CoinPostで今最も読まれています

万全のセキュリティ体制|仮想通貨取引所TAOTAOの特徴とおすすめポイントを紹介

画像はShutterstockのライセンス許諾により使用

暗号資産(仮想通貨)取引所を選ぶ基準としては様々な要素が挙げられますが、安心して取引できる環境を求める方は多いのではないでしょうか。特に、仮想通貨市場では以前までハッキングが頻繁に横行していたことや、言語や金融リテラシーなど、懸念点は多数考えられます。しかし、本稿で解説するTAOTAOは、セキュリティ対策や手厚いサポートにおいて定評がある仮想通貨取引所です。

目次
  1. TAOTAOの運用会社の概要と取引所の特徴
  2. 3つのセキュリティ対策
  3. 各種手数料は無料
  4. 少額で利益を狙うレバレッジ取引
  5. 利便性が高いアプリ設計
  6. 初心者でも安心して取引できるTAOTAO

1.TAOTAOの運用会社の概要と取引所の特徴

TAOTAOは、2017年に設立されたTaoTao株式会社が運営する、仮想通貨取引所です。SBIグループの傘下に位置するためブランド力や知名度は高いですが、取引所はどのような特徴を持ち運営されているのかについて、細かく解説していきます。

1-1 TAOTAOの運営企業

同社は元々、ヤフーグループであるZコーポレーションの完全子会社でしたが、2020年10月にSBIグループのSBIリクイディティ・マーケット(SBILM)に株式が100%譲渡されたことにより、SBI傘下となった際は話題になりました。

各種メディアにも露出しているため、仮想通貨自体の知名度拡大や取引所のハッキング事件などによる未だ拭い切れない負のイメージの払拭に繋がることも期待できそうです。

取引所としては、関東財務局長より完備された暗号資産交換業者であることを証明する金融ライセンス(第00011号)が登録されており、信用性も十分と言えるでしょう。

また、SBIホールディングスはTAOTAOだけでなく、100%子会社であるSBI VCトレード株式会社が仮想通貨取引所SBI VC トレードを運営していることから、2つの仮想通貨取引所を傘下に収めていることになります。

2021年9月、TaoTao株式会社とSBI VCトレード株式会社は、2021年12月1日に合併することを決議したと発表。これにより、TaoTao株式会社を存続会社とする吸収合併が行われます。

ただし、各社が提供するTAOTAOおよびSBI VCトレードは、合併後も継続してサービスを提供するとしています。

関連:仮想通貨取引所TAOTAOがSBI傘下に

関連:SBIHD傘下の暗号資産交換業者、SBI VCトレードとTAOTAOが合併へ

1-2取引所の基本スペック

各種特徴 現物取引 レバレッジ取引
取扱い暗号資産
  • ビットコイン(BTC)
  • イーサリアム(ETH)
  • ビットコイン(BTC)
  • イーサリアム(ETH)
  • XRP(リップル)
  • ビットキャッシュ(BCH)
  • ライトコイン(LTC)
  • 最小取引単位
  • BTC:0.001BTC
  • ETH:0.01ETH
  • BTC:0.001BTC
  • ETH:0.01ETH
  • XRP:100XRP
  • BCH:0.1BCH
  • LTC:1LTC
  • 最大取引単位
  • BTC:2BTC
  • ETH: 40ETH
  • BTC:10BTC
  • ETH:40ETH
  • XRP:30,000XRP
  • BCH:10BCH
  • LTC: 100LTC
  • 保有上限
  • BTC:100BTC
  • ETH:1,500ETH
  • BTC:100BTC
  • ETH:1,500ETH
  • XRP:1,500,000XRP
  • BCH:700BCH
  • LTC:6,000LTC
  • 注文方法
  • PC版取引ツール:ストリーミング注文、指値注文、逆指値注 文、OCO
  • スマートフォンアプリ:いますぐ注文(ストリーミング注文)、予約注文(指値注文、逆指値注文)
  • PC版取引ツール:ストリーミング注文、指値注文、逆指値注文、OCO、IFD、IFO、FIFO、注文一括決済、クイック決済
  • スマートフォンアプリ:いますぐ注文(ストリーミング注文)、予約注文(指値注文、逆指値注文)、OCO(決済注文のみ)、IFD、IFO
  • 取引手数料 無料(※取引時スプレッドは発生する)
    取引時間 365日24時間(※メンテナンス時間を除く)

    2.3つのセキュリティ対策

    取引所の運営において、セキュリティ対策は非常に重要です。

    もし取引所がハッキング被害にあったら、その取引所でユーザーが預けた資産が流出してしまうばかりではありません。仮想通貨全体に対する信用が損なわれ、価格が下落し、全ての仮想通貨投資家に被害が波及してしまいます。

