CoinPostで今最も読まれています

「サトシナカモト」を自称し話題になったCraig Steven Wright氏に独占インタビュー

画像はShutterstockのライセンス許諾により使用

トークン化ソリューションを実装予定
SBIと協力してトークン化ソリューションを実装する予定です。ビットコインキャッシュの円などのペッグ版を作ることで、ビットコインキャッシュの上で利用される円を持つことができます。

CoinPost編集部は、ビットコインキャッシュのイベントであるSatoshi’s Visionにおいて、サトシナカモトを自称したことで話題になったCraig Steven Wright氏に独占インタビューを実施致しました。

以前、SBI北尾氏がビットコインの生みの親でありながら謎の人物でもあるサトシナカモトと議論を行なった、と2017年10月26日(木)の決算説明会にてコメントを残したことがありました。

当時、この人物はサトシナカモトを自称したCraig Steven Wright氏ではないか、と憶測されました。

それを裏付けるかのように、今回のインタビューでCraig Steven Wright氏は、ビットコインキャッシュの円などのペッグ版を作るために、東京でSBIなどと協力している、という旨の発言をしています。

以下はインタビュー全内容のまとめです。

インタビューにご協力いただいたCraig Steven Wright氏に御礼申し上げます。

Craig Wright氏インタビュー

仮想通貨投資家以外の日本人の多くはビットコインを知っていますが、ビットコインキャッシュについてはあまり知りません。ビットコインコアとビットコインキャッシュについて説明をお願い致します。

ビットコインキャッシュはビットコインです。(Bitcoin Cash is Bitcoin.)

ビットコインキャッシュはオリジナルのビットコインであり、フォークが起きたとき、一部の人がSegWitを追加することでビットコインを根本的に変えてしまいました。それがビットコインコアです。

つまり、BTCがフォークであり、ビットコインキャッシュがビットコインです。

今後ビットコインコアがなんらかの壁にぶつかると思いますか?

ビットコインが分裂したことをとても残念に思います。

しかし、人が信じるものには根本的な違いがあり、競争することは当たり前だと思っています。ビットコインキャッシュはキャッシュとして存続します。

ペーパーにはpeer-to-peer電子キャッシュシステムであると書いてあり、それこそがビットコインの正体であると思います。

彼らは決済システムを作りたいようで、それには反対しませんが、うまくいくとも思いません。

日本ではビットコインでの決済はありますが、ビットコインキャッシュではほとんどありません。ビットコインキャッシュでの決済を増やすにはどうすれば良いと思いますか?

企業の採用を増やす必要があると思います。

これは、現在では優先順位が高い課題です。

ビットコインキャッシュを認める企業が増えれば、需要が上がり、より多くの人が利用できるようになります。

BTCは、人々のお金の使い先を指定することで制限を設け、それにより限界に達してしまったことが問題になりました。

「1秒に3つの取引しか処理できない」場合、競争が起きてしまいます。

そして取引を処理するために膨大な時間とお金が必要になってくると、今度はクレジットカードを使った方がマシになってしまいます。そのため物事をスケールし、小さい取引を許可すればシステムは成長し続けます。

ビットコインは著しく成長していましたが、残念なことに手数料が高くなり、扱いづらくなりました。そしてビットコインはコーヒーを買うことやレストランで支払うことに適さなくなり、結果的にビットコインを使う対象が少なくなっていきました。

ビットコインは、お金がある人だけでなく全ての人のためにあるべきです。

ビットコインは「価値の保存」としての役割が主になっていると思いますか?

ビットコインは「価値の保存」ではないことが、最大の根本的欠点だと思います。

経済や財政を勉強したことがある人なら気付くと思いますが、価値の保存は後からくるものです。他の利用法があれば、それは価値の保存になります。

商品には価値があるから価値の保存になります。つまり、価値の保存だから価値があるとは言えません。

ビットコインは決済システムであり、基本的に不変のレジャーです。

ビットコインはデータや記録を保存する方法であり、タイムスタンプシステムです。これら全てがビットコインを商品化します。

価値があり、需要があり、決済システムがあるからこそ、それは「価値の保存」になり得るのです。

多数の政府はビットコインやビットコインキャッシュなどのデジタル通貨を気に入っていないという意見があります。ビットコインキャッシュを理解してもらうにはどうしたら良いと思いますか?

