Bitfinexが日本円・ポンド取引取り扱い発表|JPY取引ペア5種追加

Bitfinexが円、ポンドによる取引の取り扱いを開始
Bitfinexは29日、新たに円・ポンドを用いた取引サービスを開始すると発表しました。円による取引が行える通貨はBTC,ETH,NEO,EOS,IOTAの5種であり、29日から日本円の入金を受け付けています。
Bitfinexの本社移転
同取引所は、香港にある本社をスイスに移転する計画であることを28日に発表しています。スイスは自国内でのICO実施に関するガイドラインを策定するなど、仮想通貨の普及について積極的な姿勢を示している国の一つでもあります。

Bitfinexが円・ポンドによる取引を追加

世界第5位の取引高を誇るBitfinexは29日、自社ブログで法定通貨による取引を新たに取り扱いを開始しました。

今回の変更では、新たにJPY(日本円)GBP(イギリスポンド)による取引の追加と、EUR(ユーロ)ペッグによる取り扱い通貨の追加が行われました。

Bitfinexが今回追加する取引ペアは以下の5通貨です。

  • BTC : BTC/JPY & BTC/GBP
  • ETH : ETH/EUR, ETH/JPY & ETH/GBP
  • NEO : NEO/EUR, NEO/JPY & NEO/GBP
  • EOS : EOS/EUR, EOS/JPY & EOS/GBP
  • IOTA : IOTA/JPY & IOTA/GBP

また、上記のフィアットペアの取引に加え、Bitfinexは新たに日本円とイギリスポンドの口座開設を開始する予定です。

日本円とポンドの入出金は29日から開始されています。

仮想通貨の取引量・国際市場との関わりが増えている状況を鑑み、Bitfinexはこの度のサービス拡充へ至ったようです。

Bitfinexにこれらの新しい取引ペアを追加されることで、トレーダーのアクセシビリティと利便性が向上し、取引所、ひいては仮想通貨市場全体の流動性向上が見込まれます。

仮想通貨/フィアットのトレードペアの追加導入によって、多くのアルトコインがビットコインの値動きに依存している現状の改善が行われるかもしれません。

Bitfinex CEOのJL van der Velde氏は、以下の声明を発表しています。

法定通貨の取り扱いを追加することで、仮想通貨市場への参加がよりグローバル化することに寄与でき、非常に嬉しく思います。

透明性が高く、世界的な規制協力のもと健全な取引が行える体制づくりのため、我々は全力で推進していきたいと思います。

市場のサポートを追加する我々の取り組みは、その前進に大きく貢献できることでしょう。

今回の追加では、日本に限らず世界的にコミュニティ人気の高いRipple(XRP)、Litecoin(LTC)などの通貨はサポートされず、引き続きBTCまたはUSDでのみ取引が行われます。

BitfinexはEOSをベースにした分散型取引所である「EOSfinex」の立ち上げを発表しています

また、coinsmarketcapによると、3/30現在、IOTAの24時間あたりの取引高はBitfinexがBinanceを抜き一位となり、その割合は全体の43.14%(IOTA/USD:33.13%、IOTA/BTC:5.26%、IOTA/他ペッグ:4.75%)となっています。

このことから、EOS、IOTAはBitfinexが取り扱う多くの通貨の中でも、特に注目されている通貨であることが窺えます。

Bitfinexの本社移転

Bitfinexは先日も、本社移転に関して仮想通貨業界で大きな話題となりました。

同取引所は28日、自社の拠点を香港からスイスへ移転する計画であるとの報道がHandelszeitungによりなされています。

3月には、Binanceが同様に香港からマルタへ移転する計画を発表しており、アジア圏の規制から逃れる意向が見られます。

BinanceとBitfinexが非実用的な政策を理由にアジア地域から完全撤退か
非実用的な政策を理由に、世界最大の仮想通貨取引所であるBinanceがアジアからマルタに移転することを決め、同様に最大級の仮想通貨取引所であるBitfinexもスイスへの移転を検討しています。アジア市場の衰退が懸念されています。

スイスは自国内でのICO実施に関するガイドラインを策定するなど、仮想通貨の普及について積極的な姿勢を示している国の一つです。

スイス金融当局がICOガイドライン作成/世界に先駆けてICO支援国となるか
スイスでは、新規ICOの実施に関するガイドラインを制定し、健全なICOが行われる体制づくりが着々と行われています。当ガイドラインでは、ICOプロジェクトを3つのカテゴリーに分類し、それぞれに適用される法律の枠組みなどを定めています。

Bitfinexのスイス移転により、ブロックチェーン技術を用いたビジネスがスイスで活発化するきっかけになるかもしれません。

さらに、スイスの銀行のサポートによって、Bitfinexの関連会社が発行するテザーの透明化が図られるかもしれません。

Tetherがプエルトリコの金融機関と業務提携か|BitMEXレポート内で指摘
仮想通貨のスタートアップ企業であるTether社が、プエルトリコの金融機関であるNoble Bankと取引関係を結んでいる、という新たな調査結果がBitMEXにより明らかにされました。しかしながら、どちらの企業も本件に関するコメントを避けています。

画像はShutterstockのライセンス許諾により使用

「LINE@」厳選情報を配信!

日本や海外の「重要ニュースまとめ」をいち早く入手したい方は、ぜひ登録してみて下さい。

友だち追加