CoinPostで今最も読まれています

欧州シンクタンクが予測、中銀デジタル通貨(CBDC)の勢力図

画像はShutterstockのライセンス許諾により使用

欧州シンクタンクがCBDCの近未来を予測

オランダを拠点とする非営利シンクタンク「dGen」が、中央銀行デジタル通貨(CBDC)についてのレポートを発表した。

中国がデジタル人民元とされるCBDCを発行した場合、ユーロや米ドルにもたらす影響、欧州連合が独自CBDCを開発する必要性などについて詳細な検討を行っている。

本記事では、このレポートが結論として予測した内容を紹介したい。

予測1:デジタル人民元が米ドルを追い越すことはない

現在、中国の人民元は、世界最大の輸出国としてグローバルなサプライチェーンの中で重要な役割を果たしており、これがデジタル化された場合には、米ドルに匹敵する力を持つようになるのではないかと論じる声も挙がっている。

しかし、dGenのレポートは、中国のCBDCがドルを圧倒することはないと予測した。

理由としては、たとえ中国が貿易相手国にドルからの離脱を促す大きな圧力をかけても、中国には政情不安が存在していること、そしてドルから人民元への移行に伴う、準備金や事務手続きなどの用意には手間がかかることを指摘している。

世界各国における現在の「ドル備蓄量」を考えると、完全な入れ替わりは現実的ではない。

仮に米国以外の主要国のデジタル通貨が登場したとしても、経済大国間で中長期に渡り優位性が競い合われるため、その間に民間のステーブルコインなど他のデジタル通貨が強力な競争相手として浮上する可能性もある。

予測2:30年までに自国通貨をCBDCに置き換える国が出てくる

レポートは、今後10年間で自国通貨を完全にCBDCに置き換える国が数か国出て来ると予測。

すでに取り組みを進めている国の例としてスウェーデンを挙げた。スウェーデンはすでにキャッシュレス化が進んでいるが、6月に独自のCBDC「e-krona」(e-クローナ)のテスト開始を発表、来年2月までの試運転を予定している。

このプログラムは技術面で大手コンサルタント会社のアクセンチュアと提携して行われており、円滑にCBDCを実装する準備ができているか否かを分析する見込み。

関連:スウェーデン中央銀行、CBDCの必要性や導入プランを詳細に検討

レポートは、e-クローナの立ち上げが成功すれば他の国々もこれに続くと推測している。またCBDCの本格稼働が近い国としてバハマの名を挙げた。

バハマは今年後半にもCBDCを立ち上げることを計画している。バハマは過去ハリケーンの襲来を受けて金融インフラにもダメージを被ってきた経験があり、CBDC導入は災害対策の意味もある。

ワイヤレス通信によってやり取りの可能なデジタル通貨を導入することで、自然災害時に金融サービスや小売サービスへの接続の迅速な普及を図りたいという。

関連:バハマ中央銀行、デジタル通貨発行準備へ 自然災害対策で

予測3: 小規模国はデジタル・ドルへの移行を検討

今後10年間で、デジタル米ドル、デジタル人民元、デジタルユーロが登場することで、小国はデジタルドルの使用と保管を選択することになるだろうと予測する。

予測4:25年までに欧州がCBDCを持たなければ、ユーロはデジタル人民元に追い抜かれる

dGenは、「CBDCに対する欧州中央銀行(ECB)の反応は遅すぎた」とする、フランクフルト金融経営大学のフィリップ・サンドナー教授の発言を紹介している。

ECBの反応は遅すぎた。産業界にとってのCBDCからの利益、例えばプログラム可能なマネーに基づく利益は、現在のところ無視されている。「リブラ」やデジタル人民元の台頭を考えると、ECBは地政学的立場を維持するために迅速に対応しなければならない。

レポートは続けて、デジタルユーロを成功させるためには、健全な技術インフラ、グローバル展開を確保する必要があり、ECBは、金利の改善、関税の引き下げ、有利な取引条件などを通じて、世界でのデジタルユーロ採用を奨励すべきだと論じている。

以上のような予測に加え、dGenは民間ステーブルコインについては、中央銀行がそれと共存しながら、一つのステーブルコインが世界市場を独占しないような環境を整備することが賢明かもしれないと提言した。

予測がどこまで的中するかは不明だが、欧州のリサーチャーが、デジタル人民元が米ドルやユーロにもたらす影響に大きな危機感を持っていることが分かる内容だ。

フランスやオランダが積極姿勢

欧州では、フランスやオランダが特にデジタル通貨への意欲を見せている。

フランスは5月にブロックチェーン上でデジタル化された証券の決済について実験に成功。またオランダ中央銀行も4月、CBDCについて45ページにわたるレポートを発表しており、CBDCの研究開発や実験を行う場として、主導的役割を果たす用意があるとした。

