CoinPostで今最も読まれています

世界最先端のCBDC実証実験──官民連携で取り組むデジタル人民元

画像はShutterstockのライセンス許諾により使用

深センでのテストよりも大幅に規模拡大

まもなく中国の蘇州で行われるデジタル人民元の大規模テストについて、前回よりもいくつかの側面で広範なものとなることが判明した。

二回目の大規模テストとなる蘇州では、一般市民に宝くじ抽選によりデジタル人民元を配布して、ショッピングを奨励することを施策として打ち出す。

テストは中国では大セールが行われる日として知られる「12月12日(双12)」の前日にあたる11日より開始し、27日まで実施される予定だ。

宝くじ形式の体験型モデルとした大枠はこれまでのデジタル人民元と共通するものの、蘇州では、いくつかの新たな注目すべき点が見られている。

eコマース大手がDCEP決済受付

まず、中国のeコマース大手JD.comがデジタル人民元(DCEP)を受け入れることだ。

JD.comによると、宝くじの当選者は、同プラットフォームのモバイルアプリを介して、JD.comのショップでのみDCEPを使用できるという。プラットフォーム上でサードパーティのショップが扱っている商品は購入できない。

JDは日本版Amazonと似た仕組みを持っており、自社モール内に商品を仕入れてJD名義で販売する方法がメイン販売ルートだ。これは、アリババのタオバオ(個人間取引を仲介)やTmall(日本の楽天市場のようなモデル)とも異なっており、集権的に決済テストを行える環境を提供できる利点がある。

店舗数、参加人数、期間の面でより拡大

また、深センでは約3300の店舗がDCEP決済を受け付けたが、今回蘇州ではスーパーマーケット、レストラン、コンビニエンスストアなど、合計約1万の店舗でDCEPによるショッピングが行えるようにする。

店舗数だけではなく、DCEPを貰える市民の人数も大幅に増加した。蘇州の人口(1,070万人)は深センの人口(1,300万人)よりも少ないものの、テスト参加者の総数は10万人の予定。深センでは5万人が実証実験に参加したが、その2倍に相当する。

テスト期間も長期間になる予定だ。深センではDCEPのテストは1週間弱であったのに対し、蘇州では12月11日から12月27日の2週間以上に渡って実施されることになる。

オフライン決済機能の導入も

技術的な側面では、今回よりオフライン決済機能が導入されることも大きい。

この機能をテストするために、10万人の宝くじ当選者からさらに、1000人未満の市民が選ばれることになる。

オフライン決済は、近距離無線通信技術に基づくものだ。中国人民銀行 (PBoC) は以前、DCEPウォレットは、正式展開された際に、インターネットに接続していなくても、2つのスマートフォンまたはハードウェアデバイスを相互に接触させることで取引を実行できる特徴がある。災害時などのインフラ停止などを想定した機能だ。

PBoCのデジタル通貨研究所は、10月に「デジタル通貨チップカードを使用してオフライン取引を完了する方法とシステム」の特許を取得していた。

この特許は、オフライン取引を行う上で、近距離無線通信またはBluetoothをどのように活用するかを詳述している。オフライン取引を受信する当事者が、インターネットに接続した場合には、中央銀行のプライベート台帳と同期して情報を共有するという。

ウォレットを提供する機関を追加

また、深センのテストではDCEPウォレットをアクティブ化するためには、ユーザーが4大商業銀行のうちの1つを選択する必要があったが、蘇州のテストでは、新たな銀行二行が選択肢に加えた。

4大銀行である中国工商銀行、中国建設銀行、中国農業銀行、中国銀行は、DCEP用のモバイルウォレット、ハードウェアウォレットの開発に参加してきた国営の銀行だ。

蘇州のテストでは、これらに加えて交通銀行と中国郵政儲蓄銀行という2つの金融機関でも、新たにウォレットをアクティブ化することができるようになる。

この動きは、将来のテストにおいて民間企業もDCEPの発行システムに参加する可能性があることを窺わせるものだ。

蘇州政府は、「他の事業体はまだ積極的にウォレットのシステムを開発している最中である一方、今回のテストには6つの商業銀行が参加する準備を整えている」と述べた。

なお、DCEPの開発には、大手銀行に加えて銀聯、DiDi、Meituan、AliPay、WeChatPayなどの企業も参加したと報告されており、将来は、こうした民間IT企業もデジタル人民元のテストに参加し、より一般的な生活に適応できる最終モデルへフェーズわけされていることが見て取れる。

これらの動きを経て、米大手投資銀行ゴールドマン・サックスは、デジタル人民元が2029年までに、中国国内消費額の15%を占めるようになると予想している。

関連:ゴールドマン・サックス「デジタル人民元は10年以内に中国の決済総額の15%に到達」

CoinPost App DL
記事提供:THE BLOCK
THE BLOCKとは

Cryptoにおける”最初で最後の言葉”であること。
The BlockはCryptoにおける最高クオリティで最重要のシグナルをお届けします。日々、Website、Newsletter、Podcast、イベントを通じて、業界で最も影響力のある人々にリーチしています。

