CoinPostで今最も読まれています

RAMPとは|非イーサリアム資産を担保にしたDeFiステーブルコイン発行プロジェクト

画像はShutterstockのライセンス許諾により使用

イーサリアムDeFiのオンランプソリューション、RAMPとは

20年夏以降成長を続けているDeFi(分散型金融)分野では、ユーザー数および総ロック額が共に増加し続けています。著しい成長率が観察されている一方、多くのプロジェクトがイーサリアム上に構築されており、ERC-20(イーサリアムのトークン発行規格)トークンを保有していないユーザーにとって、参入障壁が高くなっていることが、課題の一つとして挙げられています。

この課題解決に取り組んでいるプロジェクトの一つが、RAMPです。RAMPでは、イーサリアム以外のPoS(Proof-of-Stake)ブロックチェーン資産を担保に、イーサリアム上でステーブルコイン発行を可能にしています。これにより、イーサリアムへの「オンランプ」機能が提供され、イーサリアムエコシステム外のユーザーへ、イーサリアム基盤のDeFiへ参加する機会が開かれると期待されています。

本記事では、RAMPエコシステムを稼働させているネイティブトークンRAMPを含む、RAMPプロジェクトの概要を解説します。

1. RAMPとは

1-1 RAMP概要

RAMPとは、イーサリアムへの「オンランプ」ソリューションを提供している分散型プロトコルです。RAMPが提供するオンランプソリューションとは、イーサリアム以外の仮想通貨を所有しているユーザーが、イーサリアム基盤のDeFiサービスを利用できるようにするソリューションです。

RAMPでは、RAMPが統合されているブロックチェーンの非ERC-20資産(IOSTブロックチェーンのIOSTトークンやTezosブロックチェーンのXZT)を、担保としてプロトコルにステークすることにより、イーサリアムブロックチェーン上で、ERC-20規格のステーブルコイン「rUSD」を発行できます。rUSDは、イーサリアムのDeFiエコシステム内で自由に利用可能なため、イーサリアムおよびその他チェーン間のブリッジとして機能しています。

このような仕組みにより、非イーサリアム資産を保有しているユーザーは、新たなERC-20トークンを購入する必要なく、イーサリアム基盤のDeFiへ参入することが可能です。

また、非イーサリアム資産をチェーンにステークしたままrUSDが発行できるため、イーサリアム基盤のDeFi参入にあたり、元々資産を保有していたチェーンでのステーキング報酬を放棄する必要がありません。担保にしている資産の所有権も維持できるため、担保資産の価値が上昇した場合は、価値上昇分の利益も享受できます。

rUSD発行者に対しては、ステーキングの報酬として、RAMPトークン(下記2参照)が付与されており、イールドファーミングの機会も提供されています。

関連:仮想通貨ステーキングとは|初心者でもわかる「報酬」の仕組み

1-2 開発背景

DeFi(分散型金融)とは、20年夏のイールドファーミングおよび流動性マイニングの流行以降、注目を浴びている仮想通貨の分野であり、執筆時点で206億ドル(約2兆1,400億円)以上がイーサリアムブロックチェーン上のプロトコルにロックされています。

出典:DeFi Pulse

今後も発展が期待されている反面、プロダクトの多くがイーサリアムブロックチェーン上で構築されているため、イーサリアム以外で資産を保有しているユーザーが効率的にDeFiに参加できない、またはエコシステムから除外されているという課題が存在しています。このようなユーザーがDeFiに参入するには、ERC-20トークンの購入が必要で、手間もリスクも増えることになり、積極的なDeFiへの関与が難しくなっています。

RAMPプロジェクトは、このような課題を解決するために開発されました。

DeFiでは、規模を表す指標の一つとして、TVL(Total Value Locked/総ロック額)が使用されますが、RAMPでは、TVLでなく、TVU(Total Velue Unlocked/ロック・ステークが解除された額)に焦点を当てています。

Staking Rewardのデータによると、RAMPライトペーパー更新時点では、PoSグローバル市場全体の時価総額は1,560億ドル(約16兆2,500億円)を超えています。RAMPでは、このような規模を誇るPoS市場から価値をUnlock(ロック・ステーク解除)し、イーサリアムDeFiへ参入するためのツールを与えることにより、PoSチェーンユーザーの資産運用幅を広げています。

