フランスが中央銀行デジタル通貨(CBDC)実験に成功 

フランスがデジタル・ユーロの実験に成功

ヨーロッパでは欧州中央銀行もCBDC(中央銀行発行デジタル通貨)について調査を行っているところだが、フランスがいち早くCBDCのテストを実現した。

フランスの中央銀行であるフランス銀行は5月20日にデジタル・ユーロのテスト成功を発表。ブロックチェーン上でデジタル化された証券の決済について5月14日に実験を実施したという。実験に関わったのはフランスのメガバンクの一つ、ソシエテ・ジェネラルである。

更に今後数週間で、フランス銀行は他の参加者と協働して新たに幾つかの実験を行う予定だ。

CBDCは銀行など金融セクター間で決済を行うのに用いる、いわゆる「ホールセール」型と、消費者が日常的な商品購入などに使う「小売」型に大きく分けられる。今回フランス中銀が重点を置くのは「ホールセール」型である。

金融市場の機能を向上させること、特に銀行間の取引に焦点を当てている。

実験では、ブロックチェーンに4400万ドル相当の債券がセキュリティトークンとして登録され、ソシエテ・ジェネラルが購入、代金をデジタルユーロで支払った。

テストは引き続き行われ、中央銀行デジタル通貨に基づく銀行間証券取引の実現可能性を実証するものになるという。

ソシエテ・ジェネラルは、CBDCが市場インフラの効率化とセキュリティの強化を行い、決済プロセスの自動化と短縮に道を開く可能性があると語った。

欧州中銀はR3社のCorda上でCBDCを調査

EU諸国の中では、他に先駆けて積極的にCBDCに取り組むフランスだが、フランス銀行によるとあくまでも「CBDCを作成するという決定はユーロシステムの問題」であるとして、CBDC導入については、共通通貨ユーロを用いる欧州連合全体で検討していくと明言している。

その欧州連合の中央銀行である欧州中央銀行(ECB)も、昨年にR3やアクセンチュアなどの企業と「中央銀行デジタル通貨における匿名性」についての調査を実施。ユーザーのプライバシーを保護する決済システムの開発は可能だと結論した。

R3社のブロックチェーンCordaを使用して、仲介業者、中央銀行、マネーロンダリング防止(AML)機関の間で資産を転送。AML/CFT(テロ資金調達対策)を巡るソリューションを構築し、同時にユーザーの身元情報や取引履歴などのプライバシー情報を保護することができたという。

オランダも積極姿勢

またフランスの他にはオランダもCBDC開発に関して意欲を見せている。

今年4月にオランダ中央銀行は、CBDCについて45ページにわたるレポートを発表。CBDCの研究開発や実験を行う場として、主導的役割を果たす用意があると述べた。

ECBのChristine Lagarde総裁は、ブロックチェーンや仮想通貨にも好意的な意見を表明することで知られており、技術の発展と規制のバランスを重要視する姿勢を示している。しばらくデジタル・ユーロ発行を巡るユーロ圏の模索は続きそうだ。


画像はShutterstockのライセンス許諾により使用
「仮想通貨」とは「暗号資産」のことを指します