CoinPostで今最も読まれています

万全のセキュリティ体制|仮想通貨取引所TAOTAOの特徴とおすすめポイントを紹介

画像はShutterstockのライセンス許諾により使用

暗号資産(仮想通貨)取引所を選ぶ基準としては様々な要素が挙げられますが、安心して取引できる環境を求める方は多いのではないでしょうか。特に、仮想通貨市場では以前までハッキングが頻繁に横行していたことや、言語や金融リテラシーなど、懸念点は多数考えられます。しかし、本稿で解説するTAOTAOは、セキュリティ対策や手厚いサポートにおいて定評がある仮想通貨取引所です。

目次
  1. TAOTAOの運用会社の概要と取引所の特徴
  2. 3つのセキュリティ対策
  3. 各種手数料は無料
  4. 少額で利益を狙うレバレッジ取引
  5. 利便性が高いアプリ設計
  6. 初心者でも安心して取引できるTAOTAO

1.TAOTAOの運用会社の概要と取引所の特徴

TAOTAOは、2017年に設立されたTaoTao株式会社が運営する、仮想通貨取引所です。SBIグループの傘下に位置するためブランド力や知名度は高いですが、取引所はどのような特徴を持ち運営されているのかについて、細かく解説していきます。

1-1 TAOTAOの運営企業

同社は元々、ヤフーグループであるZコーポレーションの完全子会社でしたが、2020年10月にSBIグループのSBIリクイディティ・マーケット(SBILM)に株式が100%譲渡されたことにより、SBI傘下となった際は話題になりました。

各種メディアにも露出しているため、仮想通貨自体の知名度拡大や取引所のハッキング事件などによる未だ拭い切れない負のイメージの払拭に繋がることも期待できそうです。

取引所としては、関東財務局長より完備された暗号資産交換業者であることを証明する金融ライセンス(第00011号)が登録されており、信用性も十分と言えるでしょう。

また、SBIホールディングスはTAOTAOだけでなく、100%子会社であるSBI VCトレード株式会社が仮想通貨取引所SBI VC トレードを運営していることから、2つの仮想通貨取引所を傘下に収めていることになります。

2021年9月、TaoTao株式会社とSBI VCトレード株式会社は、2021年12月1日に合併することを決議したと発表。これにより、TaoTao株式会社を存続会社とする吸収合併が行われます。

ただし、各社が提供するTAOTAOおよびSBI VCトレードは、合併後も継続してサービスを提供するとしています。

関連:仮想通貨取引所TAOTAOがSBI傘下に

関連:SBIHD傘下の暗号資産交換業者、SBI VCトレードとTAOTAOが合併へ

1-2取引所の基本スペック

各種特徴 現物取引 レバレッジ取引
取扱い暗号資産
  • ビットコイン(BTC)
  • イーサリアム(ETH)
  • ビットコイン(BTC)
  • イーサリアム(ETH)
  • XRP(リップル)
  • ビットキャッシュ(BCH)
  • ライトコイン(LTC)
  • 最小取引単位
  • BTC:0.001BTC
  • ETH:0.01ETH
  • BTC:0.001BTC
  • ETH:0.01ETH
  • XRP:100XRP
  • BCH:0.1BCH
  • LTC:1LTC
  • 最大取引単位
  • BTC:2BTC
  • ETH: 40ETH
  • BTC:10BTC
  • ETH:40ETH
  • XRP:30,000XRP
  • BCH:10BCH
  • LTC: 100LTC
  • 保有上限
  • BTC:100BTC
  • ETH:1,500ETH
  • BTC:100BTC
  • ETH:1,500ETH
  • XRP:1,500,000XRP
  • BCH:700BCH
  • LTC:6,000LTC
  • 注文方法
  • PC版取引ツール:ストリーミング注文、指値注文、逆指値注 文、OCO
  • スマートフォンアプリ:いますぐ注文(ストリーミング注文)、予約注文(指値注文、逆指値注文)
  • PC版取引ツール:ストリーミング注文、指値注文、逆指値注文、OCO、IFD、IFO、FIFO、注文一括決済、クイック決済
  • スマートフォンアプリ:いますぐ注文(ストリーミング注文)、予約注文(指値注文、逆指値注文)、OCO(決済注文のみ)、IFD、IFO
  • 取引手数料 無料(※取引時スプレッドは発生する)
    取引時間 365日24時間(※メンテナンス時間を除く)

    2.3つのセキュリティ対策

    取引所の運営において、セキュリティ対策は非常に重要です。

    もし取引所がハッキング被害にあったら、その取引所でユーザーが預けた資産が流出してしまうばかりではありません。仮想通貨全体に対する信用が損なわれ、価格が下落し、全ての仮想通貨投資家に被害が波及してしまいます。

