CoinPostで今最も読まれています

Flow主催「Unlocking Value from Crypto Networks」国内有識者がNFTやDeFi市場を語る

画像はShutterstockのライセンス許諾により使用

Flow主催のオンラインイベントが開催される

Flowブロックチェーン主催のオンラインイベント「Unlocking Value from Crypto Networks」が9月25日に開催され、ブロックチェーン基板のNFT(非代替性トークン)市場のほか、DeFi(分散型金融)およびイーサリアム市場が直面する課題点や現状について議論されました。

イベントには、国内大手企業のパネリストらが登壇しています。

  • 竹田 匡宏(あたらしい経済)
  • 國光 宏尚(株式会社gumi 取締役会長)
  • 大日方 祐介(Web3 Foundation)
  • 天羽 健介(コインチェック株式会社 執行役員)
  • 北原 健(B Cryptos ヴァイスプレジデント)
  • 伊藤 佑介(株式会社博報堂)
  • 吉田 世博(株式会社HashPort 代表取締役)

ブロックチェーンゲームのフロンティアである「CryptoKitties」を生み出したDapper Labsが開発する「Flowブロックチェーン」は、最適化されたエンターテイメント体験を提供するために開発中の次世代ブロックチェーンです。

Flowは「Coinlist」でトークンセール中で、10月2日よりコミュニティトークン提供を開始し、10月6日にオークションが終了する予定です。コミュニティトークン提供には65,000人以上のユーザーがコミットし、Coinlistの記録を更新しました。

関連:Animoca Brands、Flowブロックチェーンを最新レーシングゲームMotoGP™とStar Girlに採用

NFT市場の現状と課題点(敬称略)

國光(gumi会長)

短期トレードが儲かることによって(直近相場で盛り上がった)DeFiの影響がある限り、NFT市場のトランザクション手数料である「Gas代」は安くならない。

ブロックチェーンの側面を重視しすぎると、一般ユーザーにとって使いづらいプロダクトになってしまいます。 しかし、一方でモバイルアプリに持っていくとなると、Appleは最近特に審査などが厳しく、通常のソシャゲなどに対抗するのは難しい。各社難しい決断を迫られているのではないでしょうか。

天羽(コインチェック執行役員)

私の視点では、国内市場の優れた要素は2つあります。

1つ目は、現時点では暗号資産(仮想通貨)厳しい規制がされる状況にはないこと。2つ目は、日本は国際的に見ても優れたコンテンツが多いことです。暗号資産取引所としては、FATF(金融活動作業部会)に「暗号資産」だと判断された場合のコストなどが気になるところですが。

吉田(HashPort代表取締役)

ハッシュポートとしては、ゲームやマンガのIPを保有する企業との取引があるなかで、日本市場は「大きな転換点」にあると思います。

まずはアプリのUX。

デジタルウォレットをどのように連携させ、その上で「秘密鍵」をユーザーごとに管理しなければならないことを考えると、一般ユーザーがそのハードルを乗り越えられるか?というのが課題です。コインチェックが挑戦する中央集権型のNFT市場は、重要な前例を作るのではないでしょうか。

いわゆるブロックチェーンに紐付いた「デジタルアイテム」の価値も重要な課題だと思います。実際に手に取ることができるキャラクターのクリアファイルを手に入れた人は嬉しいですが、キャラクターのNFTは魅力が足りない可能性も検証されつつある。

伊藤(博報堂)

昨今はコロナの影響でオフラインイベントの開催が難しいため、多くのエンターテイメント企業がデジタルを含めた新たな方法でイベント開催を提案しているのは追い風です。デジタル化した取り組みなど、新しいことに挑戦したいという企業が増えてきた。

例えばJリーグは、サッカーのプロである全選手を「NFTカード化」して公開しています。ビジネスとして成功するかは未知数ですが、新しいことに挑戦する意欲が高まっていることは注目に値しますし、個人的にもその波に乗っていきたいと思っています。

NFTの価値は、使い勝手の良さによって上昇すると思います。そういった意味で、すでにIP(知財)を保有している企業向けのサービスが重要になってくると思います。そのためには、メディアや出版社などを巻き込んでいかなければなりません。

