ビットコイン市場、PlanB提唱のS2Fモデルで4年ぶりの「強気シグナル」点灯

ストック・フローで強気サイン

仮想通貨ビットコインの相場推移を「ストック・フロー比率(S2F)」モデルで分析するアナリスト「PlanB」は1日、強気のサインを示すレッドシグナルが点灯したことを明かした。

PlanBは今年3月、2020年の半減期後のS2Fモデルは、2012年と2016年の半減期同様の結果になることを指摘していた。(下図:3月時点)

2020年3月5日時点

ストック・フロー比率(S2F)は、「S2F=市場に存在する量(ストック)/年間生産量(フロー)」で計算され、貴金属(金や銀)などの希少性と価値を測るモデルとして利用されるものだ。

ほとんどの商品は、生産量の増加に比例して流通量も急増し、価格が下落する。一方、金などの一部の希少性が高い商品は、市場に存在する量に対して年間の生産可能量が小さく、供給過多によって価格が崩壊することはない。

ビットコイン市場のS2F分析を提唱するPlanBが、2009年12月から2019年2月の相場データをもとにプロットしたところ、一定の規則性を発見。S2Fと時価総額の両方について対数をとり線形回帰を行うと、S2Fと時価総額の間に統計的に有意な結果が確認された。

2020年5月に「半減期」を迎えたビットコイン(BTC)は、ストックに対するフローが急減しており、これによって中・長期的に価格が上昇するという理屈だ。

PlunBによるS2Fモデルを用いた算出では、2020年の半減期後のBTC理論価格は1BTCあたり55,000ドル(約570万円)を突破する。

関連:マイニングコストから仮想通貨ビットコインの底値を予想する理論価格モデル 

ストック・フロー比率(S2F)モデルへの批判

しかしながら、このモデルには問題点も存在する。

例えば、S2Fモデルの理論値は、過去のBTC価格とストック/フロー倍率から事後的に算出されたものにすぎず、BTCの新規発行という「供給面」のみからの視点で分析を行う。このモデルはマイナーの「撤退行動」を考慮していない点にも注意が必要だ。


画像はShutterstockのライセンス許諾により使用