CoinPostで今最も読まれています

最高値更新視野のビットコイン市場、今後の注目ポイントは? bitbank仮想通貨週間市況と各金融市場の騰落率

画像はShutterstockのライセンス許諾により使用

今週の相場の動きは

ビットコイン市場は今週も好調で、BTC価格は約3年ぶりに190万円台に乗っている。BTC時価総額も18日に、3350億ドルと過去最高を更新した。


目次
  1. 各市場の騰落率
  2. bitbank寄稿

各指標の騰落率一覧

11/20(金)終値時点の週間騰落率は、以下のようになった。

CoinPostで作成

月初来騰落率

CoinPostで作成

年初来騰落率

CoinPostで作成

(今週の騰落率は、先週の終値、今週の終値を用いて計算。月初来、年初来についても前の月、年の終値で計算)

(仮想通貨の価格は取引所コインベースを参照)

11/14〜11/20のBTCチャート

CoinPostで作成

bitbankアナリスト分析(寄稿:長谷川友哉)

ビットコイン(BTC)対円相場は今週も堅調に推移。本稿執筆時点(20日正午時点)で週足は前週比19万円ほど高い186万円台で推移しており、2017年9月18日から始まる週以来、初めて7週連続で陽線が記録される見通しだ。

今週のBTC相場は、週明けよりXRPやライトコイン(LTC)といった時価総額上位のアルトコインの上昇に連れて、週末に形成した短期ダブルボトムのネックライン上抜けに成功(第1図)。17日には、前週高値の173万円をサポートに175万円周辺で揉み合うと、グレイスケールのビットコイン投信の運用資産が50万BTCに達したとの報や、この日もアルトコインに買いが入ったことがBTC相場の追い風となり、この日は上値を追う展開で186万円にタッチした。

しかし、翌18日の相場は乱高下。東京時間には2018年1月10日ぶりに190万円台に乗せるも、すかさず出来高を伴って急反落し、わずか50分間で12万円ほど吐き出した。この日まで相場が年初来高値を連日のように更新してきたこともあり、安値で拾う動きも見られ、相場は対ドルで17,200ドル水準の180万円周辺から素早く反発したが、その後は190万円がレジスタンスとなり、再び反落し180万円割れをうかがった。

幸い、18日終値は185万円を死守したものの、19日は大口の利食いが警戒され買い控えムードが広がり、東京時間からジリジリと下げ180万円を目指す展開に。ただ、この日はLTC相場が再び強含み、BTCも反発し一時はプラス圏に浮上したが、買いは続かず、終値はこの日の始値とほぼ同じ価格となり、「寄引同時線」が出現した。

第1図:BTC対円チャート(1時間足)出所:bitbank.ccより作成

寄引同時線は高値圏で出ると反転の可能性を示唆するが、BTCは乱高下しながらも対ドルでは安値を切り上げて推移してきている。また、今週は協議がストップしていた米追加経済対策案も米与野党の間で再開の見通しが発表され、ひとまずはBTCにとってプラスと見ている。

先週は、BTCに残された目星い上値目途が180万円と209万円(対ドルで18年1月高値と過去最高値)の二つで、真空地帯の中では相場が走る可能性も指摘したが、相場が180万円を上抜けた後もそれほどヒストリカル・ボラティリティー(HV)が上昇しておらず、これまでの天井パターンは確認されない(第2図)。

第2図:BTC対円、10日物、30日物ヒストリカル・ボラティリティーチャート 出所:bitbank.ccより作成

どこまで足元の上昇基調が続くのか、ややチキンレースと化していることも指摘されるが、チャートはこれまで「上昇バンドウォーク」という現象を比較的綺麗に維持しており、HVに加え、これが崩れるタイミングに注意しておきたい。

上昇バンドウォークは強いトレンドが発生している時に出る現象で、ボリンジャーバンドの幅が広い状態が維持されつつ、相場が1シグマと2シグマの間を推移しながら上昇していくことで、足元の相場はこれを直近1ヶ月ほど維持している(第3図)。このため、この先はバンド幅の収縮や相場の1シグマ割れなどに注意しておくと良さそうだ。

第3図:BTC対円チャート(日足) 出所:bitbank.ccより作成

寄稿者:長谷川友哉長谷川友哉(ハセガワ ユウヤ)
英大学院修了後、金融機関出身者からなるベンチャーでFinTech業界と仮想通貨市場のアナリストとして従事。2019年よりビットバンク株式会社にてマーケットアナリスト。国内主要金融メディアへのコメント提供、海外メディアへの寄稿実績多数。