現在、「Japan Contents Blockchain Initiative」というグループがあり、小学館グループやエイベックス、電通などがメンバーとなり、コンソーシアムブロックチェーン上でコンテンツを公開する活動を行っています。環境的には進めやすくなっているのではないでしょうか。

竹田(あたらしい経済)

より多くのユーザーを獲得するためには、より大きなネットワークが必要です。 PolkadotやFlowはどのような点を重視されてきましたか。

大日方(Web3 Foundation)

Polkadot自体はメインチェーンを持っており、それ自体は多くの機能を持っていません。「パラチェーン」と呼ばれる他のブロックチェーンは、メインチェーン全体で使用できる特定のコンポーネントや機能を持っている。

現在、NFTパラチェインを作成しているチームが出てきていて、開発はすでに始まっている。これが完成してPolkadot上で操作できるようになれば、DeFiの熱に押されて高騰しているNFT周りの手数料が下がる可能性がある。

DeFiについては、ステーブルコインを開発しているチームがあります。

今まではイーサリアムしか選択肢がなかったが、現在ではPolkadotやCosmos、Solanaなどのプラットフォームを模索している企業も出てきています。そのような流れに沿って、DfinityやNearのようなチェーンも登場しています。

以前はDeFiやNFTのアプリケーションの進化にインフラのレイヤー速度などが追いついていなかったのが、ようやく追いついてきたと思います。そういう意味では、DeFiのアプリサービスや開発は他のネットワークにも移っていくでしょう。(単純にシェアを食い合う)「ゼロサムゲーム」ではないと思いますが、イールドファーミングなどのDeFiブームなど、ここ半年間で動きがはっきりしてきましたね。

國光(gumi会長)

Polkadotにとってはチャンスですね。ユーザーにとって、利益率の高いDeFiと異なり、少額決済の多いイーサリアムのNFT市場は1トランザクションに掛けられるコストが大きく変わってきます。

北原(B Cryptos ヴァイスプレジデント)

NFTで重要なのはソーシャルネットワークで、端的に言えば「コミュニティ」です。

その点、Flowがネットワーク効果をよく広げている部分は、ブランドやIPを中心に戦略的にコミュニティを集めています。例えば、プロバスケットボールの「NBA」には巨大市場に熱狂的なユーザーがいます。「Crypto Kitties」を購入したいユーザーがいたら、イーサリアムブリッジでクロスチェーンで連携すれば、さまざまな現状の問題は解決します。手数料が安く、最終的に処理が早いというイーサリアムの課題をクリアしているので、開発者にも優しいと思います。

巨大なコンテンツプロバイダとの連携は、地道に仮想通貨・ブロックチェーンに興味を持つ人のつながりやロビイングが活きてきました。

DeFi市場の現状と課題点(敬称略)

竹田(あたらしい経済)

ICOの資金調達は、多くの投資家が保護されていなかったため長続きしませんでした。「DeFi」についても一過性のブームだという意見もあります。

國光(gumi会長)

私は、一過性どころか大きな”革命”の一つだと思います。

DeFiには、大きく分けると2つのタイプがあります。1つはレンディング型。もう1つはDEX(分散型取引所)のようなものです。レンディングは伝統的な信用創造に近い。

個人的に思い入れが強いのはUniswapです。デポジットは必要ですが、ユーザーにインセンティブを与えて、圧倒的な流動性を生み出しました。今やスモールタイムのトークンの取引は、ユニスワップやDeFiで十分ではないかという認識もある。Uniswapは「コード監査」を受けているので、ハッキングされない前提であれば、セキュリティについても高いと考えています。DeFiによって、スマートコントラクトの有用な活用方法が明確になったのは大きな進化でしょう。

北原(B Cryptos ヴァイスプレジデント)

DeFiについては、規制当局も仕組みを勉強中だと思います。まず自分たちで理解しないと、どの法律がどのように適用できるかわからない。

大日方(Web3 Foundation)

