CoinPostで今最も読まれています

英領バミューダ、デジタル通貨決済の試験運用開始

画像はShutterstockのライセンス許諾により使用

バミューダがデジタル通貨決済をテスト

北大西洋に位置する英領バミューダ諸島政府は、ステーブルコイン決済プラットフォーム「Stablehouse」と提携し、食品をはじめとする日用必需品やサービスの決済にデジタルトークンを使用する試運転を開始している。デービッド・バート首相は、自ら参加した試験プログラムの模様をツイートした。

このトークンは「デジタル刺激トークン」(Digital Stimulus Token)と呼ばれ、「Blockstream」のLiquidブロックチェーンプロトコルをベースにしており、Stablehouseが提供するオープンソースの決済アプリを介して利用できる。現在、一部の小売業者と消費者を対象としたベータ版がテストされているが、将来的にはバミューダ経済開発公社(Bermuda Economic Development Corporation)が参加し、対象を拡大した、より大規模な試験運用も視野に入れているようだ。

バート首相は声明で次のように述べている。

バミューダは、革新的な民間デジタル資産ソリューションを支援するリーダーとしての地位を確立すること、また当地でライセンスを取得した企業との協力を通して、デジタル資産の採用を促進することに対し強い意気込みを持って取り組む考えだ。

そのためには、規制の枠組みを作るにとどまらず、バミューダを本拠地として選んだ企業と連携し、その製品を利用することが大変重要な要素となる。

理想的な実験場としてのバミューダ

歴代最年少の38歳で首相に就任したデービッド・バート氏は、米ジョージ・ワシントン大学で情報システム開発の修士号を取得、テクノロジーとビジネスに精通した起業家や経営者としての顔を持つ。ブロックチェーンや仮想通貨、フィンテックに関する造詣も深い。バート首相は、バミューダは「世界向けの製品やサービスをテストするラボを作るには理想的な場所」だと主張している。

人口7万人余りで53平方キロという小さな島国は、英国領であること、また米国から飛行機で2時間というその立地から、英米両政府が軍事基地として利用するため、空港や病院、電力など島の主要インフラを整備した歴史を持ち、金融サービス、医療、輸送、海港、輸入などのシステムが完備されている。

観光立国であったが、現在は保険業が大きな産業となっている。バミューダの強みは、規制当局、政府、産業界が連携して、製品を迅速に市場に投入できることだという。このような連携とスピードがバミューダの保険業界の確立を促し、現在フィンテック業界でも同じことが起きているという。

テクノロジーの普及率が高く、2019年の統計では総人口の87%がモバイルインターネットを利用しているとのことだ。そのため、銀行口座を持たない一部の市民のためにも、スマートフォンを利用した金融サービスの提供を模索している。

バート首相の首席フィンテック顧問であるDenis Pitcherは、政府がデジタル通貨を受け入れることで、民間事業者が実際にデジタル通貨を消費できる場を提供し、従来の金融システムに頼らなくても良い環境を作り出すことができると考えている。バミューダは市場としては小さすぎて、PayPalなど多くの世界的な金融サービスは見向きもしないとPitcherは語った。

しかし、バミューダ社会におけるデジタル通貨の普及が世界経済との架け橋になり、グローバルな金融エコシステムに、バミューダ市民がアクセスできるようになることを同氏は期待しているという。

進展する包括的なエコシステム構築

デジタル刺激トークンはステーブルコインだが、バミューダ政府は昨年10月からすでに、税金や政府が提供するサービス等の支払いに、米ドル建てのステーブルコイン「USDC」を受け入れ始めていた。USDCの受け入れが大きく混乱しなかったのは、バミューダが英国領ではあるものの、米国との結びつきが強く、地域通貨バミューダ・ドルと米ドルの為替レートが一対一であったことも大きいだろう。

一方で、バミューダ政府は、中央銀行発行のデジタル通貨(CBDC)の開発には特に関心がないと明言している。Pitcherは、デジタル通貨の発行には民間セクターが最も適していると述べている。また、バート首相も為替レートやセキュリティのリスクを考慮すると、市場規模の小さいバミューダの政府よりも、営利的に事業を行っている民間企業の方が優位にあると考えているようだ。

 

USDCの受け入れと時期を同じくして、政府はブロックチェーンベースのデジタルIDプラットフォームの開発に着手したことも発表している。分散型信用検証プロトコルの「Shyft Network」が金融活動作業部会(FAFT)など規制へのコンプライアンスに対応し、デジタルIDソリューション「Perseid」がID管理インフラを構築する体制で、世界でも例の少ない市民IDシステムを開発すると言う。