関連:DeFi(分散型金融)とは? 特徴と仕組みを初心者にもわかりやすく解説

関連:DeFi相場高騰の火付け役、イールドファーミングでは何が起こったのか|特徴と熱狂の理由を解説

1-3 RAMPエコシステム概要

現在RAMPでは、以下の図のようなエコシステムが構築されています。

rStake

RAMPエコシステム内の最初のプロダクト「rStake」は、イーサリアム以外のブロックチェーン上に構築され、ステーキングノードのアグリゲーターとして機能しています。rStakeでは、各チェーンの資産がステークされ、それら資産と同量のラップドトークンが発行されます。

ステーキングに参加したユーザーは、ステーキング報酬の70%を受け取ることができます。ステーキング報酬と同時に、RAMPトークンも報酬として付与されます。rStakeには、ウォレット連携機能もあり、rStakeに資産をステークしたユーザーのウォレットを、イーサリアム対応ウォレットと連携させているため、資産をステークしたユーザーは、連携先のイーサリアムウォレットでRAMPトークンを受け取ることができます。

受け取ったステーキング報酬に応じて、手数料も発生します。この手数料はrBurn(下記参照)で、RAMPトークンのバーン(焼却)に利用されます。

rMint

rMintでは、rStakeで発行されたラップドトークンを担保に、ERC-20規格のステーブルコイン「rUSD」を生成し、イーサリアムブロックチェーンへrUSDを橋渡しします。発行されたrUSDは、他のERC-20トークンと同様、DEX(分散型取引所)での交換や、イールドファーミングに利用可能です。

rUSDの価格は、法定通貨に裏付けられたステーブルコインの価格にペッグされており、市場の需給に応じたアービトラージ、およびrTreasuryでの清算(下記参照)によって、調整されています。

rUSDの価格が、ペッグより上方に乖離した場合、ユーザーは手持ちの資産を担保にrUSDを発行し、公開市場で売却することにより、価格差分を利益として受け取ることができます。このインセンティブが与えられていることにより、rUSD価格が上昇した際に、市場に流通するrUSDが増加し、価格が下方に修正されます。反対にrUSDの価格が下方に乖離した場合、ユーザーにrUSDを買い戻し、担保ポジションを抜けるインセンティブが与えられるため、rUSD価格が上方に修正されます。

rMintの正式ローンチは、2021年第一四半期に予定されています。

Vault

Vaultとは、RAMPおよびrUSDの有用性を、最適化するためのプロダクトです。現在Vaultでは、RAMP/ETHの流動性マイニングVault、およびRAMPトークンステーキングVaultの二つが、アルファ版で提供されています。

RAMP/ETH Vaultでは、分散型取引所UniswapにRAMP/ETHペアの流動性を提供すると受け取ることができるLPトークン(流動性提供を証明するトークン)を預けることにより、流動性提供の報酬としてRAMPトークンを獲得できます。一方RAMP Vaultでは、RAMPトークンを預け、RAMPトークンを報酬として受け取ります。

出典:Ramp Vault

今後は、以下の機能のサポートが計画されています。

  • RAMPトークンおよびrUSDのステーキングおよび流動性提供報酬付与
  • RAMPトークン、rUSD、USDTおよびUSDCトレード専用の流動性プール
  • RAMPトークンおよびrUSDのイールドファーミングサポート
  • RAMPトークンおよびrUSDを原資産としたデリバティブ

rTreasury

rTreasuryでは、rUSDの価格維持のため行われる、担保清算プロセスを受け持ちます。

RAMPでは、rUSD発行に利用した担保資産の価値が下落し過ぎた場合、担保ポジションが清算されます。rTreasuryでは、清算された資産を、その資産を担保に発行したrUSDと同等量のUSDTまたはUSDCに交換します。その後、rUSDの価格がUSDTおよびUSDCより安い時に、rUSDを買い戻します。このプロセスにより、rUSDの価値が安定する仕組みになっています。

rMintと同様に、rTreasuryの正式ローンチも、2021年第一四半期に予定されています。

rBurn

コミュニティのフィードバックに基づき構築されたrBurnでは、rStakeで発生した手数料をUSDTに交換し、そのUSDTでRAMPトークンを購入、およびRAMPトークンのバーンを実行します。これにより、RAMPトークンの流通量が減少し、相対的に価値が上昇します。