DeFiが一大領域なのは間違いありません。未監査のスマートコントラクトに600億円相当の資金がロックされているのをみると、恐ろしさを感じますが、それと同時にその熱量に圧倒されます。

今後、ユーザビリティや取引手数料などの問題が解決されれば、状況が変わる可能性もある。DeFiのイールドファーミングは、仮想通貨ならではの革新的なイノベーションです。プロトコルの所有権がユーザー間で分散化され、その後ネットワークの外部性がブーストアップされることで流動性が高まるというのは、仮想通貨業界ならではのシステムです。

DeFi以外のシステムにも、例えばイールドファーミングを利用したNFTなど応用したプロジェクトも出てくるのではないかと思います。

吉田(HashPort代表取締役)

私はDeFiについて、あえて別の視点から見てみたいと思っています。

DeFiは将来的に社会に大きなインパクトを与え得る技術ではありますが、このような新興技術は往々にして初期段階で過剰な期待や過大評価が寄せられてしまう。はたして、本当にフラットでファンダメンタルズに基づいているのかということです。

例えば、かつての株式市場のドットコムバブル米国のナスダック市場が同じレンジに戻るまでに12年を要しました。ただ、先ほど大日方さんがおっしゃっていたように、DeFiやNFTのマーケットプレイスならではのマーケティング手法、いわゆる「バイラルマーケティング」は、ブロックチェーンやトークンに対して、真の価値を結びつけるための優れた方法かもしれません。

國光(gumi会長)

ビットコインは”デジタル・ゴールド”としての地位を確立したと考えています。今後、「価値の保存手段」としてBTC価格が上がることはあっても、大崩壊することはないのではないかと確信しています。

イーサリアムはビットコインとは異なる独自の進化をたどっている。ICO、DeFi、NFT・・・と、サードパーティがイノベーションを生み出しています。ICO崩壊で全滅した数年前とは状況が大きく異なると考えています。

新型コロナウイルス感染拡大の影響で、世界中が大規模な金融緩和を実施していますが、これは言い換えると世界中の国々が借金をして、現金の価値が希釈されています。そうなれば、代替資産としてゴールドの価値が上がったように、ビットコインの価格も上がりやすくなるでしょう。

多くの仮想通貨プロジェクトはビットコインに依存していますし、プロジェクトの多くはイーサリアムでテストされてます。DeFi分野をはじめ、この1~2年間で技術的な面では飛躍的な成長を遂げました。