トークン化ソリューションを実装する予定です。

そのために、この東京でSBIなどと協力しています

ビットコインキャッシュの円などのペッグ版を作ることで、ビットコインキャッシュの上で利用される円を持つことができます。

これにより、アトミックスワップおよび決済の送金が容易になります。そしてビットコインキャッシュの利点も全てついてきます。

円は信用されているため、ビットコインキャッシュもより使われるようになります。

そこでビットコインキャッシュを通して決済が行われていて、手数料がビットコインキャッシュで支払われていることに気づいた人は、ビットコインキャッシュを保有しようと考え始めるでしょう。

何かをトークンとしてペッグしても利用は増えます。

つまり円での取引が増えれば、ビットコインキャッシュの取引も増えることになります。そして使えば使うほど価値も上昇します。

ビットコインキャッシュの価値が上がっていることに気づけば、法定通貨ではなくビットコインキャッシュを保有しようと考える人も増えるでしょう。

そうする人が増えるほど、世界的なエコシステムおよび経済が少しずつ完成していきます。

ビットコインキャッシュは、いずれビットコインよりも時価総額が高くなると思いますか?

現在BTCは投機でしかなくて、使うことができません。

決済システムでもなければ、良い「PayPal0.7」でもないため、人々はそれに価値がないことに気づき始めます。

決済システムでもなく、それ以外の何者でもなければ行き先がないからです。

現在BTCには価値が上がっているという事実しかありません。

しかし、その価値が上がる理由とはなんでしょう?

会社の株の価値が上がる理由は、多くの人がそれを買っているからだけでなく、元々価値があるからです。

現在何かを成し遂げていて、18ヶ月後、そしてまた18ヶ月後にさらに何かを成し遂げると約束されているからです。

他のアルトコインについてどう思いますか?