    しかし、TAOTAOでは3つの観点からセキュリティ対策を実践しており、顧客資産を安全に保管するため注力しています。

    2-1 コールドウォレットによる管理

    ウォレットには、ホットウォレットとコールドウォレットの2種類があります。

    ホットウォレットは、インターネットに接続されている状態にあります。そのため、仮想通貨の送付がスムーズに行える反面、常にサイバーアタックなどによる不正アクセスの危険にさらされています。

    対する、コールドウォレットは、インターネットから隔離されたウォレットを指します。利便性と引き換えに、不正アクセスの危険性が少ない状態で管理されます。

    TAOTAOでは、顧客の資産をコールドウォレットに保存することで、安全性を担保しています

    2-2 マルチシグの採用

    マルチシグとは、仮想通貨取引で使用される秘密鍵をいくつかに分割し、それぞれを別々に保管する対策のことです。

    分割した秘密鍵をすべて揃えなければ秘密鍵として機能しないため、どれかひとつ奪われたとしても安全性が損なわれません。さらに、プラットフォームの設計上、2つ以上の鍵を同時に奪うことは難しいとされており、ハッキング被害による資産漏洩も起こりにくいと言えるでしょう。

    TAOTAOでもセキュリティ対策の一環としてマルチシグを採用しており、不正な出金を未然に防ぐ取り組みをしています。

    2-3 最先端セキュリティ技術の導入

    TAOTAOでは、サイバー攻撃から利用者の資産や自社の資産を守る「WAF(ウェブアプリケーション・ファイアーフォール)」というアプリケーションを実装しています。外部から侵入しようとする通信をフィルタリングしブロックすることで、IPアドレスや個人情報などの流失も防いでいます。

    また、24時間365日セキュリティシステムの監視・運用を行う「マネージドセキュリティサービス for Incapsula」も導入しています。ソフトバンクグループが提供する最先端技術を取り入れるなど、セキュリティ対策にはかなり力を入れていると言えるでしょう。

    3.各種手数料は無料

    仮想通貨取引では入出金、現物取引などで各種手数料が発生する場合があります。しかし、TAOTAOで取引を行う場合、そのようなそれらの手数料は発生しません。

    つまり、手数料を気にすることなく資金の入出金や取引が可能です。

    また、レバレッジ取引においてはマイナス手数料を採用しており、同社が毎日算出している手数料率がマイナスになった場合には、その手数料率が利用者に還元されます(手数料率がプラスになった場合には利用者負担)。

    関連:仮想通貨(ビットコイン)取引はいくらから?

    4.少額で利益を狙うレバレッジ取引

    TAOTAOでは現時点で(2021年4月)、ビットコイン(BTC)、イーサリアム(ETH)、ビットコインキャッシュ(BCH)、XRP(リップル)、LTC(ライトコイン)の5種類の銘柄を取り扱っていますが、これら全ての銘柄においてレバレッジ取引ができます。

    レバレッジ取引とは、元手の資金を担保に数倍の取引が可能です。仮想通貨取引において、レバレッジは最大2倍までかけることができ、少額な資金しか持ち合わせていなかったとしても、元本に対して大きな利益を狙えます。

    また、主要5通貨を取引できることもあり、TAOTAOはレバレッジ取引を希望するユーザー向けの取引所であると言えます。

    関連:【ビットコイン】資産運用のためのレバレッジ取引

    5.利便性が高いアプリ設計

    出典元:TAOTAO

    初心者の方の中には金融資産への投資、投機が初めてであり、取引情報をインターネット上で確認することに抵抗がある方も多いでしょう。しかし、TAOTAOは利便性に優れたPC、スマートフォン用のアプリケーションを用意しています。

  • 現在の損益状況を一目で把握
  • スマートなデザインと日本語サポート
  • わかりやすさを追求した操作画面
  • 投資初心者の方でも扱いやすいデザインになっており、取引におけるストレスもかなり軽減できるでしょう。また、不明点がある場合、24時間対応のカスタマーサポートにて問い合わせることも可能です。

    TAOTAOは、安心して取引できる環境を提供している取引所とも言えるでしょう。

    関連:仮想通貨の経済指標カレンダー、暗号資産取引所TAOTAOのアプリで配信開始

    6.初心者でも安心して取引できるTAOTAO

    本記事では、SBIグループ傘下の仮想通貨取引所であるTAOTAOの特徴について解説しました。TAOTAOは3つの対策により強固なセキュリティを強みとし、初心者でも安心して取引できる環境を提供しています。

    各種手数料が無料なことや主要通貨でレバレッジ取引できることも強みであり、少額の資金で取引を始められるのもおすすめポイントです。また、利便性の高いアプリを利用すれば、ストレスなく取引できます。