    しかし、TAOTAOでは3つの観点からセキュリティ対策を実践しており、顧客資産を安全に保管するため注力しています。

    2-1 コールドウォレットによる管理

    ウォレットには、ホットウォレットコールドウォレットの2種類があります。

    ホットウォレットは、インターネットに接続されている状態にあります。そのため、仮想通貨の送付がスムーズに行える反面、常にサイバーアタックなどによる不正アクセスの危険にさらされています。

    対する、コールドウォレットは、インターネットから隔離されたウォレットを指します。利便性と引き換えに、不正アクセスの危険性が少ない状態で管理されます。

    TAOTAOでは、顧客の資産をコールドウォレットに保存することで、安全性を担保しています

    2-2 マルチシグの採用

    マルチシグとは、仮想通貨取引で使用される秘密鍵をいくつかに分割し、それぞれを別々に保管する対策のことです。

    分割した秘密鍵をすべて揃えなければ秘密鍵として機能しないため、どれかひとつ奪われたとしても安全性が損なわれません。さらに、プラットフォームの設計上、2つ以上の鍵を同時に奪うことは難しいとされており、ハッキング被害による資産漏洩も起こりにくいと言えるでしょう。

    TAOTAOでもセキュリティ対策の一環としてマルチシグを採用しており、不正な出金を未然に防ぐ取り組みをしています。

    2-3 最先端セキュリティ技術の導入

    TAOTAOでは、サイバー攻撃から利用者の資産や自社の資産を守る「WAF(ウェブアプリケーション・ファイアーフォール)」というアプリケーションを実装しています。外部から侵入しようとする通信をフィルタリングしブロックすることで、IPアドレスや個人情報などの流失も防いでいます。

    また、24時間365日セキュリティシステムの監視・運用を行う「マネージドセキュリティサービス for Incapsula」も導入しています。ソフトバンクグループが提供する最先端技術を取り入れるなど、セキュリティ対策にはかなり力を入れていると言えるでしょう。

    3.各種手数料は無料

    仮想通貨取引では入出金、現物取引などで各種手数料が発生する場合があります。しかし、TAOTAOで取引を行う場合、そのようなそれらの手数料は発生しません。

    つまり、手数料を気にすることなく資金の入出金や取引が可能です。

    また、レバレッジ取引においてはマイナス手数料を採用しており、同社が毎日算出している手数料率がマイナスになった場合には、その手数料率が利用者に還元されます(手数料率がプラスになった場合には利用者負担)。

    関連:仮想通貨(ビットコイン)取引はいくらから?

    4.少額で利益を狙うレバレッジ取引

    TAOTAOでは現時点で(2021年4月)、ビットコイン(BTC)、イーサリアム(ETH)、ビットコインキャッシュ(BCH)、XRP(リップル)、LTC(ライトコイン)の5種類の銘柄を取り扱っていますが、これら全ての銘柄においてレバレッジ取引ができます。

    レバレッジ取引とは、元手の資金を担保に数倍の取引が可能です。仮想通貨取引において、レバレッジは最大2倍までかけることができ、少額な資金しか持ち合わせていなかったとしても、元本に対して大きな利益を狙えます。

    また、主要5通貨を取引できることもあり、TAOTAOはレバレッジ取引を希望するユーザー向けの取引所であると言えます。

    関連:【ビットコイン】資産運用のためのレバレッジ取引

    5.利便性が高いアプリ設計

    出典元:TAOTAO

    初心者の方の中には金融資産への投資、投機が初めてであり、取引情報をインターネット上で確認することに抵抗がある方も多いでしょう。しかし、TAOTAOは利便性に優れたPC、スマートフォン用のアプリケーションを用意しています。

  • 現在の損益状況を一目で把握
  • スマートなデザインと日本語サポート
  • わかりやすさを追求した操作画面
  • 投資初心者の方でも扱いやすいデザインになっており、取引におけるストレスもかなり軽減できるでしょう。また、不明点がある場合、24時間対応のカスタマーサポートにて問い合わせることも可能です。

    TAOTAOは、安心して取引できる環境を提供している取引所とも言えるでしょう。

    関連:仮想通貨の経済指標カレンダー、暗号資産取引所TAOTAOのアプリで配信開始

    6.初心者でも安心して取引できるTAOTAO

    本記事では、SBIグループ傘下の仮想通貨取引所であるTAOTAOの特徴について解説しました。TAOTAOは3つの対策により強固なセキュリティを強みとし、初心者でも安心して取引できる環境を提供しています。

    各種手数料が無料なことや主要通貨でレバレッジ取引できることも強みであり、少額の資金で取引を始められるのもおすすめポイントです。また、利便性の高いアプリを利用すれば、ストレスなく取引できます。