バート首相は、テクノロジーこそが未来であると信じているという。若い市民に希望を持たせるためにも、国家戦略としてフィンテックによる金融サービス革新を進め、世界のデジタル経済のリーダーとしての地位確立を目指すと語った。

CoinPost App DL
注目・速報 相場分析 動画解説 新着一覧
07/24 水曜日
07:45
イーサリアム現物ETF、初日出来高1550億円超
23日に取引が開始された仮想通貨イーサリアムの現物ETFの合計出来高は1550億円超に。取引開始に米議員や仮想通貨業界が反応している。
07:15
「ビットコイン2024」のオーガナイザー、ハリス米副大統領の講演について交渉中
ハリス氏はすでに指名獲得に必要な過半数の代議員から支持を得ているが、仮想通貨へのスタンスは未だ表明していない。
06:50
ソラナ初のプライベート・クレジット・ファンド、米大手投資会社ハミルトン・レーンが立ち上げ
運用・監督資産143兆円超の米ハミルトン・レーンは23日、ソラナブロックチェーン上のプライベート・クレジット・ファンド「SCOPE」の立ち上げを発表した。
06:15
トランプ氏、ビットコイン否定派JPモルガンのダイモンCEOの財務長官指名を否定
トランプ氏は24日に、ビットコインに懐疑的なJPモルガンのジェイミー・ダイモンCEOや、ブラックロックのフィンクCEOの財務大臣指名の噂を否定した。
06:00
クラーケン、ビットコインをマウントゴックス債権者に返済開始 売圧警戒も
多くのビットコインが同時に売却される可能性が警戒され、仮想通貨BTCは23日深夜66,000ドル台を下回った。
07/23 火曜日
18:00
AILayerとは|AIとWeb3を融合するAI駆動のビットコインLayer 2ソリューション
AIとブロックチェーン技術を統合させた、ビットコインLayer 2ソリューション「AILayer」について、特徴やメリットなどを詳しく解説します。
17:40
ブラックロックのビットコインETF、ナスダックETF上回る年初来資金流入額4位に
ブラックロックのビットコイン現物ETF「iシェアーズ・ビットコイン・トラスト」は、ナスダックQQQを超える資金流入を記録。フィデリティも上位にランクイン。イーサリアムETFの発売も迫る中、投資家の関心が高まる。
15:28
ミームコインが4~6月の仮想通貨市場を席巻=CoinGecko
2024年第2四半期の仮想通貨市場でミームコインがWeb Trafficを席巻し、市場シェア14.3%を獲得。暗号資産(仮想通貨)市場におけるミームコインの注目度と、ビットコイン市場動向を詳しく解説。
14:15
時価総額が355兆円規模に、上半期の仮想通貨市場=バイナンスレポート
仮想通貨取引所大手バイナンス、2024年上半期の仮想通貨市場についてのレポートを発表。仮想通貨の時価総額は年初から37.3%増加し、355兆円の規模に拡大したと報告した。
13:20
トランプ氏が大統領再選の場合、ゲンスラーSEC委員長早期退任か=10x Research
10x Researchは、トランプ氏が大統領再選の場合、仮想通貨に批判的なゲンスラーSEC委員長は退任する可能性が高いと意見した。
12:11
ビットコイン67000ドル台で推移、ブラックロックETFへの資金流入は今年3月以来の最大規模に
SECが暗号資産(仮想通貨)イーサリアムETFの最終承認を行う中、ブラックロックのETF「iShares Bitcoin Trust(IBIT)」への資金流入は4ヶ月ぶりの規模に膨らんだ。ビットコイン・カンファレンス開催でのトランプ大統領の発言にも注目が集まる。
11:20
Ondoの米国債担保ステーブルコインUSDY、Cosmosエコシステムに展開
資産トークン化企業Ondo Financeは22日、米国債担保のステーブルコインOndo US Dollar Yield(USDY)をCosmosエコシステムに展開した。
11:02
デジタルアセットマーケッツ、RWAトークンを世界展開へ
RWAトークンのグローバル展開を推進するため、デジタルアセットマーケッツが韓国のWeb3企業CREDERと提携。CREDERは、RWAのトークン化を専門とする企業である。
10:45
仮想通貨「Avail」、取引所バイビットなどに新規上場へ
モジュラー・ブロックチェーン「Avail」による新規発行の仮想通貨「AVAIL」はバイビットなど複数の取引所へ新規上場する予定だ。
10:02
米仮想通貨業界団体、ハリス米副大統領に3つの要望
米国のデジタル商工会議所は、バイデン氏の後任候補ハリス副大統領に書簡を送付。仮想通貨の支持や育成を呼びかけた。

通貨データ

グローバル情報
一覧
プロジェクト
アナウンス
上場/ペア