CBDCが商業銀行と金融政策に与える影響と今後の課題=米連邦準備制度

FEDがCBDCの文献レビューを公開

米国連邦準備制度(FED)の主席エコノミストが、中央銀行が発行するデジタル通貨(CBDC)に関する先行研究を検討し、総括した文献レビューを発表した。

文献レビューは、特定の研究テーマを深く理解し、問題点を把握するためには欠かせない作業であるため、米国政府によるCBDCの調査研究が前進していると読み取ることができそうだ。

CBDCのおおまかな定義

理論的な観点から見ると、CBDCの導入は以下のような、長年にわたる議論を提起するとレビューでは紹介している。

  • 公的通貨と私的通貨の供給
  • 一般世帯に金融政策を直接伝達する手段としてCBDCを活用する中央銀行の能力

そして、政策立案者や学識者が合意している普遍的な定義はないとしながらも、多くの研究文献では、「国民が直接保有する中央銀行の負債」の影響が研究されていると指摘した。さらに、CBDCは、広義には「利息の支払いが可能な支払手段」であり、「必ずしも商業銀行口座に保有する必要はない」と考えられているとまとめた。

商業銀行に与える影響

レビューでは、CBDCは「基本的に商業銀行の預金に代わる有利子の代用物」としての役割を果たす可能性が指摘された。

このような「代替品(=CBDC)」と共存しなくてはいけない状況下では、商業銀行は預金金利の変更を余儀なくされるかもしれない。その結果、影響を受けた資金調達コストの調整のため、銀行は融資条件の変更によって対応することが考えられる。

つまり、CBDCの導入によって、銀行の預金と貸出の量がともに変化する可能性がある。以上の点が、一部の政策立案者のCBDC導入に対する、次のような懸念を代弁していると著者は述べている。

  • CBDCが商業銀行の主要な資金源に取って代わる
  • 銀行の仲介機能が排除される
  • 銀行融資の減少につながる

金融政策と金融安定性への影響

「新たな形の中央銀行マネーであるCBDCは、新しい金融政策ツールとしての役割を果たすこと、あるいは世帯のポートフォリオ選択と銀行の取り付け騒ぎが起こる確率に影響を与えることで、中央銀行のより広範な政策目標に影響を与える可能性がある」と著者は総括している。

金融政策や金融安定性にとっては、「マクロ経済のショックに対応するためにCBDCが提供する柔軟性」が、重要な要素であるとした。

一つの具体例として、CBDCの支払い手段としての流動性という点に注目し、金融危機の際に政府が活用できる政策とその効果の研究をあげた。

デジタル通貨であるCBDCの資金の流れは観察可能であり、大規模かつ突然の資金流入等に注意を払うことで、中央銀行は財務状況を推測することができるようになる。特に緊急時の適切な政策対応を設計する上でこの特性は非常に重要になると指摘した。

今後の課題

レビューでは、先行研究の検討結果を踏まえ、今後の課題を次のようにまとめている。

「最も重要な問いは、どの資金を使用するかという家計のポートフォリオ選択にとって、支払い手段として、また価値の貯蔵手段としての、CBDCの本質的な特徴のどの面が重要なのかということだと考えている。」

CBDCは、真っ先に家計が利用できる支払や貯蓄の選択肢を拡大するため、まず消費者の支払いの選択について理解することが不可欠であると著者は述べている。その点を踏まえて初めて、理論的枠組みの中で、CBDC導入のマクロ及びミクロ経済効果を完全に理解するできると主張した。

CBDCが現金、預金、またはその両方の代替品となり得るかどうかを特定することも 消費者の支払い手段の選択肢として、CBDCの採用を左右する重要な要素だと付け加えた。

出典:米国連邦準備制度


画像はShutterstockのライセンス許諾により使用
「仮想通貨」とは「暗号資産」のことを指します