    他の取引所と比べても初心者向けのサービスは多く、投資初心者でも参入可能な取引所と言えるでしょう。

    注目・速報 相場分析 動画解説 新着一覧
    02/22 木曜日
    16:00
    スターテイル・ラボ、サムスンとシンガポール大手銀行UOBから資金調達
    日本発のWeb3プロダクト、暗号資産(仮想通貨)ASTRのエコシステムAstar Networkを率いるスターテイル・ラボが、サムスンとUOBからのシード追加ラウンドで5億円を調達。渡辺創太CEOはプロダクト開発を加速の意向示す。
    13:55
    イーサリアム、ビットコインの年初来上昇率を上回る 現物ETF承認への期待感と集中リスクの懸念
    時価総額2位の仮想通貨イーサリアムが、年初来の価格の上昇率でビットコインを上回った。米当局による先月のビットコイン現物ETF承認を受けて、イーサリアム現物ETFが承認される可能性が高いとの楽観的な見方がその一因となっている。
    10:50
    「流動性向上が鍵」Oasys、自民党デジタル社会推進本部と国内のWeb3振興で議論
    ゲーム特化型ブロックチェーンOasysは自民党デジタル社会推進本部Web3PTと、ブロックチェーンゲーム市場の現状と将来性について議論を行った。
    10:20
    Oasys、カカオゲームズの子会社METABORA SGと提携
    ゲーム特化型ブロックチェーンOasysは、韓国カカオゲームズの子会社METABORA SGとの提携を発表。韓国での事業展開を加速させていく意向だ。
    08:15
    エヌビディア好決算で株価大幅上昇 仮想通貨AI銘柄連れ高|22日金融短観
    本日のエヌビディアの好決算を受け、半導体企業AMDやArm、Supermicroの株価も一斉に大幅に上昇。また、仮想通貨分野でRenderやFET、AGIXなども連れ高となっている。
    07:30
    国内初、楽天キャッシュでデジタル証券(ST)の利息受け取り
    国内で初めて、楽天キャッシュで利息を受け取るデジタル証券(ST)が発行される。大和証券や楽天証券ら7社は、公募型ST社債の発行に向けて協業することを発表した。
    06:30
    Wormhole、半導体大手AMDのチップを利用し性能向上へ
    仮想通貨ブリッジWormholeは性能を引き上げるために、半導体大手AMDのアクセラレーターチップを実装。ZKライトクライアントの計算消費を解決する目的だ。
    05:50
    Starknetがコインベースに新規上場、ポリゴンラボとも提携
    Starknet開発のStarkWareはPolygon Labsと提携し、より速く且つ安く取引を行うために設計された「サークルSTARKs」と呼ばれる新しいタイプのゼロ知識の暗号証明を構築する。
    02/21 水曜日
    17:24
    ラテンアメリカの大手通信会社テレフォニカ チェーンリンクと提携
    大手通信会社テレフォニカが、分散型オラクルChainlinkと提携。API連携によりSIMスワップ詐欺に対抗する。開発者の暗号資産(仮想通貨)を保護する追加レイヤーとして機能。企業のWeb3進出の一助に。
    15:02
    決済業界が捉えるブロックチェーンの実利、リップル社調査
    リップル社と米国高速決済協議会が世界的調査を実施。業界リーダーの60%強が、暗号資産(仮想通貨)の使用が決済プロセスにおいて大きな利益をもたらすと評価。金融業界における、ブロックチェーン技術の現状、課題も明らかに。
    12:07
    イーサリアム続伸で約2年ぶり3000ドル台に
    暗号資産(仮想通貨)市場ではイーサリアム(ETH)が続伸し、22年4月以来初めて3000ドル台を回復した。オンチェーンデータ分析では、クジラ(大口投資家)の動向も活性化し始めているようだ。
    12:00
    仮想通貨支持のディートン弁護士、上院議員選出馬へ ウォーレン議員に対抗
    仮想通貨を擁護する米国のディートン弁護士はマサチューセッツ州で上院議員選挙へ出馬した。エリザベス・ウォーレン議員の対抗馬を目指す。
    11:00
    マスターカードがSwooウォレットと提携、仮想通貨による報酬プログラム提供へ
    決済大手マスターカードはモバイルウォレット企業Swooと提携し、ビットコインなど仮想通貨による顧客報酬プログラムを提供すると発表した。
    10:24
    ゴールドマン・サックス、日本株を代表する『七人の侍』を選定
    日経平均株価が34年ぶりにバブル後の最高値をつける中、大手投資銀行ゴールドマンサックスは日本市場を代表する「七人の侍」を選定した。では、どの銘柄が採用されたか。
    08:30
    明日決算発表を前にエヌビディア大幅安、仮想通貨関連株も下落
    米ナスダックはエヌビディアやAMDなどIT・ハイテク株の売り先行で下落。多くのアナリストはエヌビディアの決算のハードルは非常に高く引き上げられていると指摘した。一方、イーサリアムは約2年ぶりに3千ドル台を回復した。

    通貨データ

    グローバル情報
    一覧
    プロジェクト
    アナウンス
    上場/ペア
    イベント情報
    一覧
    2024/02/29 12:00 ~ 19:00
    その他 オンライン
    2024/03/01 19:00 ~ 21:30
    東京 東京都千代田区
    重要指標
    一覧
    新着指標
    一覧