2. RAMPトークンとは

2-1 RAMPトークン概要

RAMPトークンとは、RAMPエコシステムのネイティブトークンであり、ユーティリティトークンおよびガバナンストークンとして利用されています。

トークン発行総数 1,000,000,000 RAMP(ローンチ時に全て発行済み)
内訳 ファーミング報酬:45%、チームおよびアドバイザー:16%、プロトコルのリザーブおよび提携パートナー割り当て:20%、プライベートセール:18%、パブリックセール:1%
プライベートセール 1RAMPあたり0.006ドル(約0.6円)で1億8,000万RAMPを販売、108万ドル(約1億1,200万円)を調達
パブリックセール 1RAMPあたり0.008ドル(約0.8円)で1,000万RAMPを販売、8万ドル(約830万円)を調達

2-2 RAMPトークンのユースケース

ステーキング報酬

rUSD発行の際に資産をステークしたユーザーに対して、その報酬としてRAMPトークンが付与されます。

ガバナンス参加

RAMPトークンは、ガバナンストークンとして機能しているため、RAMPトークン保有者はRAMPプロジェクトの分散型ガバナンスに参加できます。RAMP保有者は、RAMPをステークすることにより、プロトコルの変更提案(CP; Change Proposal)に投票できます。50万RAMP(現在の価格で約870万円)以上保有しているユーザーのみ、CPを提出可能です。CPが可決されるには、一定数の投票を得なければなりません。

トークンバーン

プロトコルで生じた手数料は、rBurnと呼ばれるプロダクトへ送られ、RAMPトークンのバーンに利用されます。この仕組みにより、RAMPトークンの供給量が経時的に減少するため、トークンの価値が上昇し、トークン保有者へ利益が還元されます。

担保資産

プロトコルで承認されているトークンと同様に、RAMPトークンを担保に、rUSDを発行することも可能です。

3. 提携パートナー

3-1 IOST、TomoChain、Tezos

RAMPは、20年9月に国内初上場となったIOST、スケーラビリティに注力して開発を行うTomoChain、およびスマートコントラクトや分散型アプリケーションに適したTezosの三つのブロックチェーンに、エコシステム内の最初のプロダクトであるrStakeを統合したことを、20年12月に発表しました。これにより、IOST、TOMOまたはXTZ保有者は、rStakeに資産をステークすると、ステーキング報酬およびRAMPトークンを獲得できるようになりました。

今後は、これらのブロックチェーン上で、rMintの統合も実施される予定です。

関連:仮想通貨 Tezos(XTZ)とは|今後の将来性について

3-2 The Graph

RAMPは、21年1月に、ブロックチェーン上のデータ検索プロトコル「The Graph」で、インデックサーとしてノードをローンチしたことを発表しました。

The Graphとは、ブロックチェーン上にあるデータ検索およびインデックスに特化したプロトコルであり、「ブロックチェーン界のGoogle」とも称されています。The Graphでは、Indexer(インデクサー)と呼ばれるノードが、インデックスおよびクエリ処理を行っています。

ノード運営の一環として、RAMPは、自身のプロダクトであるrBurnを、The Graphに統合しました。これにより、ノード運営で受け取った手数料でRAMPトークンを購入し、トークンのバーンが可能になります。

