2016年Bitfinexハッキング事件、27億円相当のビットコインが移動

盗まれたBTC、27億円相当が移動

暗号資産(仮想通貨)取引所Bitfinexにおける2016年のハッキング事件で盗難されたビットコインが再び大金で移動されたことがわかった。大規模な仮想通貨取引を追跡するWhale AlertがSNSに掲載した。

今回は、7つのトランザクションに分かれ、計2600万ドル以上(約27億円)に相当するBTCが「unknown wallet(未知ウォレット)」に移されていた。以下がその一部の送金記録となる。

送金先のウォレットアドレスは「未知」であるため、どこに送金されたかは判明できない模様だ。

Bitfinexは2016年8月に約12万BTCをハッカーに盗まれた。当時の価格では、76億円に相当。これまでの4年間で、盗まれた大半のBTCはすでに売却されたと見られているが、今年の7月、8月には再び一部の資金移動が確認された。

また、8月には、盗まれたビットコインを取り戻すために、Bitfinexは最大で約420億円の報酬を提供することを発表した。Bitfinexがハッカーと連絡をとれるように貢献した人に対し、取り戻した財産の5%を報酬として付与。また同時に、ハッカー自身にも25%分を与えると伝えている。

関連4年前のBitfinexハッキング事件で盗難されたビットコインが資金移動


画像はShutterstockのライセンス許諾により使用
「仮想通貨」とは「暗号資産」のことを指します

THE BLOCK とは

Cryptoにおける”最初で最後の言葉”であること。
The BlockはCryptoにおける最高クオリティで最重要のシグナルをお届けします。日々、Website、Newsletter、Podcast、イベントを通じて、業界で最も影響力のある人々にリーチしています。