競争は好きなだけしてもいいと思いますが、意味はないと思います。

彼らがやっていることは、全てビットコインキャッシュでより高いレベルで行うことができます。今年そのような発表をたくさんする予定です。

CoinPostの関連記事

仮想通貨の専門用語がわからない方は、こちらの記事を参考にどうぞ。

仮想通貨用語まとめ|投資初心者向けのポイント解説一覧
投資初心者のための「仮想通貨用語まとめ」を作成。ビットコイン(BTC)やリップル(XRP)など知名度の高い仮想通貨名と重要な関連用語、国内外の主要取引所名、マイニング関連用語集などを幅広く解説!仮想通貨投資の入門編としてお役立て下さい。
CoinPost App DL
注目・速報 相場分析 動画解説 新着一覧
04/23 火曜日
19:00
メゾンマルジェラ MetaTABI NFT発売
メゾンマルジェラがMetaTABI NFTを一般販売開始。デジタル専用設計のタビシューズはThe Fabricantとのコラボで、限定版タビブーツとレザーウォレットが付属。今後のWeb3ブランドイベントにも参加可能。
18:00
ライフカードVプリカ 仮想通貨で購入可能に
ライフカードが暗号資産(仮想通貨)決済サービス事業者Slash Fintechと提携。2024年5月15日から「Slash Vプリカ SHOP」でステーブルコイン等を使ったVプリカギフトの販売を開始する。インターネットショッピングやオンラインゲーム等、デジタルサービスでのプリペイド決済が拡大する見込み。
14:00
ベネズエラ、石油取引で仮想通貨使用を加速か
ベネズエラの国営石油会社PDVSAは原油と燃料の輸出において、暗号資産(仮想通貨)の利用を増やす計画だ。背景には米国による制裁再発動がある。
13:00
SEC弁護士2名が辞任、「重大な権力乱用」と非難受け 
米仮想通貨企業Debt Boxに対する訴訟において、連邦地裁が「重大な権力乱用」を理由に米国証券取引委員会に制裁を課したことを受け、同委員会の担当弁護士2名が辞任したことがわかった。
12:00
「スイス中銀はビットコインを準備資産に持つべき」2B4CHが提唱
スイスの仮想通貨擁護団体「2B4CH」は、スイス国立銀行がビットコインを準備金として持つことを提唱している。国民投票を目指す計画だ。
11:00
米大統領候補ケネディJr氏、ブロックチェーンによる国家予算監督を提唱
米大統領選候補のロバート・F・ケネディ・ジュニア氏は21日、米国の国家予算をブロックチェーンに記録して透明性を高めるという考えを披露した。
10:12
NY証券取引所、取引時間の延伸を検討か
仮想通貨と同様に株式等を24時間取引できるようにすることのメリットなどを、ニューヨーク証券取引所が市場参加者に調査していることがわかった。調査の概要が明らかになっている。
09:25
Xverseウォレット、ビットコインRunes機能対応
XverseはOKXのOrdinalsマーケットプレイスや、Magic EdenのビットコインNFT電子市場で利用可能だ。ライバルの仮想通貨ビットコイン専用ウォレット「UniSat」もRunesに対応済み。
08:00
FTX、ロックされたソラナを個人投資家参加のオークションに
FTXは4月上旬ロックされたSOLを清算するために、高割引として、2,500万~3,000万の仮想通貨SOLを約19億ドル相当で売却。これは、1トークン=64ドルの安値だったが、当時の価格は約175ドルだった。
07:15
スクエニ「シンビオジェネシス」、世界展開をアニモカJPが支援
スクエニのNFTコレクティブルアートプロジェクト「シンビオジェネシス」の世界展開を支援するとアニモカブランズジャパンが発表。400社超のWeb3企業に投資するアニモカブランズのネットワークも活用する。
06:45
Magic Eden、ビットコインのミームコイン規格Runesに対応
Runesはビットコインの4度目の半減期が発動した4月20日にローンチされたビットコインメインネット上で代替可能な新規ミームコインを発行するプロトコルで、既存のBRC20トークン規格の改善版に当たる。
05:55
コインベース、AI・ゲーミング仮想通貨銘柄新規上場
KARRATプロトコルは、仮想通貨KARRATによってサポートされた分散型ゲームインフラストラクチャレイヤーで、ゲーム、エンターテインメント、AI主導の体験進化を加速させることを目的としている。
04/22 月曜日
14:47
ビットコインの新規格「Runes」、半減期後の需要殺到でBTC取引手数料が急騰
半減期直後の仮想通貨ビットコインにおいて、新規格「Runes(ルーン)」の影響が大きな反響を呼んだ。Ordinals(オーディナル)」開発者であるCasey Rodarmor氏が生み出したものであり、そのメリットに焦点が当たっている。
14:16
米ブロック社支援のマイニング企業Gridless、ケニアで再生エネルギーの利用促進
仮想通貨マイニング企業Gridlessは、アフリカ各国で太陽光や地熱を利用してBTCマイニングを行っている。地域の電力網にも貢献する仕組みだ。
12:20
マウントゴックス弁済巡る思惑強まる、公式サイトで日本円などの支払いオプション提示か
破綻した仮想通貨取引所マウントゴックスは、債権者への仮想通貨弁済について詳細を記した表を更新した.。返還金の売り圧も懸念されているところだ。

通貨データ

グローバル情報
一覧
プロジェクト
アナウンス
上場/ペア
イベント情報
一覧
2024/04/24 11:30 ~ 13:30
その他 オンライン
2024/04/25 ~ 2024/04/26
東京 国立新美術館
2024/04/27 10:30 ~ 20:00
東京 東京都渋谷区
重要指標
一覧
新着指標
一覧