関連:ブロックチェーンのGoogle目指すThe Graph、大手取引所へ次々と上場

注目・速報 相場分析 動画解説 新着一覧
03/04 月曜日
15:39
bitFlyerのLightning FX(SFD)廃止発表でBTC FXの価格急落、Crypto CFD提供へ
国内大手暗号資産(仮想通貨)取引所bitFlyerがLightning FXの廃止を発表し、ビットコインFXの価格が急落した。新たにファンディングレートや乖離拡大時サーキットブレーカーなどの導入したbitFlyer Crypto CFDの提供を開始する。
12:03
米上場マイニング企業Riot、2023年の1BTC平均生産コストは7500ドルと明かす
米上場仮想通貨マイニング企業RiotのCEOは、ビットコイン現物ETFや半減期がマイニング事業に与える影響を語った。BTCの平均採掘コストも明かした。
11:32
ビットコイン続伸で年初来高値更新、過去最高値「69000ドル」を射程圏に
日経平均株価が史上最高値の4万円台を記録する中、ビットコインは年初来高値更新し、前日比3.11%高の63,748ドルと続伸した。機関投資家のビットコインETF(上場投資信託)への資金流入が続いている。
11:11
モルガン・スタンレー、機関向けファンドでビットコインETFへのエクスポージャー申請
モルガンスタンレーは機関投資家向けファンドでビットコイン現物ETFへ投資する可能性がある。証券取引プラットフォームへの上場も検討中とされる。
11:00
アジア最大規模のB2BWeb3カンファレンス「Adoption」、7月に日韓両国で開幕
オンチェーンデータ基盤のWeb3ソリューション企業であるXangleが、7月にアジア最大のB2B Web3カンファレンス「Adoption(アドプション)」を日韓両国の首都で開催する。
03/03 日曜日
11:30
1000万円に迫るビットコイン、先物と現物の価格乖離進む|bitbankアナリスト寄稿
大台1000万円台が射程圏内に入ったビットコイン相場の今後について、国内大手取引所bitbankのアナリストが今後の展望を読み解く。オンチェーンデータも掲載。
11:00
週刊仮想通貨ニュース|JPモルガンのBTC価格予想に高い関心
今週は、仮想通貨ビットコインのJPモルガンによる価格予想や含み益の状況、裁判におけるサトシ・ナカモトのメール公開に関する記事が最も関心を集めた。
03/02 土曜日
12:45
イーロンがOpenAIを提訴 ワールドコイン急落
イーロン・マスク氏は、OpenAIとサム・アルトマンCEOに対して訴訟を起こした。「人類の利益のためのAI」という契約に反すると主張している。
10:30
「利下げ延期でビットコイン価格上昇抑制も」グレースケール分析
仮想通貨投資家は特に3月12日のCPI報告と3月14日のPPI報告、次回3月20日のFOMC会合で発表される最新の政策金利ガイダンスに注意しておく必要がある。
08:30
米株指数・日経平均高値更新、ビットコインは62000ドル台を維持
今週の米ナスダックや日本の日経平均が史上最高値を更新。AI・半導体ブームが相場を大きく牽引。日本市場では日経平均が金曜日の取引日で最高値を再び更新し節目の4万円にあと90円まで迫ってきた。
06:45
「Optimism」、デルタ・アップグレードで手数料をさらに削減へ
ブロックチェーンの間接的な固定コストを最大90%超削減できると期待されるアップグレード「Delta」について、仮想通貨イーサリアムのL2「Optimism」の開発チームが解説した。
06:00
16万BTC運用のブラックロックのビットコイン現物ETF、ブラジルで取引開始
ビットコインETFへの機関投資家の資金流入を背景にビットコインは今週一時64,000ドルまで高騰し2021年のATHである69,000へと接近しつつある。
03/01 金曜日
17:00
ソラナで進化するDePIN、2024年注目のプロジェクトを深掘り
2024年、Solana(ソラナ)主導のDePIN展開とその注目プロジェクトを深堀り。この記事では、分散型物理インフラネットワーク(DePIN)の基礎から、ソラナベースの画期的プロジェクトまで詳しく解説します。DePINの未来を形作る主要な動向とイノベーションに焦点を当て、この技術革新が開く新しい機会を紹介します。
16:50
米国政府関連ウォレット、1380億円相当の15,000BTCを送金
仮想通貨ビットコインの高騰が続く中、米国政府に関連するウォレットから、1,380億円相当のビットコインが送金されたことが明らかになった。米国政府はこれまでの仮想通貨犯罪捜査で押収した大量のビットコインを保有している。
12:17
米マイニング企業マラソンデジタル、2023年は過去最高益に
米ナスダック上場のビットコインマイニング企業マラソンは2023年に過去最高の収益を上げたと報告した。半減期を事業拡大のチャンスと捉えている。

通貨データ

グローバル情報
一覧
プロジェクト
アナウンス
上場/ペア