英語版レポート

海外ユーザー向けに英語版を作成しました。

関連:Flow’s “Unlocking Value from Crypto Networks”where Japanese experts talk about NFT and DeFi markets
『超早割』終了まで
0
0時間
0
0
さらに!! CoinPost読者限定割引コード提供中!
クリックしてコードをコピー
CoinPost App DL
注目・速報 相場分析 動画解説 新着一覧
05/26 日曜日
14:55
ビットコイン上のミームコイン「DOG」とは?Runesプロトコルの背景や買い方
RunesのミームコインDOGの買い方を紹介。Runesは、Ordinalsの創設者Casey氏が立ち上げたトークン発行プロトコル。暗号資産(仮想通貨)ビットコインのネットワークを使用。Ordinals保有者向けにエアドロップされたRunestoneに関係するDOGトークンはコミュニティ形成でリード。
11:30
31日にPCE価格指数発表を控え、BTC相場の上値は限定的か|bitbankアナリスト寄稿
イーサリアムETF承認を受けて変動した今週の暗号資産(仮想通貨)市場ついてbitbankのアナリスト長谷川氏が相場分析し、ビットコインチャートを図解。今週の暗号資産(仮想通貨)相場考察と翌週の展望を探る。
11:00
週刊仮想通貨ニュース|米SECのETH現物ETF承認に高い関心
今週は、米SECによる仮想通貨イーサリアムの現物ETF上場承認、スタンダードチャータード銀行によるイーサリアムの価格予想、STEPNの続編アプリSTEPN GOの発表に関するニュースが最も関心を集めた。
05/25 土曜日
18:00
ステーキング 主要取引所の仮想通貨別・年率報酬を徹底比較
暗号資産(仮想通貨)で受動収益(インカムゲイン)を得る、ステーキングの基礎知識から高利率銘柄、国内取引所3社のサービス比較まで徹底解説。ソラナ、イーサリアムなど注目銘柄の想定年率、レンディングとの違いも説明します。
15:00
参加型地域貢献ゲーム「ピクトレ」 Snap to Earn「SNPIT」とコラボ
参加型社会貢献ゲーム「ピクトレ」が、Snap to Earn「SNPIT」写真共有SNS「ピクティア」とコラボ。2024年6月1日から赤城山エリアで特典キャンペーンと実証試験を実施する。
14:00
秋元康氏プロデュース「IDOL3.0 PROJECT」が施策を発表、NIDT高騰
オーバースが秋元康氏プロデュースのアイドルプロジェクト「IDOL3.0 PROJECT」のWeb3.0施策を発表。暗号資産(仮想通貨)Nippon Idol Token(NIDT)が高騰した。
13:00
ビットコイン採掘会社マラソン、ケニア共和国エネルギー・石油省と協定を締結
米上場ビットコインマイニング企業マラソンは、ケニア共和国エネルギー・石油省との提携を発表した。再生可能エネルギープロジェクトに取り組む。
11:10
イーサリアムの次期アップグレード「Pectra」 25年第1四半期を目標に
イーサリアムの次期アップグレード「Pectra」に関する最新情報。開発者は2025年第1四半期末のローンチを目指して動いている。EOFやPeerDAS、EIP-7702などの新機能が含まれる見込み。イーサリアムは暗号資産(仮想通貨)ETHで駆動するブロックチェーン。
09:55
米コインベース、「超党派法案はSECの主張する管轄権を否定」と指摘
米仮想通貨取引所コインベースは米SECとの裁判で仮抗告を求める最終書面を地裁に提出。FIT21法案が下院を通過したことも議論の補強材料としている。
08:15
JPモルガン、イーサリアム現物ETFの取引開始は大統領選よりも前と予想
仮想通貨の若い投資家や起業家の票数を獲得するために方針転換したバイデン政権がSECにETFを承認するよう仕向けたといった憶測が散見されている。
07:40
ドージコインのモチーフ「かぼす」、天国へ
仮想通貨の代表的なミームコインであるドージコインのモチーフになった柴犬「かぼす」が、息を引き取ったことが飼い主から報告された。イーロン・マスク氏らが哀悼の意を表している。
07:15
アルトコイン銘柄のETFが2025年に実現の可能性、SCBアナリスト分析
CFTCとSECの管轄と権限を明確に分ける仮想通貨業界の重要な法案「FIT21」が22日に米下院で可決されたことも業界にとって追い風となっており、仮に今後法律となった場合、より多くのアルトコイン銘柄のETFがローンチされやすくなると期待されている。
06:10
コインベース、PoWとPoS併用の仮想通貨銘柄「Core」上場予定
コインベースは最近、ソラナ基盤のデリバティブ取引所DriftのDRIFTトークンの新規上場も行った。また、オフショア版コインベースインターナショナルでは、昨日BONKやFLOKIの永久先物取引も開始する予定を明かした。
05/24 金曜日
17:59
コインチェック IEO「BRIL」が注目される3つの理由
暗号資産(仮想通貨)取引所コインチェックのIEO第3弾として注目されるブリリアンクリプトトークン(BRIL)。投資家が期待する3つの理由について、過去の国内IEOとの比較や親会社コロプラの強み、需給面やロードマップなどから分析。
17:49
深刻化する仮想通貨の盗難被害を専門家が分析、リスクと対策を解説|KEKKAI共同企画
仮想通貨投資家のGrypto氏がマルウェア被害でデジタルウォレットの資金を抜かれ大きな損失を被った事例が発生しました。さらなるハッキング被害を抑止するため、Web3セキュリティアプリ開発KEKKAIとCoinPostの共同企画で、ハッキングの手法や対策について解説します。

通貨データ

グローバル情報
一覧
プロジェクト
アナウンス
上場/ペア