者は、ブロックチェーンがデジタルID、データ管理、監査証跡、契約、自動化されたガバナンスなどの分野で、大きな影響を与える可能性があると考えており、56.4%がブロックチェーンが世界を変革するとしている。 一方、ブロックチェーン技術は過大評価されており(39.8%)、セキュリティ面などの課題があるため普及はなかなか進まない(34.4%)とする見方もあった。

普及への課題

調査では、今後、仮想通貨の普及を牽引する分野として、モバイルマイニング(57.4%)、機関投資(48.6%)、アルトコイン市場の復興(47%)、および企業によるブロックチェーンの利用(44.4%)が挙げられた。 そして、今年、仮想通貨の普及をリードする国と地域は64%のアメリカを筆頭に、イギリス(39.8%)、東南アジア(32.2%)、イギリスを除くヨーロッパ諸国(30.8%)、アフリカ(22.2%)、オーストラリア(21%)、インド(18.2%)との回答が寄せられた。

一方、普及を妨げる要因のトップには、仮想通貨に対する知識不足(53.8%)が挙げられたが、これは英エコノミスト誌の調査結果(デジタル通貨の理解不足:44%)とも一致する。

PaxfulのCOO、Artur Schaback氏は、仮想通貨に対する一般の認識が高まりつつあることは評価できるとしながらも、依然としてギャンブルや詐欺などと結び付けられることもあるため、正しい知識を広めることが業界としての課題だと述べている。 しかし、今回の調査結果を踏まえると、新興市場における金融の不平等の解決に大きな力を持つと信じていた仮想通貨とブロックチェーン技術が、「世界の超大国」でも同様の受け止め方をされ始めているのを目の当たりしているとして、業界の今後の発展へ期待を寄せた。

出典:Paxful


画像はShutterstockのライセンス許諾により使用