関連:bitbank_markets公式サイト

『早割』終了まで
0
0時間
0
0
さらに!! CoinPost読者限定割引コード提供中!
クリックしてコードをコピー
CoinPost App DL
注目・速報 相場分析 動画解説 新着一覧
06/21 金曜日
17:00
コナミやネクソン、企業がアバランチを採用する理由 AVAXの役割と買い方を解説
コナミやネクソンがアバランチを採用する理由を解説。暗号資産(仮想通貨)AVAXの役割や購入方法について詳しく紹介。投資家やユーザーに必見の情報を提供します。
14:00
ソラナDePINのHelium Mobile、機器メーカー向けに技術ライセンス供与を開始
分散型5G通信事業を展開するHelium Mobileは、機器メーカー向けに技術スタックのライセンスプログラムを開始すると発表した。独自ネットワークの拡大により、無線インフラ革命の加速を目指す。
13:15
円安ヘッジなどで30社以上の国内上場企業が仮想通貨を保有、日経報道
米マイクロストラテジーは2020年からインフレヘッジのためにビットコインを買い続けているが、日本企業の場合、進む円安の回避を目的とすることが多いようだ。
12:36
マイナー売り継続の中、ビットコインなど仮想通貨相場は冴えず
暗号資産(仮想通貨)市場ではビットコイン(BTC)が65000ドルを割り込んで2週連続続落している。半減期で資金繰りの悪化したマイナー売り継続が示唆される中、センチメントが悪化し、アルトコイン相場も売り優勢が続く。
11:35
「日本で暗号資産を再定義する必要」自民党木原誠二氏と平将明氏語る
自民党の木原誠二議員と平将明議員は、ビットコインなど仮想通貨を法的に再定義する必要性について話した。
10:20
米地裁、「XRPの個人投資家への販売が証券である可能性排除できず」
米地裁判事はリップル社に対する新たな訴訟を承認。仮想通貨XRPの個人投資家への販売が証券にあたる可能性があるとしている。
09:40
ETF申請企業Bitwise、イーサリアムの動画広告を公開
米国でイーサリアム現物ETFの宣伝競争が開始する可能性があるとの声が、BitwiseがNFT動画広告を公開したことで上がった。動画の内容も明らかになっている。
08:30
マイナー売り継続か、ビットコイン保有量が21年以降の最低水準に 
マイナーの仮想通貨ビットコインの保有量が、21年以降の最低水準にある。今月10日には、OTC取引でマイナーが1,200BTCが売却したことが確認された。
07:35
トランプ氏、ウィンクルボス兄弟から約31 BTCのビットコイン寄付金を獲得
ビットコイン古参勢であるウィンクルボス兄弟は一人ずつ15.47 BTCを寄付し、11月の大統領選でトランプ氏に投票すると宣言した。
06:40
bitFlyer、FTXジャパン買収合意 加納CEO「暗号資産預託事業をコアに」
日本の暗号資産取引所ビットフライヤー(BitFlyer)がFTXジャパンを買収し、カストディ事業を新たなコア事業として展開する方針を示した。加納CEOのコメントと共に、詳細を解説。
06:15
レイヤーゼロの仮想通貨ZRO、バイナンスやBybitに上場
トークンを取得するために、Protocol Guildという組織に寄付することを強制しており、コミュニティから大きな反発を買っている。
05:50
北米初のソラナ現物ETF、3iQがカナダでローンチへ
カナダの大手仮想通貨資産運用会社3iQ Digital Asset Managementは20日、ソラナの現物ETFの仮目論見書を規制当局に提出したと報告した。北米で上場する初のソラナ現物ETFとなることを目指している。
06/20 木曜日
21:35
米マイクロストラテジー、1200億円相当のビットコインを買い増し
今回は、65,883ドルの平均購入価格で11,931 BTCを購入。1200億円に相当する費用は、新たな転換社債の売却によって調達されたものだ。
16:46
グリー初のNFTゲーム『クリプトキャッチ!釣り★スタ』、SUIを扱う国内取引所とコラボキャンペーン開始
グリーは、新作ブロックチェーンゲーム『クリプトキャッチ!釣り★スタ』を全世界配信開始。リリース記念キャンペーンも実施中。暗号資産(仮想通貨)SUIを扱う国内取引所とコラボキャンペーン開始。
16:10
コナミ、NFTソリューション『リセラ』を開放 アバランチ採用
コナミデジタルエンタテインメントはNFTソリューション「リセラ」を公開。Avalanche(アバランチ)を採用し、Web3機能を実装。企業や団体が容易にNFTを発行できる環境を提供。

通貨データ

グローバル情報
一覧
プロジェクト
アナウンス
上場/ペア