【Vol.2】Lisk日本人開発者の遠田秀説氏に独占インタビュー

日本のブロックチェーン業界について
日本はブロックチェーン産業の大きなマーケットとして注目されているものの、日本発のプロダクトがもっと出てくるようになるといいと遠田秀説氏は語ります。
これからブロックチェーン業界で働くには
遠田秀説氏によれば、ある程度技術力があればブロックチェーンの技術に突出していなくとも働けるのではないかということで、そこでLiskがそういった方の助けになればというお話もいただけました。

Lisk日本人開発者 遠田秀説氏に対するCoinPost独占インタビュー記事のvol.2です。

vol.1「日本人開発者の遠田秀説氏の経歴やLiskでの役割、Core1.0の話題を含むLiskの今とこれから」についてはこちら↓

【Vol.1】Lisk日本人開発者の遠田秀説氏に独占インタビュー
Lisk社の日本人開発者である遠田秀説氏にCoinPostが独占インタビュー。Liskの開発者の中で唯一日本人である遠田さんの経歴やLiskでのお仕事、また注目されるCore1.0の詳細を含む今後のLiskについて伺いました。

世界から見た日本ブロックチェーン業界

日本のブロックチェーンの進展度合いは世界的に見てどう思われますか。

開発以外の業界全体としてはマーケットとしてやはり注目されています。

アジアで韓国中国日本と一番大きいマーケットといっても過言ではないですね。

お金以外の面、プロダクトでいうと他国と比べて日本発の大きなプロジェクトはあまり多くはないと思います。

プロダクトを作っているチームがたくさん日本から出てくることが大切ではないかなと思っています。

これから業界で働くには

完全なブロックチェーンエンジニアとして実際に働いている人は日本には二十人くらいと伺いましたが実際そうなのでしょうか。

知っている限りブロックチェーンのプロジェクトはあまり多く日本にはないですが、一番有名な取引所で働く方々はブロックチェーンの関連ですよね。

やはり日本からももっと多くのプロダクトが出て来てほしいなというのはあります。

ただ、ある程度技術力があればブロックチェーンの技術に突出していなくとも働けると思います

これまでのスタートアップの流れであったり、ウェブの業界であったりIT業界でやってきた開発者であれば活躍できるフィールドなのではないかと思います。

将来ブロックチェーン業界で働きたい人向けに、今は何をやっておくべきといったことや、必須条件などはありますか。

ポジションにもよりますがブロックチェーンの理論部分、アルゴリズム部分をやりたいのであれば学術的な知識、暗号関連の知識が重要です。

クリプトグラフィとかですね。

プロダクトとして考えるのであれば、Liskはブロックチェーン界隈に入ってきたい、ブロックチェーンを用いてプロダクトを作っていきたいという開発者、起業家や企業の参入を手助けするものですので、入ってくる側はこれまで通りのITやスタートアップの知識があれば十分になると思います。

Lisk、Ethereum各プラットフォームの開発言語の違いと開発者の付き合い方

Liskの開発言語について伺います。 独自言語を用いているEthereumと違ってLiskではJavaScriptを使っていますが、このメリットとデメリットを教えてください。

まずメリットとして一番大きいのは使っている人が一番多いというところですね。

Githubのランキングでも一番コミットされているのがJavaScriptです。

Liskとしては、デベロッパーを促進していくというのが一番大きいビジョンだと思いますが、そのためにはいろんな人たちに使ってもらったり、開発やコミュニティに参加してもらったりというのが重要です。

JavaScriptの採用はそのような点でメリットがあります。

デメリットに関してはJavaScript一般の話になりますが、自由度が高いというのが挙げられます。

自由度が高いからこそ、うまく制約を付けていかないと容易に読みづらいコードやバグが生まれますし、それに気づきにくいです。

これに関しては、現在パブリックになってると思いますが、リスクテンプレートという、コード規約であったり、こういう風に書いていきますよという指針であったりを含むレポジトリがGithubに上がっています

まだ適応は完全ではありませんが、順次プロジェクトに適用されていっており、これを守っていくことと、Githubのレビューを積み重ねていくことでデメリットを解除していこうというのが目的になっています。

遠田さんはEthereumの独自コードを扱うことは可能なのですか?

いえ、Ethereumのコントラクトはソリリティで書かれていると思うのですが実際僕はそんなに触っていません。

ただ、ソリリティではなく最近Ethereumのgolangで書かれているコード自体は読み進めています

Ethereumの独自コード採用のメリットとデメリットは何でしょうか。

僕もちゃんと分かっているわけではないですが、メリットとしては、独自コードで書くと一番親和性高いコードが書けるというのが挙げられます。

一方で、新しい言語ですから参入障壁は高いですし、使われていない言語ということでメンテナンスや、コミュニティからあがってくるバグ・質問が多いというのはデメリットなのではないでしょうか。

Ethereumの独自言語は現在は参入障壁が高いということですが、今後開発者が増えていけば将来的には一般化すると思いますか?

Ethereumは一番大きいプラットフォームですのでそうなることもあり得るかもしれませんが、それ以外のコミュニティが占める部分も大きいので断言はできませんね。

画像はShutterstockのライセンス許諾により使用

「LINE@」厳選情報を配信!

日本や海外の「重要ニュースまとめ」をいち早く入手したい方は、ぜひ登録してみて下さい。

友だち追加