しかし、CBDC構築についてはユーロ圏全体の課題であり欧州連合全体で検討されていくことになりそうだ。

ECBは昨年、R3やアクセンチュアなどの企業と「中央銀行デジタル通貨における匿名性」についての調査を実施している。

関連:フランスが中央銀行デジタル通貨(CBDC)実験に成功 

注目・速報 相場分析 動画解説 新着一覧
02/21 水曜日
15:02
決済業界が捉えるブロックチェーンの実利、リップル社調査
リップル社と米国高速決済協議会が世界的調査を実施。業界リーダーの60%強が、暗号資産(仮想通貨)の使用が決済プロセスにおいて大きな利益をもたらすと評価。金融業界における、ブロックチェーン技術の現状、課題も明らかに。
12:07
イーサリアム続伸で約2年ぶり3000ドル台に
暗号資産(仮想通貨)市場ではイーサリアム(ETH)が続伸し、22年4月以来初めて3000ドル台を回復した。オンチェーンデータ分析では、クジラ(大口投資家)の動向も活性化し始めているようだ。
12:00
仮想通貨支持のディートン弁護士、上院議員選出馬へ ウォーレン議員に対抗
仮想通貨を擁護する米国のディートン弁護士はマサチューセッツ州で上院議員選挙へ出馬した。エリザベス・ウォーレン議員の対抗馬を目指す。
11:00
マスターカードがSwooウォレットと提携、仮想通貨による報酬プログラム提供へ
決済大手マスターカードはモバイルウォレット企業Swooと提携し、ビットコインなど仮想通貨による顧客報酬プログラムを提供すると発表した。
10:24
ゴールドマン・サックス、日本株を代表する『七人の侍』を選定
日経平均株価が34年ぶりにバブル後の最高値をつける中、大手投資銀行ゴールドマンサックスは日本市場を代表する「七人の侍」を選定した。では、どの銘柄が採用されたか。
08:30
明日決算発表を前にエヌビディア大幅安、仮想通貨関連株も下落
米ナスダックはエヌビディアやAMDなどIT・ハイテク株の売り先行で下落。多くのアナリストはエヌビディアの決算のハードルは非常に高く引き上げられていると指摘した。一方、イーサリアムは約2年ぶりに3千ドル台を回復した。
07:45
計1400億円相当のBTC、米コインベースから出金
計1400億円相当の仮想通貨ビットコインがコインベースから出金されたことがわかった。出金理由については売り圧の低下につながるといった声や、OTC取引のための出金であるといった声など複数の見方が上がっている。
07:30
米デリバティブ大手CME、小口のユーロ建のビットコイン・イーサ先物を提供へ
CMEのビットコイン先物OIは先月過去最高値の52億ドルを記録。仮想通貨ビットコインETFへの高い需要に伴ってヘッジの需要も高まっているようだ。
07:00
EVMウォレットMetaMask、ユーザーへの警告機能を導入 モバイル安全性強化
マルチチェーンへ対応 暗号資産(仮想通貨)イーサリアム(ETH)の主要EVMウォレットMetaMaskは、モバイルアプリおよびエクステンションで、ユーザーへのセキュリティアラー…
05:50
Optimism、4回目のエアドロップで約60億円分の仮想通貨OPを無料配布
今回のエアドロップはOptimismを利用するWeb3アーティストやクリエイターをターゲットとしたもので、合計10,343,757.81 OPトークン(約4100万ドル)を2025年2月13日までに付与する。
05:30
バイナンス、全てのレバレッジトークン廃止へ
仮想通貨(暗号資産)取引所バイナンスは全てのレバレッジトークン廃止の予定を発表した。一方、昨夜StarknetのSTRKトークンの新規上場を実施した。
02/20 火曜日
14:51
韓国与党、選挙公約でビットコインETFやIEOの承認など検討 課税猶予の延長も
韓国の与党「国民の力」は4月の総選挙に向けた選挙公約の一環として、ビットコイン現物ETFの認可を含む、仮想通貨投資に関連した法律の制定を検討すると発表した。
14:36
Uniswap v4は2024年第三四半期に実装へ
Uniswap v4が2024年第3四半期にリリース予定。新機能「フック」の導入、暗号資産(仮想通貨)イーサリアムDencunアップグレードの影響、および監査プロセスに焦点を当て、ロードマップの近況をまとめる。
14:14
LINE NEXT、読んで稼ぐ「ReadON」と提携 コラボNFTを販売
NFT市場DOSIを手掛けるLINE NEXTが、読んで稼ぐアプリReadONとの提携を発表。コラボデジタルアイテムを2月21日に発売。Web3エコシステムにおけるマーケティングやビジネス領域での連携を図る。
12:23
50000ドル台で揉み合うビットコイン、イーサリアム先物市場に過熱感も
暗号資産(仮想通貨)市場では半減期を控えるビットコインが50000ドル台で一服。続伸中のイーサリアムは先物市場のOI(未決済建玉)に過熱感も見受けられる。

通貨データ

グローバル情報
一覧
プロジェクト
アナウンス
上場/ペア