コロナ禍で一変した2020年、仮想通貨相場と時事ニュースから振り返る

2020年のニュース総決算

新型コロナウイルス(COVID-19)の全世界的な流行により、これまでとは大きく違った生活様式を求められた2020年。世界経済への影響も甚大となり、株式市場を始めとしたあらゆる市場が乱高下を記録した。

また、各国の政府は経済対策として歴史的に類を見ない規模の金融緩和を実施、ほぼ無尽蔵に発行される法定通貨への信頼が揺らぐという、奇しくもビットコインが誕生した2008年と同じような状況が訪れた。

2008年の金融危機を一つの契機として誕生したビットコインは、2017年末に記録した過去最高値を大きく超えるなど高騰した。

そんな2020年の主要な時事ニュースと仮想通貨ニュースを1年間の振り返りとしてリストアップ。また、ビットコイン、金、日経平均、ダウ平均の価格(月の終値)を掲載する。

また、その月の景気観の指標として、内閣府の月例経済報告から景気判断の部分を引用した。報告内でのキーワード「コロナ」の登場回数も併記している。

1月~3月 ー新型コロナ、世界に感染拡大ー

新型コロナ(COVID-19)は武漢を起点として世界に感染が拡大した。先行き不安を受けNY原油先物価格がマイナスを記録するなど、市場は乱高下を経験した。

1月(総記事数:352)

関連:金融庁、仮想通貨FXのレバレッジ「2倍」で方針固める=日経

2月(総記事数:389)

関連:LINEグループ、全世界に仮想通貨取引サービスを提供へ BITFRONTを米国で運営開始

3月(総記事数:389)

関連:ビットコインなど仮想通貨市場崩壊、コロナショックと原油急落で金融市場がパニックに

4月~6月 ー新型コロナ、先行き見えずー

コロナの終息への先行きが見えない状況が続き、日本では4月に緊急事態宣言が出された。また、ロックダウンによる閉塞感も相まって、世界的に黒人差別に抗議する運動が広がった。

4月(総記事数:406)

関連:新型コロナ 日本政府が緊急事態宣言


5月(総記事数:347)

関連:ビットコイン半減期とは 仮想通貨市場への影響を解説

関連:コロナ禍でビットコイン投資したファンド界の大物、チューダー・ジョーンズの影響力


6月(総記事数:354)

関連:仮想通貨取引所bitFlyerが新テレビCM放映 乃木坂46 齋藤飛鳥がイメージキャラクターに


7月~9月 ー経済、持ち直しへー

感染者数が減少したことで、経済には持ち直しの動きも見られた。国内では、GoToキャンペーンなども開始され、経済と感染対策の両立が求められた。

7月(総記事数:373)

関連:COMPなど高騰するDeFiトークンに有識者ら熱視線


8月(総記事数:326)

関連:ビットコインは12000ドルまで回復、米CME先物も存在感を強める


9月(総記事数:345)

関連:ビットコイン急落に複数要因、DeFi市場高騰でイーサリアムのガス代が歴史的水準に


10月~12月 ー新型コロナ、感染再拡大ー

コロナの感染が再拡大し、ロックダウンが再度実施される事例も出てきた。同時にワクチンも開発が進み、一部先進国では接種が開始された。

10月(総記事数:368)

関連:PayPalの仮想通貨サービス、今後の事業展開と収益への影響は?


11月(総記事数:340)

関連:シンガポール最大手銀DBS、機関投資家向け仮想通貨取引所を来週ローンチへ


12月(総記事数:370~)

関連:ビットコイン、2万ドル突破前後で起きた3つのこと──過去最高値・年初から約3倍に


各市場の終値はTradingViewを参照。ビットコインの価格は取引所コインベースのものを参照した。

24時間上昇率ランキング(国内)
24時間下落率ランキング(国内)
1週間上昇率ランキング(国内)
1週間下落率ランキング(国内)
時価総額ランキング(国内)

画像はShutterstockのライセンス許諾により使用
「仮想通貨」とは「暗号資産」のことを指します