注目・速報 相場分析 動画解説 新着一覧
07/18 木曜日
15:15
米金融大手ステートストリート、独自のステーブルコイン発行検討か
米ボストン拠点の金融大手ステートストリートは、ブロックチェーン上の決済方法を模索しており、仮想通貨ステーブルコインの発行を検討していると報じられた。
14:00
ヴィタリック、仮想通貨支持派という理由のみで政治家を選ぶことに反対
仮想通貨イーサリアムの共同創設者ヴィタリック・ブテリン氏は、米国選挙に向け「仮想通貨賛成派」であると主張しているか否かだけで、候補者を選ぶことに対して警告を発した。
12:00
SECが承認、グレースケールのイーサリアムミニ・ETF 手数料低減で資金流出を防ぐ狙い
米SECはグレースケールによるイーサリアムミニETFの19b-4様式を承認。他社のETH現物ETFと同時ローンチする可能性が高まった。
11:30
グレースケール、NEARやRNDRなどに投資する分散型AI関連ファンドを販売開始
米大手仮想通貨投資会社グレースケールは、新たに分散型AI関連のファンド(投資信託)をローンチした。投資割合はNEAR(31.87%)とFIL(30.03%)が最も高い。
10:45
TON、ビットコインのブリッジ機能をローンチへ
TONのブロックチェーンへ仮想通貨ビットコインをブリッジできる新機能が今年にローンチされる予定。プロジェクトが機能の概要を説明している。
10:00
「シリコンバレーがトランプ氏を支持する理由はビットコイン」著名投資家キューバン氏
著名投資家マーク・キューバン氏はシリコンバレーがトランプ氏を支持するようになったのは仮想通貨ビットコインが理由だと意見した。
08:00
カナダ上場企業Cypherpunk、仮想通貨ソラナ保有量を10倍以上増加
カナダの上場企業Cypherpunk Holdings(サイファーパンク)は先月から、仮想通貨ソラナ(SOL)の保有を大幅に増加している。
07:10
「ETFは現物ETFローンチで5000ドル超える可能性」Bitwise予想
仮想通貨イーサリアムの価格は米国の現物ETFローンチで最高値を更新するだろうとBitwise幹部が予想。5,000ドルを超える可能性があるとも述べ、分析を公開している。
06:40
ドイツ当局、約5万ビットコイン売りで計4500億円の利益
Movie2K事件は終結していないが、ドイツ当局は声明で5万ほどの仮想通貨BTCを売却せざるを得なかった理由を説明している。
06:20
コインベースやBybit、ゲーム特化型レイヤー2仮想通貨「Ancient8」を新規上場
米仮想通貨取引所コインベースは18日、ゲーム特化型レイヤー2仮想通貨「Ancient8(A8)」を新たに上場した。発表を受け、A8の価格は+38.8%と高騰している。
05:55
トランプ氏、財務長官に仮想通貨否定派のJPモルガンダイモンCEO検討か
トランプ米前大統領は11月当選後の場合、ビットコイン・仮想通貨否定派と知られる米金融大手JPモルガンのジェイミー・ダイモンCEOを財務長官に起用すると検討しているようだ。
07/17 水曜日
23:17
Suiネットワーク最大のDeFi融資プロトコル「Scallop」、累積収益100万ドル突破
Scallop(スカラップ)は、Sui(スイ)ネットワーク上で最大のDeFi融資プロトコルとして累積収益100万ドルを達成。10万ドル相当の報奨金キャンペーンを実施中。暗号資産(仮想通貨)スイなどを借り入れるユーザー向けのインセンティブを強化している。
15:04
バイナンス、2種類の通貨ペアを取扱い中止へ
バイナンスは2024年7月19日12時に2種類の通貨ペアの取扱いを中止する。詳細な暗号資産(仮想通貨)ペア一覧と、インターネットコンピュータ(ICP)について解説。
14:27
RWA向け「Plume」、テストネットキャンペーンを開始
Plumeが初のモジュール式EVMレイヤー2としてテストネットキャンペーンを開始。不動産や金融商品などの現実世界資産(RWA)をトークン化し、パートナーと共に新たな金融エコシステムを構築する。
12:23
ビットコインの反騰つづく、仮想通貨上場投資商品への資金流入が加速
暗号資産(仮想通貨)市場では、イーサリアムETFの承認期待、ドイツ政府売りの枯渇、大統領選のドナルド・トランプの勝利予想の高まりなどを受け、ビットコイン(BTC)が続伸した。

通貨データ

グローバル情報
一覧
プロジェクト
アナウンス
上場/ペア