    他の取引所と比べても初心者向けのサービスは多く、投資初心者でも参入可能な取引所と言えるでしょう。

    コメントしてBTCを貰おう
    注目・速報 相場分析 動画解説 新着一覧
    12/02 金曜日
    15:56
    三菱UFJ信託銀行ら、ステーブルコインの実証検証へ
    三菱UFJ信託銀行株式会社は、同社が主催する「デジタルアセット共創コンソーシアム(DCC)」に、「パーミッションレス型ステーブルコイン・ワーキンググループ」を設置したことを発表した。
    15:07
    チェーンリンク(LINK)、ステーキング実装へ
    分散型オラクルネットワークのチェーンリンクについて、待望のステーキング機能が12月6日に実装されることが明らかになった。仮想通貨LINKの価格は過去2週間で22%上昇している。
    14:00
    FTX破綻問題巡る公聴会 米CFTC委員長が証言
    FTXの破綻に関する公聴会が米上院農業委員会で開催され、商品先物取引委員会のロスティン・ベーナム委員長が証言を行った。ベーナム氏は包括的な規制権限をCFTCに付与するよう議会に求めた。
    12:54
    BNB代替資産が無限発行か、Ankrプロトコルへの侵害で
    仮想通貨BNBを担保に発行する「ラップドBNB」が、ほとんど無限に発行されて、売却される事態が起きた。AnkrProtocolがプロトコル侵害のターゲットとされた模様。
    12:45
    ビットバンク、国内初のAXS取り扱いへ
    国内仮想通貨取引所ビットバンクはNFTゲーム銘柄「アクシーインフィニティ」(AXS)の取り扱い開始を発表。国内では初の上場事例となる。
    12:14
    BTC17000ドル前後推移、バイナンスIEO上場のHOOKに関心集まる
    暗号資産(仮想通貨)相場はやや反落。バイナンスローンチパッドで上場したHooked Protocol(HOOK)が、プレセール価格から20倍以上高騰して
    11:55
    イタリア、2023年から仮想通貨への課税強化か
    イタリア政府は、2023年よりビットコインなど仮想通貨取引で得た利益について課税強化する予算案を公開した。同時に、条件付きの減税措置も提案している。
    11:10
    Magic Eden、ロイヤリティ保護標準をリリース
    ソラナ(SOL)基盤のNFT電子市場大手Magic Edenは、NFTコレクションのクリエイター手数料をプロトコルレベルで保護する規格「Open Creator Protocol」を発表した。
    09:45
    露Sber銀、独自ブロックチェーンでメタマスクを利用へ
    ロシア貯蓄銀行(Sberbank)は、同社のブロックチェーンプラットフォームでイーサリアム系の仮想通貨ウォレット「メタマスク」を使用できるようにすると発表した。
    09:20
    FTX JP「顧客資産は米破産法の対象外」
    仮想通貨取引所FTX Japanは、サービス復旧に向けた取り組みを発表。日本の顧客資産は、米チャプターイレブンの対象にはならないとの見解が示されたと説明している。
    08:25
    決済サービスStripe、Magic EdenやArgentなどに対応
    米Stripe社は2日、16のイーサリアムとソラナdAppsやマーケットプレイスに対応し、法定通貨から仮想通貨のアクセスルートを提供することを発表した。
    08:00
    米CME、AAVEなどDeFi銘柄の指標を公開へ
    米大手デリバティブ取引所CMEは1日、CRVなどの3つのDeFi銘柄の指数を新たに提供する予定を発表した。
    07:40
    英TP ICAP、仮想通貨交換業者として当局から承認
    英大手インターディーラーブローカーのTP ICAP社は機関投資家向けの仮想通貨取引サービスを提供する業者として英FCAに承認された。
    07:25
    アップル、コインベースにNFT送信機能停止を要請
    米仮想通貨取引所コインベースは、アップル社のiOS版向けのコインベースウォレットで、NFTの送信をできないようにしたことを発表。送信機能を停止した理由を説明した。
    06:55
    2日朝|NYダウ反落 バイナンスIEO銘柄高騰
    今日のニューヨークダウ平均は昨日の利上げ減速期待上げから一転し米景気後退のリスクが意識されている形で反落。バイナンスのIEO銘柄HOOKは高騰している。

    通貨データ

    グローバル情報
    一覧
    プロジェクト
    アナウンス
    上場/ペア
    イベント情報
    一覧
    2022/10/14 ~ 2022/12/31
    東京 東京都渋谷区宇田川町
    2022/12/06 13:30 ~ 15:00
    その他 京都市下京区中堂寺南町/オンライン
    重要指標
    一覧
    新着指標
    一覧